毎朝の気圧配置と波情報/波予想記事を毎日更新 ~ 読み続けると「週末の波」が見えてくる ~

【2019.5.2】南うねりが続き千葉と湘南ともに遊べるサイズ、午後は雷雨に十分注意

毎日の天気図と波情報

5/2(木) 3:00 ASAS 今日の波と天気概況

平成から令和にかけて時代またぎとなった低気圧は三陸沖から千島近海へ移動しています。

低気圧からのびる寒冷前線が南の海上からフィリピン付近まで伸びており、北日本から東日本にかけては気圧の谷。

低気圧が残した南ベースのうねりの反応が残り、今日も千葉と湘南はともに遊べる波があります。

今日も志田下ではQS6000の世界大会が開催されており、今日は観戦メインで志田下にきています。

とにかく目の前でみるライディングはすごいのなんの、飛びまくりの回りまくり。

圧倒的に違うのがライディングのスピードと深いボトムターン。

動画と写真は別記事でアップしようと思いますが、今日の目当ての大原洋人選手と稲葉玲王選手が共にラウンドアップしたのが観れたので応援しにきてよかったー!

千葉エリア:今日のこよみと潮まわり(勝浦)

日の出:04:47 / 日の入:18:27

中潮

満潮:03時06分(126cm) / 15時22分(121cm)

干潮:09時19分(42cm) / 21時22分(46cm)

千葉・湘南 今朝の風と波

今朝の千葉エリアは、朝一は弱い風で影響は少ないコンディションでしたが、昼前になってすこし風が出てきたようです。

志田下は南から南南東の風、ビーチにずっといると少し寒いくらいのやや強めの風が吹いています。

面への影響はそれほどないですがややザワつきながらの胸肩サイズ。ワイドな波が多いですが、それでもうまくセットを選んで3発は当て込むライディングが連発。見応えがあります。

九十九里エリアも腹胸から肩くらいで落ち着いてきましたが、南の風で少し影響がでており良くはないですがサーフィンは可能。

千葉南エリアも腹胸から肩くらいで風の影響はなさそうなので午前中はそこそこ出来そうなコンディションになりそうです。

今日は平砂浦も腹胸くらいサイズあり遊べる波がになっているようです。

湘南は昨日よりサイズダウン傾向ながらも腰腹から胸くらいはまだキープしていて、南の風が吹いてますが影響少なく遊べるコンディションになってます。

今日の注意事項は、、、

今日は上空に寒気が入るため午後は大気の状態が不安定になります。

既に東京湾海上では活発な雨雲が北上しているようで、相模湖付近にも同じような雲があります。

沿岸部にもこれから不安定な状況になるかもしれないので、海に入っているときは空の様子をよく気にしておいてください。

急に空が暗くなったら要注意なので、すぐに海から上がって建物の中か車の中へ。

午後は大気の状態が不安定、雷雨に十分注意してください

午後9時の予想天気図

低気圧はカムチャツカ半島方面へ移動していきます。

午後は東よりの風が入ってしまいそう。

サイズは夕方までキープしそうなので、一宮周辺では南風のうちに早めに入ったほうが良さそうです。

既に一宮周辺の空が怪しくなってきています。雷雨には十分注意が必要です。

湘南も東ベースの風が入ってきそうです。

明日午後9時の予想天気図

西日本から高気圧に覆われてきます。

南からのうねりはサイズダウン傾向ですが、東からのうねりの反応が出てきそうな気圧配置です。

カムチャツカ半島付近の低気圧の位置次第では北東うねりも連休後半は期待できるようになるかも⁈

あわせて読みたい

週末は波があるのか?ないのか?[caption id="attachment_5553" align="alignnone" width="1024"] 写真:メローな程よいサイズのいい波、こんなコンディションなら最高だ[/captio[…]

うねりの向き

【新刊のご紹介】
サーファーが知っておきたい台風の知識

台風スウェルをあてるための台風の知識と経験則、
台風による災害への備えについて
サーファー目線でまとめました

週末サーファーのための波乗り気象学(前編/中編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。Kindle本の紹介画像
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!