明日も南西の風がやや強めに吹き続きそう【2019.5.8-9】

毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/


明日午前9時の予想天気図

高気圧が東海上に中心を移して西日本には気圧の谷となっていきます。

北海道から千島近海にかけても低気圧が複数あり大きな気圧の谷場です。

西日本から東日本にかけては今日と同じく南から南西の湿った空気が入りやすく、今日よりも雲が多くなりそう。

風は朝から南西の風が吹きそうで、今日よりは強まらなそうですけど、明日も南から南西の風をかわすポイントへ向かうのが良さそうです。

千葉北エリアでは一宮周辺、千葉南エリアでは千倉と千歳周辺、茨城は鹿嶋から波崎と河原子周辺などが比較的良さそうかと。

湘南は大磯が比較的に南西の風をかわすので、面を気にするならば移動してみるのも良さそうです。

明日は中潮となりますが、昼の干潮の時間帯ではかなり潮が引いてマイナスの潮位となりそうです。

明日の注意事項は、、、

湘南は強めのオンショアとなりそうで走れるショルダーが少なくショートライドが中心となりそう。

明日も昼の干潮の時間はいつもよりかなり潮が少ないので、リーフが隠れているポイントなどは注意が必要です。

南の風が数日続くと九十九里から鹿島灘では水温がかなり低くなることがよくあります。

明日はまだ下がらないと思いますが、明後日には少し影響があるかもしれません。

海水の表面が沖に流されて下から冷たい海水が湧き出てくる”湧昇”という現象です。

週間アンサンブル予想図

次の週末は11日と12日となりますが、両日共に北編する高気圧に覆われてきそうです。

北東の風が強めに入り、沿岸部ではやや肌寒い陽気になるかもしれません。

北東から東の風を軽減できるポイントを中心に考えておく感じでしょうか。

日曜には東うねりの反応が少しよくなりそうな気圧配置です。

また週明けの月曜以降は高気圧が東海上に中心を移して、南から南東の風とうねりが入りやすい気圧配置になりそう。

太平洋側では遊べるサイズがありそうです。

そろそろ南西諸島では梅雨がはじまりそうな時期になってきました。

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

↓Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↓

最新情報をチェックしよう!