強い北東うねりが千葉エリアに反応中【2019.1.28】

毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/


毎日の天気図と波情報

1/28(月) 3:00 地上天気図と波情報

台風並みに発達してきている低気圧は千島の東からアリューシャン列島へとゆっくり進んでいます。

今朝は東シナ海に中心を持つ高気圧からの張り出しが東日本まで広がりますが、日本海には別の低気圧があり、今週前半はこの低気圧が東海上へ抜けて前の低気圧と同じように猛烈に発達していく見込みです。

この週末には寒気により冷え込みましたが、今日は冬型が緩み週の後半までは比較的暖かい日が続きそうです。

先週金曜日の夕方くらいから千葉北エリアには北東~東うねりが反応をはじめ、千葉南エリアでは日曜日の午前中からしっかり反応してきました。

今朝は昨日よりも更にうねりの反応がよくなり、ハードなコンディションも多くなってきています。

今朝の千葉エリアは北西から西の風が弱め

千島の東にある台風並みの低気圧からのうねりの反応が強くなってきています。

九十九里エリアではうねりをダイレクトにひろう一宮周辺ではハードな頭オーバーでほぼクローズアウト。

片貝周辺では漁港や新堤では頭サイズで上級者向けのいい波が入っている模様、人も少なく楽しめているようです。

うねりをかわす飯岡や御宿では腹胸くらいまでサイズアップしてきました。

千葉南エリアもうねりがダイレクトに入る和田から千倉までは頭サイズあり、まだクローズでにはならなさそうですがかなりハードになってきている模様

鴨川マルキはうねりをやや軽減し胸肩サイズで十分遊べそうです。

湘南は鵠沼では膝腿からたまに腰くらいはありそうでロング中心にはできそうです。

吉浜にも腰腹くらいのうねりは入ってきている模様。

日本海の低気圧に向けて午後から南西の風が強まる

今夜9時の予想天気図

午後にかけては南西の風がかなり強まりそうです。

今朝比較的できている千葉のポイントは北がオフショアとなるポイントですが、午後には大きくコンディションが乱れてきそう。午前中の早めに入っておいた方が良さそうです。

一宮周辺や千倉では強いオフショアとなりうねりがおさえられて少しまとまってくるかもですが、オフショア強すぎてよくはなさそうな感じがします。

湘南も午後から南西の風でオンショアによるサイズアップしてきそうです。面があれてきますので今日入るなら午前中の方がいいと思います。

明日火曜日の夜9時の予想天気図

日本の東海上には非常に発達した台風並みの低気圧が2つある状況となります。

今夜これから通過する低気圧からも新たに北東から東うねりが反応をはじめて、千葉の各ポイントには強いうねりの反応が続きそうです。

ただ北西の風が強まり海上ではうねりが抑えられて一旦サイズが落ちるかもしれませんが、水曜には再び反応が良くなってくると思います。

あわせて読みたい

週末は波があるのか?ないのか?週末が近づくとこの土日はどんな波になりそうなのか、沿岸の風はどこから吹きそうか 風が強いのか弱いのか 潮回りは何か 干潮と満潮の時間は 地形は決まっているのか どの[…]

最新情報をチェックしよう!