11/5 3:00 ASAS

  • 2017年11月5日
  • 2018年10月8日
  • 2017-01

11/5 3:00 ASAS
昨日午後からの冬型の気圧配置は西日本から緩んできているが、北日本ではまだ等圧線が混んだ状態が続いており北日本の日本海側では時雨ている。太平洋側のうねりは弱い状態となり、はるか東の海上にある高気圧からの縁辺流によるうねりがメインで全国的にスモールサイズ。日本海側は冬型によりサイズアップしており、西から落ち着いてきているがまだハードなポイントも多い。
今朝の千葉エリアは弱い北から北西の風。九十九里エリアでは腰腹サイズで昨日よりも少しサイズ下がったが今朝も朝一からサーフィン可能。片貝新堤や作田ではたまに肩の張る波もあるようで混雑しているが楽しめていそう。一宮周辺では腰腹から胸くらい、昨日強く吹いた北風によりまだヨレがある状態ながらも朝一からできている。昨日はジャージフルでちょうどよい水温だった。
千葉南は北から北東の弱い風。サイズは腿腰から腹くらいで千葉北よりも少しサイズは小さいがサーフィンは可能。
湘南はスモールコンディション、鵠沼で膝腿くらいだが三連休で賑わっている模様。吉浜も膝腿くらいで物足りないコンディション。
今朝は腰腹サイズ以上あるのは千葉と茨城から東北までと宮崎くらいで、伊豆から西日本にかけては概ね膝腿サイズのスモールコンディション。日本海側は福岡では落ち着いてきて腰胸サイズでポイント選べばサーフィン可能。山陰エリアはまだハードなポイント多い。福井の若狭湾では鳥居浜や高浜では落ち着いてきている。難波江は昨日から出来ていたのではないか。三国周辺はまだまだハード、水晶浜などポイント選べばいい波当てられそうな日なので、ウネリの向きと風とタイミングを合わせたいところ。
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell #海 #ocean

あわせて読みたい

このサイトでは週末サーファーが海にいる限られた時間の中で、いかにいい波に乗るかということをテーマに、気象の観点からいい波をあてるための記事を多く書いています。そんなこのブログのターゲットである多くの週末サーファーは、海から1時間以上[…]

目次 1 週末サーファーというスタイル2 週末サーファーがいい波に乗るために2.1 安全に楽しくサーフィンしたい2.2 本ブログでの週末サーファーのイメージ サーフィン関連商品ならQUIKSILVER(クイックシルバー)公式通販サイト 週末サーファーというスタイル 週末サーファーは海にいる時間が限ら […]

目次 1 台風を良く知るための連載(2回目)2 台風の発生するエリア2.1 ①風が収束して大量の雲が発生2.2 ②海水温が26~27度以上2.3 ③渦を巻く力が働きだす3 台風のエネルギー源と発達3.1 上昇気流が大量の水蒸気を吸い込む3.2 発達の過程でも重要なのは海水温4 季節ごとの台風のコース […]

【Kindle版:\250】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!