毎朝の気圧配置と波情報/波予想記事を毎日更新 ~ 読み続けると「週末の波」が見えてくる ~

いい波に乗るために~週末サーファーというスタイル

いろんなタイプの週末サーファー

夜明け前のビーチ
平砂浦@千葉南エリア

このブログでは週末サーファーの方々に主に読んで頂くことを想定して開設し記事を書き始めました。

サーファーといってもいろんなタイプのサーファーがいるかと思います。海の近くに住んでいる人の場合、平日の朝の仕事が始まる前に海に入る方もいれば、仕事が早く終わって夕方に1R入る方もいると思いますし、お昼の時間に海に入るという方もいると思います。

そんな海の近くに住んでいるサーファーもいれば、平日は都内の会社で働いて週末だけ海に通うサーファーも多くいます。

そんな週末サーファーは海の近くに住むサーファーと何が違うのかというと、これは言うまでもないですけど、海にいる時間が限られているということです。

そしてサーファーというカテゴリの中の1つである「週末サーファー」と言ってもいろんなタイプの週末サーファーがいます。

土日はずっと海の近くに車を停めて車中泊しながら波のいいタイミングで海に入るという週末は海にどっぷりな週末サーファーもいれば、休みが日曜だけだから日曜だけは海に一日中いるという人、あとはボクみたいに週末のどちらかの曜日の朝一だけ海に行くという週末サーファーもたくさんいると思います。

週末サーファーということは・・・、

海から離れた地域に家があって、平日は満員電車に乗りながら都内の職場へと通勤するという方が多いはず。

休みの日に海に行くことをとっても楽しみにしていて、金曜日は飲み会を断り早く帰宅して23時前には床につき、夏至の頃には深夜2時には目覚ましをセットして起床、風呂場でポリタンクにお湯を入れながら急いで支度し、嫁さんや子供を起こさないようにこっそり家を出発

そして真夜中に車を走らせて日の出の時間に間に合うように海に向かう・・・という週末サーファーも多いのではないかと思います(ボクがそんな感じですから)。

週末サーファーそれぞれいろんな事情や予定があり、海への関わり方や海にいる時間は様々だと思いますが、
サーファーである以上、 “いい波に乗りたい” という想いは全ての週末サーファーに共通していることかと思います

週末サーファーがいい波に乗るために

日の出のビーチ

そんな週末サーファーが限られた時間の中でいい波に乗るためには・・・

気象や海に関する知識を知っているかいないかで、楽しみ方やいい波に乗れるチャンスもだいぶ違ってくと思います。

サーフィンは上達するのが難しいと言われているスポーツです。

じ波は二度と来ないし、行くたびにコンディションは異なるし、また時間帯によっても刻々と海の中は変化していて、、、
反復練習ができないというところが、難しさの一番の要因ではないかと思います。

ですがその難しさと奥の深さゆえに、サーフィンにハマってしまう人が多くいます

ボクもその1人なんですけど、、、そんな深くハマってしまう人が多いサーフィンの魅力とともに、

週末サーファーがいい波にのるための気象・海に関する知識やノウハウ経験則このブログの中でいろいろとお伝えできればと思っています。

学生の頃からサーフィンをはじめて、もう25年が経ちました。

もっと多くのキャリアを重ねている方もたくさんいらっしゃいますけど、ボクもそれなりにいろんなポイントでいろんな波を経験してきたのと、サーフィンを続けてきて天気図ばっかり見ていたら気象に興味を持ち、いっそのこと勉強してしまおうと思って気象予報士にもなりました。

そんな経験と気象に関する知識も併せて、週末サーファーに有益となる情報を発信していこうと思います。

安全に楽しくサーフィンしたい

また、海という自然をフィールドにしたスポーツであるがゆえ、サーファーは自然への理解や海での安全に対する知識も持っておくべきものと考えています。

特にサーフィン初心者の方は、何も海のことを知らないままサーフィンを始めることで危険な目に遭うケースが多くあります。

初心者の方も含めてサーファーが安全に楽しくサーフィンができるよう、毎日の気圧配置と波情報とともにその日のコンディションで注意したほうがよいことや、初心者の方へのおススメ情報なども合わせて記事にしていきます。

