いい波に乗るために~潮の満ち引きの仕組みを知っておく

週末サーファーがいい波に乗るために

週末サーファーがサーフィンできる時間は非常に限られていますが、その限られた時間の中で ”いい波” をあてるために知っておきたい気象や海に関する知識と経験則についての記事です。

・風の向き・強さ・持続時間によるうねりの向きと強さ

・太陽と月と地球の位置関係から変化する潮まわりと毎日の干潮・満潮の時間による潮の動き

・ポイント毎の向きと地形・周辺ロケーションの環境などによる波のコンディション

その他、台風の記録や安全にサーフィンを楽しむための情報を記事にしています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/


潮の満ち引きはそもそもどうして起こるのか??

週末サーファーがいい波に乗るために。
前回の以下記事では、サーフィンをするときには潮の状況をよく知っておく必要があるいう内容を記載しました。

関連記事

なぜ潮まわりを知っておく必要があるのか週末サーファーがいい波に乗るために。いままでの記事では、主に風と波に関する内容を記載してきました。ですが、いい波に乗るためには気象のことだけでなく、潮汐に関して把握しておかなけれ[…]

今回はそもそも潮の満ち引きはどうして起こるのかについてを記載していこうと思います。

パタゴニア

既にいろいろなサイトにて潮汐のメカニズムについて詳しく記載されているので、ここではあまり深掘りせずにサーファーならこれくらい知っておけばいいかなくらいの内容にしたいと思います

潮汐とは何か?

海面が周期的に変化する現象

引用:気象庁HP http://www.data.jma.go.jp/gmd/kaiyou/db/tide/suisan/suisan.php

海洋の水位は1日に2回ずつ水位があがったり下がったりします
これはサーファーでなくても普通に知られていることだと思ってますが、まずこの潮汐について少し記載していこうと思います。

まず、先ほど記載したように海の推移は1日に2回あがったりさがったりしているのですが、
この海面の高さ(水位)が周期的に変化する現象を潮汐といいます。

そして、海水面が高くなったときを満潮、逆に低くなったときを干潮といいます。

起潮力が潮汐を引き起こす

ではなんでこんな1日に2回も海面が高くなったり低くなったりするのでしょうか。

潮汐を引き起こす力は「起潮力」と言います。

この起潮力は地球と月の関係で起こる力であり、潮の満ち引きは月によって引き起こされます

以下、気象庁のHPに起潮力についてのイラストがありますので、そこから引用して掲載します。

引用:気象庁HP http://www.data.jma.go.jp/gmd/kaiyou/db/tide/knowledge/tide/choseki.html

上のイラストにあるように、月が真上にある地域では月の引力により海面が月に引き寄せられます。一方、月とは反対側の地球の裏側の地域では、地球の自転による遠心力で海面には外向きの力が働きます。

こんな2つの力が働くことによって、地球上の海面はちょうどラグビーボールのような形になって、海面が高い地域と海面が低い地域の2つができることになります。

そしてこの海面が高い2つの地域(月が真上にある地域&遠心力がかかる裏側の地域)では「満潮」となり、逆に海面が低くなる2つの地域では「干潮」となります。

冒頭に満潮と干潮は1日に2回ずつあると記載しましたが、その仕組みは下段のイラスト見てもらえればわかると思います。

地球自身が1日1回自転しているので、ある地点に立っている人は地球が1週回る間に満潮と干潮のエリアを2回通ることになります。

たとえばですが、
千葉の九十九里の海水は、地球の自転により千葉県が月の真下に近づいてくるにつれて海水がおおくなっていきます(満潮)。
その後、月の真下から離れていくにつれて海水が少なくなっていきます(干潮)。

更に千葉県が月とは反対の地球の裏側に来たときには、今度は遠心力によって海水が多くなっていき(満潮)、更に自転が進むとまた海水が少なくなる(干潮)というサイクルを延々と繰り返しているのです。

月を見て潮まわりを知る

太陽にも起潮力がある

月の引力によって潮汐を引き起こす起潮力が発生することについては記載しましたが、地球にとってもう一つの偉大な存在である太陽にも起潮力が存在します。

ただ太陽は月よりもだいぶ離れたところにあるため、太陽の起潮力は月の起潮力の1/2となります。

この 地球、月、太陽の3つの星の位置関係が、
我々サーファーにとっての波に大きな影響を及ぼすことになります

大潮と小潮

太陽にも起潮力があることから、月が太陽と同じ方向にあるとき(新月)には、月と太陽の起潮力が重なるため、より大きく海面が引っ張られる状況となり、いつもの満潮よりも海面の高さが大きくなります。

また太陽が月とは正反対の方向にあるとき(満月)にも同様に月と太陽の起潮力が重なる状況となります。

この新月と満月のときには、干潮と満潮の差が大きくなることから、「大潮」といいます(イラストの上段の図)

