気圧配置と天気図パターンによる波の特徴について

週末サーファーがいい波に乗るために

週末サーファーがサーフィンできる時間は非常に限られていますが、その限られた時間の中で ”いい波” をあてるために知っておきたい気象や海に関する知識と経験則についての記事です。

・風の向き・強さ・持続時間によるうねりの向きと強さ

・太陽と月と地球の位置関係から変化する潮まわりと毎日の干潮・満潮の時間による潮の動き

・ポイント毎の向きと地形・周辺ロケーションの環境などによる波のコンディション

その他、台風の記録や安全にサーフィンを楽しむための情報を記事にしています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/


刻々と変化する波のコンディション

波のコンディションは気圧配置による風向きやうねりの向き、また潮回りや海岸の地形などのいろいろな要素によって常に変化するということは、過去の記事や毎日の天気図と波情報をよんでもられば理解していただけるかと思います。

いい波にのるために
https://asasfsas24.com/category/surfmeteorology/goodwave/

気圧配置と波情報
https://asasfsas24.com/category/weatherwave/

中でも、

  • 風向と風速
  • うねりの向きと大きさ

がその日のコンディションを大きく左右し、その風やうねりは主に地上の気圧配置によって概ね決まってきます。

気圧配置のパターンで波を読む

気圧配置は、一つとして同じになることはありません。

その日、その時間で刻々と状況は変化していき、その気圧配置の変化により風向きが変わったり気温が上がったり下がったりなど、いろいろな変化をもたらします。

そんな刻々と変化する気圧配置ですが、
大まかな「パターン」は存在することはよく知られていると思います。

例えば、、、

  • 春:春一番が吹くときの日本海を低気圧が発達していく気圧配置
  • 梅雨:日本列島に長い梅雨前線が停滞している気圧配置
  • 夏:太平洋高気圧にすっぽり覆われる気圧配置
  • 秋:台風が接近してくるときの気圧配置
  • 冬:西高東低の冬型の気圧配置

など

上記に記載した気圧配置は、世間一般によく知られている代表的な気圧配置です。

気象に興味のある方ならこれら以外にも知っているはずで、

  • 南高北低
  • ブロッキング高気圧
  • 鯨の尾型
  • 二つ玉低気圧
  • 秋雨前線
  • 南岸低気圧

などなど

気圧配置とひとことで言っても、ざっと考えただけでもこれくらいのパターンがあります。

もちろん、まったく同じという気圧配置はないのですが、おおよそのパターンとして少なくともこれだけありますということです。

つまり、

これらパターンのときに

  • 大体どんな風が吹き
  • どの方向からのうねりが届くか
  • その時の波のコンディションはどんな感じになるのか

これらを知っておけば、同じパターンの気圧配置になったときに波の予想がつきやすくなります。

もちろん、各地域ごとエリアごとポイントごとに、そのロケーションや海岸の向き、海底の地形の状況が異なるため、一概には表現できない部分が多くあります。

ただ、

この気圧配置パターンのときは、こんな波になることが多い

っというざっくりなレベルででも知っておくと、いい波を当てる確率も高くなるはずです。

ということで、

これから気圧配置パターン毎の代表的な波のコンディション特徴などを記載していこうと思います。

代表的な気圧配置のパターン

前置きが長くなりましたが、今回の記事ではまず気圧配置のパターンについて全体像をお見せするとともに、簡単な特徴だけ記載したものをまとめてみようと思います。

※次回の記事以降で、これら気圧配置パターンと風と波について1つ1つもう少し詳しく記載していきます。

西高東低の冬型の気圧配置

2018年12月28日 午前9時 ASAS

シベリアの高気圧から北西の季節風が強く吹き、日本海には寒気を伴った筋状の雲がびっしり敷き詰められる気圧配置。

日本海側は強い北風のオンショアによりジャンクにサイズアップ、太平洋側は北西から西の風でうねり抑えられスモールサイズになりますが、湘南や平砂浦は西うねりが反応していい波になるタイミングがあります。

アリューシャン低気圧からの北東うねり

2019年1月26日 午前3時 ASAS

冬場に日本の南岸を通過した低気圧がアリューシャン付近で台風並みに猛烈に発達。

低気圧の形と日本との間の等圧線の数により北東うねりが反応する場合としない場合がある。一旦反応すると千葉以北ではサイズある波が数日続く。

南岸低気圧

2019年4月11日 午前3時 ASAS

本州の南を通過する低気圧。低気圧の通過するコースや発達度合いによって波の反応も異なる。

低気圧の南側の前線で囲まれた暖域のエリアで南から南西の風がかなり強く吹き、この南うねりが低気圧通過後に遅れて反応するパターンが多い。

春一番

2018年3月1日 午前3時 ASAS

日本海を低気圧が急速に発達しながら東進するパターン。本州は低気圧の南に位置するため、低気圧に向けて南よりの風が強く吹き込む。

2月4日の立春から春分の日までの間に10分間平均風速が8m/s以上の南よりの風(東南東から西南西)が観測されたときに「春一番」として発表される。

低気圧通過後は冬型の気圧配置が強まり寒の戻りとなるパターンが多い。

強い南の風で太平洋側はジャンクアップ、翌日にはオフショアに変わって、波が整うタイミングがある。

高気圧からの吹き出し

2018年11月5日 午前3時 ASAS

天気図を見ていると低気圧や台風に目が行きがちだが、高気圧から吹き出す縁辺流によるうねりがどこに反応するのかがとても重要。

高気圧の位置とそれを取り巻く等圧線の位置により、うねりの反応するエリアも変わってくる。

梅雨前線

2017年6月24日 午前9時 ASAS

性質の異なる空気がぶつかり合うエリアにできる前線の中でも特に長期的に停滞するのが梅雨前線。この前線が発生しやすい期間となる約1ヶ月半ほどが梅雨の時期。

南海上にある台風と沿岸部の間に梅雨前線があるときは、うねりが入りにくくなる、いわゆる”前線ブロック” など前線の位置がとても重要。

夏の太平洋高気圧

2018年7月16日 午前3時 ASAS

梅雨が明けると東海上に中心を持つ太平洋高気圧が日本付近まで張り出してくる。夏の暑さはこの高気圧の張り出しが強いかどうかにもよるところが大きい。

特に盛夏の頃には”鯨の尾型” と呼ばれる猛暑となる気圧配置のパターンがある。

台風

2018年9月28日 午前3時 ASAS

日本のサーファーが最も興味のある気象現象は間違いなく台風でしょう。

台風の発生場所から通るコース、発達度合いや進行スピード、周辺の気圧配置などにより、うねりが反応するエリアやタイミングが異なる。

サーファーは台風が発生するとワクワクドキドキ、台風の動きに合わせてサーファーも動く。

秋雨前線

2018年9月1日 午前3時 ASAS

梅雨前線は夏に向けての冷たい空気と暖かい空気のせめぎ合い、秋雨前線は冬に向けての同様のせめぎ合い。

台風のシーズンとも重なり、台風+秋雨前線により大雨の甚大な被害に繋がるケースも少なくない。

台風からのうねりをブロックすることも多く、秋は台風とともにこの前線の位置が重要になってくる。


次回以降はこれら気圧配置パターン毎の想定される波やコンディションについて、ひとつひとつもう少し詳しく解説していこうと思います。

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!