北東から東の風が強くジャンクな波、午後からは南よりの風へシフト【2019.4.20】

毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/
facebook:https://www.facebook.com/asasfsas24/

毎日の天気図と波情報

4/20(土) 9:00 ASAS 今日の波と天気概況

昨日関東の東海上にあった低気圧は東へ進み、西から高気圧に覆われてきています。

今日の土曜日は全国的に晴れて行楽日和となりそうです。洗濯も明日より今日が良いでしょう。

関東地方は高気圧の前面に位置しており、高気圧縁辺を吹く北東から東の風が朝一から吹いています。

東海上の低気圧やさらに東の低気圧の東うねりの残りなどが反応していて、朝一は昨日よりも落ち着いてきたスタートとなりましたが、東からの風の影響がかなり出ています。

今日も大潮まわり。

今朝夜明け前までは西の空にきれいな満月が見えていました。

そろそろ日の出時刻が四時台に突入しそう、もう5時前から海に入れる季節となりました。

千葉エリア:今日のこよみと潮まわり(勝浦)

日の出:05:01 / 日の入:18:17

大潮

満潮:04時38分(143cm) / 17時33分(142cm)

干潮:11時04分(8cm) / 23時18分(48cm)

千葉・湘南 今朝の風と波

今朝の千葉エリアは朝は北東の風、次第に東の風が強く吹く。

朝一から北東の風が沿岸部ではやや強めに入り、多くのポイントでジャンク気味なコンディション。

九十九里エリアでは片貝周辺でなんとかできていま感じですがハードでしんどいコンディション。一宮周辺はモロにオンショア受けてジャンクなほぼクローズ。

御宿と飯岡はまだ比較的整った波ですが、サイズは物足りない腿腰くらい。

千葉南では鴨川マルキが朝一は無難にそこそこできるコンディションでしたが大会規制が入っていたようです。

湘南は昨日よりもサイズダウンしてのスタート。鵠沼では膝腿サイズですがかなり混雑している模様。

東うねりなので西湘エリアの反応がよく、平塚や大磯では腿腰から腹くらい、吉浜は腹胸くらいのサイズ感です。

2019/4/20 9:00 湯河原 吉浜

サイズ 腹胸くらい、風はほぼ無風。

朝一はワイドなホレるブレイクですが切れ目から乗れば走れる波もありました。結構ドカンとホレる波でセットの波数はそこそこあり。

朝一はまだ潮がありそこそこ遊べる波でしたが、8時くらいから潮が引いてさらにワイドでホレホレなブレイクとなりました。

東から南東の風にシフトしてやや強めに吹き続きそう

午後9時の予想天気図

高気圧の中心が東へ移動してくるにつれて風向きも東から南東ベースにシフトしていきます。

千葉南エリアでは13時アメダスでも東の風が強めに入っているようで、辻堂でも南の風が強めに吹いています。

千葉はほとんどのポイントでオンショアからサイドとなりコンディション的には期待出来なそう。

少しでも風をかわす南向きのポイントもしくは物足りないかもだけど平砂浦は面は良さそう。

湘南もオンショアが入りコンディションダウン傾向ですが、サイズのある西湘エリアから吉浜のほうが遊べる波はありそうです。

明日午後9時の予想天気図

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!