北西の強い風で千葉はサイズダウン【2019.1.29】

  • 2019年1月29日
  • 2019年4月15日
  • 2019
毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/


毎日の天気図と波情報

1/29(火) 3:00 地上天気図と波情報

日本海を東進した低気圧は北海道を通過し東海上へ抜けていきました。

北日本から東日本は等圧線の間隔が狭くなり強い北西の風が吹いています

昨日は北海道付近にあった低気圧へ南西の風が強く吹き込み、サイズアップしたエリアもあれば強いオフショアによりうねりが抑えられたエリアもありました。

今朝は昨日からの風の影響で千葉と湘南では逆の状況になってきているようです。

今朝の千葉エリアは強い北西の風

昨日サイズがあり反応していた北東ベースのうねりは、北西の強い風により抑えられてしまい、今朝の千葉エリアはサイズダウンからのスタートです。

九十九里エリアでは片貝周辺は腰腹くらいまでサイズダウン。

一宮周辺も腰腹から胸くらいまでサイズダウンしており、北西からの風がかなり強く吹いている模様で、コンディション的にはイマイチな状況になっているようです。

千葉南エリアも強く北西の風が吹き荒れており、全体的に腰腹から胸くらいのサイズで昨日よりはサイズダウン傾向。風がおさまれば波質が上向いてきそうですが、もう少しこの強い風は続きそうです

湘南は昨日の南西の風によりサイズアップした波が朝一のオフショアにより整えられて腰腹から胸くらいのファンコンディションになっています。

風は千葉ほどは強く吹いてないようなので、比較的遊べるコンディションになっている模様です

今日いっぱいは北西の強い風が続きそう、明日は期待できそうな感じ

今夜9時の予想天気図

北海道付近を通過した低気圧が東の海上に抜けて発達していきます。

東海上には台風並みの勢力にまで発達している低気圧が2つも解析されており、なかなか貴重で見応えのある気圧配置となっています。

今夜まで北西の風が強い状況となりそうです。サイズは遊べるだけありますが、午後も強い風にあおられるコンディションとなりそうです

湘南はサイズダウンしてきそうなので、早めが良さそうです

明日水曜の夜9時の予想天気図

2つの低気圧は東へ抜けてアリューシャン列島付近まで達します。

西から高気圧に覆われてきて今日の北西の風は弱くなる見込みです。

風が弱くなると同時に北東ベースのうねりも入りやすくなってきそうなので

千葉エリアは明日は狙い目かもしれません。

湘南はサイズダウン傾向となるかと思います。

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!