9/24 3:00 ASAS

  • 2017年9月24日
  • 2018年10月8日
  • 2017-01
毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/


9/24 3:00 ASAS
昨日通過した南岸低気圧は東の海上へ移動し移動性の高気圧に覆われてきた。今日は秋晴れの一日。低気圧からの南から東ベースのうねりが入り今日は各地でサーフィン日和。
南ベースのうねりは弱まってきており東ベースにシフトしてきている。反応するポイントがシフトしてきているのと、潮の時間と風の影響をよく見れば今日はいい波に出会えそう。ただし千葉や茨城から東北まではハードなコンディションになっているポイントもあるので、自分の技量にあったポイント選びが必要。
今朝の千葉エリアは弱い北から北西の風。九十九里から一宮周辺まではハードなコンディションが多く、片貝漁港や新堤では肩頭サイズでサーフィン可能。すでに人が集中している模様。飯岡までいくとサイズは抑えられるが今朝は南うねりは弱まりサイズダウン傾向だが腰腹くらいある。御宿は今朝は大混雑の腰腹から胸くらいのファンウェイブ。岩和田では面もクリーンでかなり賑わっている。部原は胸肩サイズで今朝は良さそう。
昨日からマルキがいい感じになっていて肩頭サイズのいい波。シーサイドもサイズアップしていてこちらも十分楽しめるコンディション。
湘南はサイズダウン傾向だが、湯河原の吉浜では腰腹から胸サイズがブレイクしていて今朝も楽しめるコンディション。朝からこちらも混雑している模様。鵠沼でもたまに腰腹サイズあるようだがこれからサイズダウンしてくるので早めが無難。
茨城の鹿嶋周辺はハードなコンディション。大貫では胸肩サイズでこちらはサーフィン可能。大洗や河原子は肩頭サイズありややハード。仙台新港はオーバーヘッドのいい波がきているが、ゲットはかなりしんどく上級者でないと多分でれない。
無理のないポイント選びで秋晴れの気持ちいいサーフィンを楽しみたい。
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell #秋晴れ

週末サーファーがいい波に乗るために 週末サーファーがサーフィンできる時間は非常に限られていますが、その限られた時間の中で ”いい波” をあてるために知っておきたい気象や海に関する知識と経験則についての […]

週末サーファーがいい波に乗るために 週末サーファーがサーフィンできる時間は非常に限られていますが、その限られた時間の中で ”いい波” をあてるために知っておきたい気象や海に関する知識と経験則についての […]

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!