10/21 3:00 ASAS

  • 2017年10月21日
  • 2018年10月8日
  • 2017-01

10/21 3:00 ASAS
台風21号は南大東島の南を北北東に8ktでゆっくり北上中。中心気圧は925hpaまで深めておりASAS上でもほぼ円形の整った形をしている。強風域が非常に大きく半径800km以上あることから台風の大きさの分類としては超大型の台風となる。衛生画像をみても台風の眼がくっきりした非常に整った状態を維持していて、この勢力のレベルの台風が日本へ接近から上陸するのは久しぶりであり、過去の歴史に名を残した台風のレベルに近い。
関東目線で言えば明日までは大雨に警戒、月曜日は朝から暴風雨に厳重な警戒が必要であり、明日のうちに台風に備えたほうが良さそう。
今朝の千葉エリアは朝一は弱い北の風。ここ1週間続いている東ベースのうねりがメインでまだ台風からのうねりは反応はこれから。台風来る前から十分なサイズがあり、既に多くのポイントでハードなコンディション。片貝から一宮周辺までは頭から頭半サイズ、飯岡と御宿から部原ではうねりは抑えられて腰腹から胸肩で今朝は十分なコンディション。今朝は出来るポイントが限られているため、朝一からかなり混雑している模様。千葉南も頭サイズありこれからさらにサイズアップするのでクローズアウトになりそう。マルキは肩頭サイズで比較的コンディションは良いほうか。平砂浦でも胸肩サイズまで上がってきた。
湘南は朝一はまだ台風からのうねりの反応はイマイチだったが、この時間は少し反応してきた感じに。鵠沼では腰胸サイズのしっかりとしたうねりが入ってきた。西湘エリアでは南東うねりの反応がよく大磯では胸肩サイズ。鎌倉は腰腹サイズだがもうすぐ一気にサイズアップしてくるはず。
御前崎、舞阪、伊良湖はすでにオーバーヘッド、伊勢の南張、ジャンも頭サイズ、磯ノ浦は朝一はまだ膝腿だったが7時すぎから一気に肩頭までサイズアップ、宮崎では既にクローズアウト。仙台新港では高気圧吹き出しによるうねりによる頭半サイズでJPSAの大会開催中。
千葉から湘南ではこれから更にサイズアップしてきて風も強くなってくる、カレントも強くなり危険なコンディションになってくるため、自分の技量と海と気象の状況をよく見て無理ないようにお願いします。
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell #海 #ocean #台風21号

あわせて読みたい

このサイトでは週末サーファーが海にいる限られた時間の中で、いかにいい波に乗るかということをテーマに、気象の観点からいい波をあてるための記事を多く書いています。そんなこのブログのターゲットである多くの週末サーファーは、海から1時間以上[…]

サーファーは普通の人よりも多く自然に触れていることから、季節の移り変わりについても敏感に感じ取っているほうではないでしょうか。 平日は会社と家の往復でという生活をしていると、会社の通勤時間に外を歩いていてもなかなか季節を感じることや気付くことが減っていってしまう気がします。一概にすべての人がそうでは […]

目次 1 関東地方に向けてまっしぐら、沿岸すれすれを北上し三陸沖へ2 台風13号からのうねりの推移2.1 8/52.2 8/62.3 8/72.4 8/82.5 8/92.6 8/103 台風13号からのうねりの反応まとめ3.1 台風通過前3.2 台風通過後4 台風通過後に湘南では水温が顕著に低下 […]

【Kindle版:\250】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!