北陸では立春に春一番が吹く【2019.2.4】

  • 2019年2月4日
  • 2019年4月15日
  • 2019
毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/
facebook:https://www.facebook.com/asasfsas24/

毎日の天気図と波情報

2/4(月) 3:00 地上天気図と波情報

立春を迎えました。暦の上では春になるという日ですが、今日はまさに春の陽気となっています。

日本海にある低気圧にむけて昨夜から南西の風がかなり強く吹き込んでいます。

北陸地方では春一番が発表された模様。

この強い南よりの風により関東の沿岸部は北向きのポイントを除いて大荒れなジャンクなコンディションになってます。

ただこのあと風は北にシフトしてきて夜には強く吹いてくる見込み。

今日は後半から夕方にかけてまとまってくるまで少し待ったほうがよさそうです。

夜には気温が急降下するので、服装には気をつけたいところ、帰り遅くなるならマフラーは持参した方が良いでしょう。

今朝の千葉エリアは南西の極強い風

今朝はほぼ全域で南西からの強い風により荒れたコンディション。

流れもきつくジャンクな状況になっているポイントが多くなり、危険なので無理に入らない方が良さそうです。

ただ風の合う一宮では腿腰くらいであおられながらもなんとか出来る状況。

千葉南エリアでは千倉と千歳で腰腹くらいのサイズありこちらも何とかできますが、無理に入るまでもない状況です。

湘南もジャンクアップしていて午前中はほぼクローズな状況が続く見込み。

風をかわす大磯で何とかできる感じですが、良くはないコンディションのようです。

後半は北の風にシフトしてまとまってきそう

今夜9時の予想天気図

寒冷前線が通過し冬型の気圧配置へと移行します。風が北よりにシフトして今日の後半はまとまってくるポイントが多くなる見込みです。

風のシフトするタイミングをみて後半にスタンバイするのがいいかもしれません。

明日火曜の夜9時の予想天気図

はやくも冬型の気圧配置は緩み高気圧に覆われてきます。北風が強くなって今日サイズアップした波もサイズダウンが早そうです。

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!