毎朝の気圧配置と波情報/波予想記事を毎日更新 ~ 読み続けると「週末の波」が見えてくる ~

いい波に乗るために~波の形を左右する沿岸で吹く風

サーファーにとってのもうひとつの”風”

前回の記事に記載しましたとおり、サーファーにとっての風には二側面あるということをお伝えしました。

関連記事

サーファーにとっての風とは[caption id="attachment_3998" align="alignnone" width="1024"] 平砂浦@千葉[/caption]こちらのブログでは毎日の気圧配置の変化によって[…]

波をつくるための風

ひとつは、

波をつくるための風

もうひとつは、

波の形を左右する沿岸で吹く風 

です。

今回は、  波の形を左右する沿岸で吹く風 について記載していこうと思います。

どちらかというと、いつも気にする風はこちらの風です。

‘波’を見て、’風’を感じる

波チェックするサーファー

サーファーがビーチに着いてまずチェックするのは、” と “” だと思います。

については、

サーフィンできるくらいの波があるのかどうか?

自分の技量で入れるコンディションなのか?

いい形でブレイクする波なのかどうか?

みたいなところからまずはチェックしていくと思います。

 

そして“”については感じます。

風が吹いているのか吹いていないのか?

どの方向からの風が吹いているのか?

風は強いのか弱いのか?

こんなところを自分の肌で感じます。

 

沿岸の風の吹き方で、波のコンディションはまったく異なってきます。

サーファーは海に出かけるときやポイントを選ぶ時には、必ず風を意識することになります

風の吹き方で波も変わる

当然のことを書いているかもしれませんが、

沿岸で風がどのように吹いているのかで海や波のコンディションはまったく異なります。

サーファーが気にするのは、まずは

風の向き

です。

向きといっても単純に方角という訳ではなく、これから入ろうとしている海に対して、

陸から海に吹く風なのか(オフショア)

海から陸に吹く風なのか(オンショア)

横に吹く風なのか(サイドショア)

です。

オフショア

サーフィンをする上でいい波になるのは、陸から海に吹く風(オフショア)” です。

オフショアのときは波が崩れる方向に正面から風を受けることから、波が崩れる前に風を受けて波の面がシェイプされてから崩れます。

波はきれいな面(フェイス)になり、サーファーがこの面を走ります。

以下の画像はオフショアが強い日の波の様子。

波の進行方向/崩れる向きとは反対の真正面から風が吹いているのがわかるかと思います。

このときサーファーは波がまだ崩れていない部分(フェイス)を走るのですが、見てもらうとわかるように波の面は凸凹がなく斜面としては整っている状況となります。つまり、

オフショアはサーファーが波の面を走りやすい斜面にしてくれる

オフショアが吹くとこのように波の斜面が整ってきます。

オフショアの波

オンショア

一方で、海から陸に吹く風(オンショア)になると、、、

波の崩れる方向と同じ向きに風が吹くことから、波のトップが風により潰されてすぐに崩れる波となり、サーファーが走れる斜面(フェイス)が少なくなってしまいます。

以下の画像は海から陸に風が吹いているときの波の様子。

かなり強く海からの風が吹いており、波はすぐに崩れた状態となり白い波が多くなります。つまり、

オンショアだとサーファーが走る波の斜面がなくなってしまう

オンショアの波

オフショアの日にはうねりがしっかりと筋張って見えるようになりますが、

オンショアが強い日だと波がすぐに崩れるので白波が目立ってグチャグチャした波になってしまいます。

波はそれほど大きくなくても、オンショアでぐちゃぐちゃな波のときは風によりクローズアウトなコンディションという状態となり、よく「風クローズ」という言葉も使われます。

ただオンショアなコンディションでも、上記の写真のように全く乗れるような波がないという日ばかりではなく、オンショアだからといってサーフィンができない訳ではありません。

