いい波に乗るために~波のあるエリアにいく

どのエリアに波があるのか?

サーフィンは波に乗るのが目的なので、これは当然のことですが、、、

まず波がないとサーフィンできないので、波があるところに行く必要があります。

海には来たけど波がなくてサーフィンできないということは、この波情報が発達している時代にはないと思いますが、波情報がなくてもどのエリアに行けば波があるというところはおさえておきたいところです。

関東エリアならどこかしらに行けば波がある

東京近郊に住んでいれば、とりあえず千葉か茨城にいけばサーフィンが出来ない日はほとんどなくて(たまにありますけど)、どこかしらのポイントまで移動すればサーフィンすることができます(膝以上の波がある前提で記載しています)。

湘南は相模湾という内海に位置することから、千葉に比べると波がない日が多くサーフィンできない日があります。

たとえ湘南に行って波がなかったとしても、そこから千葉方面に行くことも可能な距離です。久里浜からフェリーで金谷に行くか、もしくは川崎まで戻り浮島からアクアラインで木更津まで行けば日帰りでも十分な距離です。



関西エリアは海が遠い

大阪近郊に住んでいると、東京にいるよりも、より波があるところに敏感になっている必要があります。

大阪市内からだと一番近いのは和歌山の磯ノ浦ですが、ここは紀伊水道奥に位置するポイントで波があがる条件を知ってないと行ってもフラットでサーフィンできないなんてことがあります。

伊勢に行けば東向きと南向きのポイントがあるので、磯ノ浦よりかは波がある日は多いですが、冬はほとんど波がないです。

日本海も普段は波がない日が多く、波があがる条件を知ってないと、行ってもサーフィンできない日がほとんどです。

四国や伊良湖までも行けなくはない距離だけど、時間とお金がかかり毎週末に通うのはちょっとしんどい距離。

大阪はちょうどどの海からも遠いところにあり、磯ノ浦に行って波がなかったから伊勢に行こうなんてことは、なかなか厳しいです。

どのエリアに波があるのか

上記は関西エリアの波に関して例を記載しましたが、これはどこにいても同じことで、季節により波があるエリアが大きく異なることや、日々の天気図を見てだいたいどのエリアに行けば波があるのかを予め知っておく必要があります。

サーフィンを長年やっていると、この辺はもう肌感覚的にわかってくる人も多いですが、ここは基本的なところなのでよく理解しておく必要があると思います。

では、ざっくりどんな時にどのエリアに波があるのか。

これはエリア毎に異なりますが、関東エリアと関西エリアのケースで、次回以降この辺を記載していこうと思います。

Twitter/Instagramにてコンディションや気象情報を更新しています

Twitter:https://twitter.com/asasfsas24
Instagram:https://www.instagram.com/asasfsas24/

使用する天気図および衛星画像について

本ブログに掲載する天気図はすべて気象庁ホームページより引用しています。

出典:気象庁ホームページ https://www.jma.go.jp/jp/g3/

詳細はサイト説明に記載しています