11/15 3:00 ASAS

  • 2017年11月15日
  • 2018年10月8日
  • 2017-01

11/15 3:00 ASAS
日本付近は東西にある高気圧の谷間にあり低圧場、低気圧が複数解析されており等圧線が混み合ってきていてこれから冬型の気圧配置へと移行していく。今週は今夜からの寒波に続いて週末には更に強い寒気がおりてきて冬型が強まり、土曜日後半を中心に荒れた天候となりそう。一気に寒くなりまだ体が寒さに慣れてないため防寒はしっかりしておいたほうがよさそう。
今朝の千葉エリアは弱い北からの西ベースの風。南よりのうねりの反応の残りと東の海上にある高気圧からの吹き出しによる反応があり、今朝は多くのポイントでファンサーフができている。九十九里エリアでは胸肩サイズで風も弱く楽しめるコンディションに。一宮周辺は昨日からいい感じで今朝も腹胸サイズありブレイクも良さそう。千葉南も鴨川から千倉までどのポイントも胸肩サイズあり、昨日よりもまとまりクリーンなフェイスで十分楽しめるコンディション。
湘南も鵠沼から辻堂では腰腹サイズが残りショートでもサーフィンは可能。南東うねりにシフトしてきたのか大磯から吉浜は少しサイズがある感じで胸くらい。
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell #海 #ocean

あわせて読みたい

このサイトでは週末サーファーが海にいる限られた時間の中で、いかにいい波に乗るかということをテーマに、気象の観点からいい波をあてるための記事を多く書いています。そんなこのブログのターゲットである多くの週末サーファーは、海から1時間以上[…]

前回までの記事では、いい波に乗るために台風のことを知っておくというシリーズとして2つの記事を投稿しました。 1回目はそもそもの台風の定義のところから、台風の強さや大きさのカテゴリについて記載しています 2回目は台風がどこで発生してどんなコースをたどるのかをメインとして、台風の発達のメカニズムまでの内 […]

目次 1 ポイント毎に異なるうねりの反応1.1 日本海のサーフポイント2 日本海でいい波をあてるには2.1 強いオンショアによるサイズアップ2.2 冬型の気圧配置が緩んだ時がねらい目2.2.1 以下は2019年元旦午前3時の地上天気図です。3 気圧配置のチェックとポイント選びが重要3.1 天気図を見 […]

【Kindle版:\250】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!