オンショアでも、

それほど強く吹いてないオンショアなとき

サイズがあってオンショアでも走れる斜面があるとき

またオンショアが強くてもビーチの地形的にそこまでぐちゃぐちゃにならないポイント

などもあり、そのオンショアの程度やポイントによっては十分サーフィンができるコンディションなときもあります。

サイドショア

ビーチの風はオフショアとオンショアだけではありません。

当然ながら横から吹く風もあります。

この横から吹く風のときには、「サイドの風」とか「サイドショア」といった言葉を使います。

サイドから吹く風なので、オフショアとオンショアの間くらいの波になりそうだということは想像がつくかと思います。

オフショアよりも波の面は整ってないけど、オンショアで波がぐちゃぐちゃしている訳でもない、そんな状況。

横から吹く風といっても微妙な風の向きも関係していて、

サイドからだけど少しオフショア気味な「サイドオフ」

サイドからだけど少しオンショア気味な「サイドオン」

があります。

サイドオフのときは比較的面は整った波ですけど、サイドオンのときには面はざわついて荒れてきます。

無風

また風のない 無風 に近いときも、波の面が整っている時が多いです。

無風といっても、その無風になる前にどんな風が吹いていたのかによってまったく波の質は異なってきてしまいますが、無風の時間帯が長いほど波の面はまとまってきてサーファーの走る斜面が整ってきます。

朝や夕方、また霧が出ているときは風が弱いか無風になることが多く、このタイミングを狙って海に入るといい波になることも多いです。

無風に近いいい波

波を発達させるにはオンショアが必要なのですが、

波に乗るには 「オフショア」 か 「無風」 が適していると言えます。

※ただし、いつでもオフショアの日が波の面はきれいなのかというとそうでない日もあり、沖合の風の影響や潮の動きにより、面がボヨついていたりザワついていたりする時もあります。

海に行くときには、この風向きを事前に予想してどのポイントに行くのがいいのかを決めるのが、いい波にのるためには重要になってきます

ポイントによりオフショアの向きが異なる

これも極当たり前のことを記載していますが、サーフィンするビーチがどの方角に開いた海なのかによって、オフショアの方角が異なります。

例えば千葉のメジャーなポイントを例にとってざっくり記載してみると、

  • 北風がオフショアになるのは、飯岡、御宿、鴨川、平砂浦など
  • 南から南西の風がオフショアになるのは、太東、志田下、東浪見、一宮、千歳、千倉など

千葉県は東から南東に開いた海岸線が多いことから、西から北西の風がオフショアになるポイントが多いです。反対の言い方をすると、北東~南東の東よりの風になるとほとんどのメジャーなポイントはオンショアになってしまいます。

以下、SurfingRepsさんのホームぺージ に千葉県のわかりやすいサーフポイントがありましたので引用させていただきます。リンク先には海岸の向きも掲載されていますので、オフショアがわかると思います。


出典:SurfingReps http://www.surf-reps.com/point/chiba.html

このように、どの方角からの風が吹いているかによってポイントを選べば、きれいなフェイスの波でサーフィンすることができます。
ただ、いくらオフショアで面はきれいだったとしても肝心の波がないと意味がないので、

ポイント選びには ”風向き” と ”波があるかどうか”  

が、まずは重要なファクターとなります。

千葉県は南北に長い海岸線があり、千葉県内のエリアやポイントによっても、その日の状況により全く風向が異なることがあるのが普通です
(飯岡は北風が吹いているけど、鴨川は南風が吹いているときは普通によくあります)

これに加え、まわりの地形(周囲に風を遮る山や堤防などがあるのかどうかとか)やうねりの向き、潮の満ち引きの時間帯と潮回り、更に海底の地形(砂の付き方など)などのあらゆる条件が波の形や質に影響してきます。

”風”についてはまだまだ記載したい内容が沢山あるのですが、上記のとおり波の形や質には多くのパラメータが影響してきますので、各カテゴリ毎に順次このブログに記載していこうと思います。

【新刊のご紹介】
サーファーが知っておきたい台風の知識

台風スウェルをあてるための台風の知識と経験則、
台風による災害への備えについて
サーファー目線でまとめました

週末サーファーのための波乗り気象学(前編/中編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。Kindle本の紹介画像
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

サーフチェックサムネイル
最新情報をチェックしよう!