東うねりが十分に反応し北風をかわすポイントはいい波!【2019.4.13】

毎日の天気図と波情報

午前3時の実況天気図 ASAS

日本付近はすっぽりと高気圧に覆われてきました。

昨日までの寒さは和らぎ今日日中は風もおさまり全国的に行楽日和となりそうです。

辛い花粉はヒノキがもう少しで終息してきそう、多くの方はもう少しのガマンかと思います。

今朝もアリューシャン方面へ移動した低気圧からの北東から東うねりが千葉エリアで反応しています。

また日本の南東海上にも低気圧があり、ここからの南うねりもすこし混じっているかもしれません。

朝一は北から北西の風がやや強めに吹いていましたが午前中のうちに一旦おさまり、午後には北東から東の風にシフトしてきそうです。

午前中は北の風を軽減できるポイントではサイズもあり十分楽しめるコンディションになっていたようです。

千葉エリア:今日のこよみと潮まわり(勝浦)

日の出:05:10 / 日の入:18:12

小潮

満潮:08時26分(112cm) / 時分(0cm)

干潮:03時17分(95cm) / 16時51分(28cm)

千葉・湘南 今朝の風と波

今朝の千葉エリアは午前7時時点では北から北北西の風。

アリューシャン方面の低気圧がメインとなる北東から東うねりは昨日よりも落ち着いてきて、多くのポイントでできるようになってきました。

九十九里エリアでは胸肩くらいからのスタート。一宮周辺では肩頭くらい。

朝一は北西の風でサイドオフからオフショアだったため一宮でも出来るコンディションだったようですが、昼前から北東に風がシフトして面が乱れてしまっているようです。

昨日までそこそこのサイズで出来ていた飯岡や御宿はサイズダウンして物足りない膝腿から腰くらいに。

千葉南エリアは北北西の風で鴨川から和田エリアでは朝から風が合い、胸肩サイズで十分楽しめるコンディション。

たまに頭くらいのセットも入ってきています。

平砂浦は東うねりなので膝腿と物足りないサイズですが風は合います。

湘南は北東から東うねりとなるとサイズは物足りない状況が続いてしまいます。

ロングでなんとかといったコンディションです。吉浜までいけば腿腰から腹くらいはサイズあるようです。


【お知らせ】
サーファーズイヤーにならないために
冬の海に入る時は耳栓をおすすめします
SurfEars 3.0は超オススメです
Amazonだと少し安く購入できます

午後は風が東へまわり影響が出てきそう

午後9時の予想天気図

高気圧の中心が東日本までシフトしてきて、日本付近は高気圧の後面に位置してきます。

高気圧の後面といえば、高気圧縁辺の暖湿流がはいりこんで雲が多くなり天気は下り坂へ。

ただ関東地方は終日よく晴れるはず。

午後の千葉エリアは風がオンショアにまわってしまい影響受けそう。エリアにより強くは吹かない可能性もあるので、アメダスなど確認してみるといいと思います。

北東から東の風となりそうでサイズは十分あるので、片貝周辺や鴨川から和田エリアが比較的良さそうなコンディションをキープしそうです。

湘南エリアはスモールサイズが続きそうです。吉浜ではすこしサイズありできそう。

13時アメダス風向風速

千葉南部では東の風が強めに吹いてきました。千葉北はまだ比較的風は弱そうですが東ベースの風が入ってます。

湘南も南の風にシフトしてきました。

午後はこの風の影響が出てくるので、オンショアと割り切るか、サイドになる南向きポイントへ移動するかになるでしょうか。

明日午前9時の予想天気図

※本日21時以降に更新します。

エリア毎の特徴:日本海

ポイント毎に異なるうねりの反応前回と前々回の記事にて、千葉から宮崎までのメジャーなエリアを中心に、どのエリアにはどんな方向のうねりが反応するのかをざっくり書いてみました。[sitecard subtitle=関連記事 url[…]

エリア毎の特徴とうねりの向き(日本海エリア)
最新情報をチェックしよう!