11/14 3:00 ASAS

  • 2017年11月14日
  • 2018年10月8日
  • 2017-01

11/14 3:00 ASAS
移動性の高気圧は中心を東の海上に移し、日本付近は高気圧後面から気圧の谷へ。
日本海の北部には低気圧があり東進中。この低気圧に向けて南よりの風が強く吹いたがこの時間は風は落ち着いてきた模様。
これから寒冷前線が北日本から東日本を通過し風は北からの西ベースにシフトしてくる見込み。
今朝の千葉エリアは北部で南の風が一部強いものの全体的には北から西ベースになって弱くなってきている。夜中に強く吹いた南の風により面は荒れた状況だがサイズは上がってきている。九十九里エリアでは腹胸から肩サイズでまとまりがないので午後のほうが良くなるかもしれない。一宮周辺は風をかわして面は整ってきていて腰腹から胸サイズで比較的コンディションは良さそう。
千葉南もサイズアップして胸肩サイズあるがまだまとまらないのでこちらも午後のほうが良くなりそう。
湘南も今朝はサイズ上がって腰腹から胸サイズまでありサーフィン可能。千葉の外房よりも湘南のほうが面がまとまるのが早く、面はクリーンになってきている。
日本海側はやはり昨日はポイントによってはかなり良い波になっていた模様。昨日の @kaorimayaguchi さんの投稿は鳥取?凄い波でした。福井の高浜周辺もいい波だったらしい。今朝はサイズダウンかな。
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell #海 #ocean

あわせて読みたい

このサイトでは週末サーファーが海にいる限られた時間の中で、いかにいい波に乗るかということをテーマに、気象の観点からいい波をあてるための記事を多く書いています。そんなこのブログのターゲットである多くの週末サーファーは、海から1時間以上[…]

目次 1 刻々と変化する波のコンディション2 気圧配置のパターンで風と波を読む3 代表的な気圧配置のパターン3.1 西高東低の冬型の気圧配置3.2 アリューシャン低気圧からの北東うねり3.3 南岸低気圧3.4 春一番3.5 高気圧からの吹き出し3.6 梅雨前線3.7 夏の太平洋高気圧3.8 台風3. […]

気圧配置と天気図パターンによる波のコンディション 久しぶりにこのカテゴリの記事を書いていきます。 前回のこのカテゴリでは、「高気圧からの吹き出し」による波のコンディションについて記載しました。 季節毎の特徴的な気圧配置のときにどのような風と波のコンディションになっていくのかを、 今後はもう少しコンス […]

【Kindle版:\250】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!