【2019.3.16】毎日の天気図と波情報

  • 2019年3月16日
  • 2019
毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/


三つ玉の低気圧が日本付近を東進中、寒気流入で今朝も冷え込む

3/16 (土) 今日の波と天気概況

日本付近には低気圧の中心が三つあり大きな気圧の谷となって東へ進んでいます。

上空500hpaの天気図をみるとちょうど日本付近には北極で蓄積された寒気が流れ込む構図となっており、ここ数日の寒さをもたらしています。

今朝も最低気温は低く朝一はかなり冷え込んでいる模様です。

上空に寒気が入るということは、大気の状態が不安定になる可能性が高くなるということですので、今日も雷には注意が必要となりそうです。

千葉エリア:今日のこよみと潮まわり(勝浦)

日の出:05:49 / 日の入:17:48

長潮

満潮:01時42分(103cm) / 10時33分(109cm)

干潮:05時28分(97cm) / 18時56分(24cm)

千葉・湘南 今朝の風と波

今朝の千葉エリアは北西から西の風。

オフショアベースの風が吹いてます

千葉北エリアはサイズは概ね膝腿から腰くらいのポイントが多くなっており、面はよいもののサイズは物足りないポイントが多くなっています。

千葉南エリアは腿腰から腹くらいでポイント選べば遊べるコンディションがあるようです。

三つ玉低気圧はまとまり三陸沖で発達、冬型の気圧配置へ

午後9時の予想天気図

本州付近を通過した低気圧は三陸沖で一つにまとまり発達しながら北東方向へ進んでいきそうです。

今夜にかけては冬型の気圧配置へ移行し、日曜日の朝にかけても寒さは続きそうです。

低気圧の通過に伴い関東地方は不安定ながらも北よりの風が卓越してくる見込み。

午後にかけては北からの風を軽減できるポイントが良さそうです。

通過した低気圧による南からのうねりの反応が出てきそうなので、夕方頃にはそこそこ遊べるサイズでコンディション整ってくるポイントが多くなってくるかもしれません。

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

↓Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↓

最新情報をチェックしよう!