実際は海を見て体で覚えないといけないことが多いですけど、でも例えば事前に、明日は午後から大気の状態が不安定になって雷が鳴りそうだという情報を知っていれば、午後に海に入ることは危険な場合があるということもわかるでしょうし、夕方からサイズアップしてきそうだという情報が頭の中にあれば技量にあわせて夕方は波の小さなポイントへ移動しておこうなどという行動へ結びつくかもしれません。

そしてそんな行動が危険を回避してくれるかもしれないです。

またサーフィンのルールや対人とのトラブルの事例なども事前に知っているのといないのとで、安全にサーフィンできるかどうかにも関わってきます。そんなサーフィン全般的なところも踏まえて、安全にサーフィンするための情報も記事に含めていきます。

楽しむためにはまず安全でなければなりませんから、特に初心者の方は海に行く前にそんな知識はぜひ知っておいてもらいたいところです。

本ブログでの週末サーファーのイメージ

サーフィンの波のコンディションは、サーファーの技量によって捉え方が異なります

一見かなりサイズも大きくてワイドなブレイクでクローズアウト気味なコンディションだとしても、上級者やプロレベルのサーファーならそれがいい波というと思いますし、

”胸肩くらいのサイズで少しアウトに出るのは大変だけど乗れればかなりいい波”と中級サーファーは言うと思いますが、初心者のサーファーにとっては沖に出ることが出来ず、決して「いい波」とは言えないと思います。

ですので、

このブログで想定しているのは、以下のような週末サーファーをイメージして記載していってます。

  • 海の中にいるのは土日どちらかの日の数時間
  • サーフィンの技量はショートのNSA 3級レベル
  • 腹胸からセット肩くらいが好き
  • 面がなるべくクリーンなポイントで入りたい
  • 混んでるポイントやピークはなるべく避けたい
  • いい波で混雑しているポイントより多少波はイマイチでも空いているポイントで入りたい
  • 家から海まで片道だいたい2時間くらい
  • 毎週海に行くから高速代とガス代がバカにならない

ただ、繰り返しになりますが、その日の波や気象の状況で気を付けるべき点についても、記事の中で記載していきますので、サーフィン初心者の方にも海に行く当日もしくは前日には、内容チェックして参考にしてもらうと良いかと思います。

こちらのブログで書きたい内容がたくさんありますが、一度にたくさん書けないのでコツコツと少しずつ更新していきます。

毎日の気圧配置と波情報は毎日更新していきます。波の予想にはその前の気圧配置の推移を知っていることが必要ですので、週末だけ見るよりも毎日こちらで天気図と記事本文を読んでもらえると、週末の波がだんだん見えるようになってくると思います。

よろしければ、SNSなどでもシェアしてもらえるとモチベーションアップし継続の原動力になりますので、よろしくお願いいたします!


こちらの記事も合わせてお読みください

地形と波のブレイク

波はどうして崩れるのか?前々回のこちらの記事にて波の発生から終わりまでについて記載しました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfsas24.com/20181029/wave-509[…]

海底の地形と波アイキャッチ
波の要素と種類

前回こちらの記事にて波をつくるための風について記載しました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfsas24.com/20181003/wave-4905/]今回からは風によって作[…]

【新刊のご紹介】
サーファーが知っておきたい台風の知識

台風スウェルをあてるための台風の知識と経験則、
台風による災害への備えについて
サーファー目線でまとめました

週末サーファーのための波乗り気象学(前編/中編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。Kindle本の紹介画像
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

週末サーファーのイメージ
最新情報をチェックしよう!