また、月が太陽と90度離れた方向にある位置関係のとき(上弦、下弦)、月と太陽の起潮力は逆向きになることから、干潮と満潮の差が小さくなり、「小潮」といいます’(イラストの下段の図)

引用:気象庁HP http://www.data.jma.go.jp/gmd/kaiyou/db/tide/knowledge/tide/choseki.html

また、大潮と小潮以外にも、太陽と月と地球の位置関係によって潮まわりの名前があります。

(新月)                        (満月)
大潮 → 中潮 → 小潮 → 長潮 → 若潮 → 中潮 → 大潮

(満月)                        (新月)
大潮 → 中潮 → 小潮 → 長潮 → 若潮 → 中潮 → 大潮

こんなサイクルで潮はまわっていきます。

新月→満月になるサイクルで月の半分の約2週間、また満月→新月も同様に2週間のサイクルとなっています。

中潮」は大潮と小潮の文字通り中間くらいの干満の差がある潮で、「長潮」は小潮と同じように潮の動きが少ない中でもとくに潮がうごかない潮回りで、べったら潮とも呼ばれたりします。「若潮」はこれから潮が若返って大潮に向かうという意味があるようです。

このように、空を見上げて月の形を見れば、今日の潮回りがわかります

夏と冬でも潮の引き方が異なる

またおもしろいことに潮の動きかたが夏と冬では異なる動きをします。

特に大潮の干潮に大きくその動きが現れるのですが、1日に2回ある干潮において季節により以下のような現象が起こります。これは日本の太平洋側に特化した現象です。

秋~冬:昼間より夜のほうが大きく潮が引く
春~夏:夜より昼間のほうが大きく潮が引く

よって春~夏にかけて、昼の干潮ではかなり大きく潮が引くことになることから、そこから潮が上げていく力が強くなるということにもなります。

潮干狩りが春~夏にシーズンなのもこのためです。

潮まわりを知っていい波にのる

潮位のデータ(潮見表)を持っておく

このように単に潮まわりといっても、いろいろな要素が絡み合っているのがわかるかと思います。

年単位の太陽との位置関係、月単位の月との位置関係、これに日単位の地球の自転という主な要素によって、潮は常に変化しているのです。

サーフィンにはこの潮まわりが非常に密接に絡んでいることは、以前の記事でも記載したとおりです。

海に行く前には、この潮まわりと潮位の情報をもっておくようにしたいです。

今はスマホでいつでもこれら情報が手にはいりますが、以前はそんな手軽にはわからなかったこともあり、私はいつも1年に1回無料で配布される「ビーチコーミング マガジン」を常に見て潮まわりをチェックしていました。

特に大潮まわりを気にしておきたい

毎日の潮まわりの中でも、特にサーファーが気にしておくべきは大潮まわりです。

これら潮の干満の動きは波に大きな影響をおよぼし、波のコンディションは潮の動きで変化するといってもよいです。

波がないときでも、潮の動きによって波がブレイクするということもあります。

大潮のときにはこの潮の動きが一番大きく激しいときであることから、特に大潮の干潮から満潮にかけての  ”潮の上げ込み”  の時間帯には、潮の満ち込みによってワンサイズ大きくなるようなときも。

干潮からだいたい2~3時間後くらいが潮が大きく動く時間帯として覚えておけばよいと思います。
そのころに海に入っていれば、大潮の上げ潮によってコンディションが上向くなどの変化がみられる場合があります。

リーフのポイントでは潮の確認は必須

これは以前も記載したとおりですが、海水面が上下することにより岩が露出したり、逆に水深が深くなって波がブレイクしないなどの状況になるため、リーフのポイントでは必ず潮の確認はしておきましょう

そしてそのポイントに応じた潮まわりをよく知っておくことが重要です。

干潮と満潮の時間帯とともに、だいたい何㎝くらいの潮位になるのかまでわかっていたら、より深くそのポイントの波を知ることができると思います。

だいたい潮位が〇〇㎝以下になったら浅すぎてサーフィンできないとか、逆にこれくらいのサイズだと〇〇㎝以下にならないと波が割れないとか。

中には潮と海底の地形をよく知っている方も多く、ある時間帯になると浅くなった岩の上に立って波待ちをする人もいます。


今回は潮汐の基本的なところからサーファーにとっての潮まわりについて記載してみました。

海に接することがあまりない人は潮の満ち引きのことなどほとんど気にしないと思いますが、サーファーはぜひこの潮まわりを気にしておきたいところです。

何気なく発生している潮汐という事象は、実は宇宙空間をまきこんだ壮大なサイクルの中で発生しているということを少し意識すると、サーフィンがもっと楽しくなるかもしれません。

最新情報をチェックしよう!