4/8 3:00 ASAS

  • 2017年4月8日
  • 2018年12月30日
  • 2017-01

4/8 3:00 ASAS https://t.co/lHt6PwOLOg
東シナ海には低気圧がありそこからのびる前後が関東付近までさしかかる
千葉エリアでは昨日に引き続き南から南西の風が朝から強めに吹いているポイントが多くなっているが、湘南では朝一は風が弱めで北寄りの風になっているポイントもある
この前線の位置次第で風がポイントにより変わってくるため、このような気圧配置になるとなかなか現象の予想がしにくい
千葉北では南西の風が既に強め、一宮周辺では腰腹サイズで風をかわしポイントにより楽しめるコンディションになっているが、その他ポイントではオンがきつく厳しくなってきている
千葉南も千倉はオフでかわすため腰腹サイズでセットは楽しめるコンディション、その他南がオンになるポイントはよくないコンディション
湘南は朝一は風が弱く昨日までの南寄りの強風により腰腹サイズまでアップしており、楽しめるコンディションになっている、これからまた風強まりそうなので早めが無難
南よりの風波となると、太平洋側も楽しめるポイントが多くなってきて、今朝は磯ノ浦でも腰胸サイズで楽しめている模様、四国の内妻や伊勢の南張でも腰腹サイズでできている、九州も今朝は腰腹サイズでなかなかコンディションよさそうだ
#surf #surfer #surfing #wave #beautiful #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン

波をつくるための風

目次 1 サーファーにとっての風とは2 ”風”はどこで吹くのか3 波をつくるための風とは3.1 どこで風が強く吹くのか3.2 どこで長い距離・長い時間 風は吹くのか パイプマスターズ歴代チャンピオンがプリントの50周年記念Tシャツがかっこいい! サーファーにとっての風とは こちらのブログでは毎日の気 […]

潮の満ち干き

目次 1 潮の満ち干きはそもそもどうして起こるのか??2 潮汐とは何か?2.1 海面が周期的に変化する現象2.2 起潮力が潮汐を引き起こす3 月を見て潮まわりを知る3.1 太陽にも起潮力がある3.2 大潮と小潮3.3 夏と冬でも潮の引き方が異なる4 潮回りを知っていい波にのる4.1 潮位のデータ(潮 […]

【新刊のご紹介】
サーファーが知っておきたい台風の知識

台風スウェルをあてるための台風の知識と経験則、
台風による災害への備えについて
サーファー目線でまとめました

週末サーファーのための波乗り気象学(前編/中編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。Kindle本の紹介画像
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!