【2019.3.28】毎日の天気図と波情報

朝一から南西から西の強い風、ジャンクながらもサイズアップ中

3/28 (木) 今日の波と天気概況

おはようございます。

東海上にある低気圧の中心から本州にむけて西へまっすぐの寒冷前線が本州の上空にあります。

日本の南にある高気圧からこの前線の南側にむけて南西から西の強い風が吹く状況が昨日から継続中。

アメダスをみても各地で西よりの強い風が吹いており、南向きのポイントでは昨日からジャンクなクローズコンディションながらもサイズアップはしています。

今日はこれから風の変わるタイミングがポイントとなります。

東京から埼玉茨城までは北の風が吹いているようなので、午前中には寒冷前線が南下して風が変わってきそうです。

千葉エリア:今日のこよみと潮まわり(勝浦)

日の出:05:32 / 日の入:17:58

小潮

満潮:08時00分(119cm) / 時分(0cm)

干潮:02時20分(85cm) / 15時55分(37cm)

千葉・湘南 今朝の風と波

今朝の千葉エリアは南西から西の風が強く吹いています。

昨日から吹き続けている南西の風が朝まで強く吹いています。

千葉エリアは南西の風が強くなると東向きのポイントはスモールコンディションになり、南向きのポイントはオンショアで荒れながらも多少サイズアップしてくるパターン。

九十九里から一宮周辺までは膝腿から腰くらい。飯岡や御宿ではオンショア強めの荒れたコンディションですが腰腹くらいのサイズはあるようです。

千葉南エリアも膝腿から腰くらいの物足りないコンディション。平砂浦や内房のポイントはオンショアながらもサイズアップしていそうです。

湘南も強い南西ベースの風により大きくサイズアップ。ただどこもジャンクなコンディションで、風を少しかわす大磯では他よりはマシなコンディションにはなってそうです。

午前中には風がシフトしてきそう、早めにスタンバイを

午後9時の予想天気図

既に沿岸部以外は北よりの風にシフトしてきているようなので、沿岸部もこれから午前中には風が変わってきそうです。

変わった直後はまだ荒れていますが、湘南は相模湾の中のポイントなのでまとまりは千葉よりも早く、風が変わって1時間もしないうちにまとまりが出てくると思います。

午前中には海に入れるようにスタンバイしておくのが良さそうです。

平砂浦や内房のポイントも早めにスタンバイが良さそう、特に内房はサイズダウンが早いので風が変わる前からでも全然できると思います。

明日午前9時の予想天気図

21時更新

今朝は強い南西~西の風が強く吹き、南向きポイントを中心に風波により大きくサイズアップしたスタートでした。

午前10時頃から北東~東の風にシフトしてきて、湘南や平砂浦などの南向きポイントでは

昼前から胸肩サイズでまとまっていい波が入ってくる時間帯があり楽しめていたようです。

夕方にはだいぶサイズダウンしてしまいましたが、午後は遊べるポイントが多くありました。

明日は日本付近はやや北偏する高気圧に覆われてくる見込みです。

前半は高気圧の前面に位置するため、高気圧縁辺の北東よりの風がはいるスタートとなりそうです。その後、高気圧が東へ移動するにつれて今度は高気圧の南側に位置するようになってきて、風は東から南東の風にシフトしてきそうです。

湘南は明日はサイズダウンしてかなりスモールなコンディションからのスタートとなりそうです。

千葉エリアも物足りないサイズが続き、午前11時頃には東の風が入ってきそうなので、さらにコンディションは良くない状況となりそう。

朝のうちに片貝や鴨川では少し遊べる波があるかもしれないので、そこで入って遊んでおくのが良さそうです。午後はほぼ全域でオンショアコンディションとなりそう。

Twitter/Instagramにてコンディションや気象情報を更新しています

Twitter:https://twitter.com/asasfsas24
Instagram:https://www.instagram.com/asasfsas24/

使用する天気図および衛星画像について

本ブログに掲載する天気図はすべて気象庁ホームページより引用しています。

出典:気象庁ホームページ https://www.jma.go.jp/jp/g3/

詳細はサイト説明に記載しています

カテゴリー2019