【2019.6.16】千葉県に波浪警報、南西の極強風で外海はほぼ全域クローズアウト

毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/


気圧配置&天気と波情報 : ビギナーには危険なコンディション

午前3時の実況天気図 ASAS

昨日西日本をした低気圧は午前3時時点では北陸地方にあり発達しながら北東へ進んでいます。

太平洋側はこの低気圧に吹き込む南西の風が強いか非常に強く吹いており、各地で影響がでています。

今朝の午前3時までは風もおさまっていてほとんど風がない状況でしたが、千葉南エリアは午前3時を過ぎたあたりから南西の風が非常に強く吹き始め、運転するハンドルがとられるくらいの強さに。

千葉県の沿岸部全域には昨夜から波浪警報が発令しており、全域で海に入るのは危険なコンディションになってきています。

湘南は日の出の時間帯まではオフショアが吹いていて、朝一だけいいコンディションの時間帯がありましたが、やはり南西の風が入ってしまい一部除いてほぼクローズアウト。

西日本の太平洋側は低気圧が遠ざかって既に北西ベースの風にシフトしており、南向きや東向きのポイントでは落ち着いてきて風も合うようになりコンディションよく楽しめている模様。磯ノ浦でも腰腹から胸くらいで十分遊べるコンディションです。

伊良湖から御前崎までの東海エリアでは西の風がかなり強く吹く状況が続き、外海のメジャーなポイントはほとんどクローズアウト。
静波は風をかわしてサイズもあり、こちらは楽しめているようです。

千葉・湘南 風、波、潮の状況と今日の注意事項

今朝の千葉エリアは南西の極強い風

日の出の時刻あたりから吹き荒れている南西の風の影響で、外海のポイントは一部を除きクローズアウトなコンディションが続いてしまっています。

外海のポイントで出来そうなのは、おそらく南西の風と強いうねりをかわす太東のみ。

一宮から志田下と千倉から千歳までも風は軽減しますが、うねりの強さをかわしきれずにほぼほぼクローズなコンディション。

出来たとしてもエキスパートの方のみですが、波浪警報が出ていることから海に入るのは控えたほうがよいでしょう。

今週末の千葉のメジャーエリアは土日ともにクローズなコンディションとなってしまいました。

これだけ南西の風が強いと内房エリアもサイズアップしてきますが、強いオンショアのぐちゃぐちゃなコンディションとなるポイントがほとんどでしょう。

湘南もほぼクローズアウト

日の出の時間帯はまだ北よりの風が吹いていたので、サイズは十分なオフショアでいいコン波が入っていましたが、楽しめる時間帯はわずかですぐにオンショアのジャンクなコンディションになってしまいました。

南西の風がこれだけ強いと出来るのは大磯の一部くらいになりそうです。

湘南の昨日は一日を通してかなりいい波がブレイクしていましたし今朝も限られた時間帯ですがいい波があったようなので、湘南エリアはいい波があたった週末となりましたね。

千葉エリア:今日のこよみと潮まわり(勝浦)

2019/06/16
日の出:04:24 / 日の入:18:58
大潮
満潮:02時47分(142cm) / 16時48分(135cm)
干潮:09時51分(9cm) / 21時56分(84cm)

湘南エリア:今日のこよみと潮まわり(江の島)

2019/06/16
日の出:04:26 / 日の入:18:59
大潮
満潮:03時06分(149cm) / 17時03分(146cm)
干潮:10時11分(15cm) / 22時17分(89cm)

今日の注意事項は、、、

千葉の沿岸部には昨夜から波浪警報が発令しています。

警報発令中は海には入らないようにしてください。

特にビギナーの方は入ると危険です。

波のサイズがある上に風が強く流れも強くなってすぐに流されてしまいそうです。

うねりをかわしてサイズが抑えられるポイントであったとしても、この強い風により流れは必ず発生しているので、オフショアになるポイントでは簡単に沖に流されてしまうので、波が小さいポイントだからといって安易に海に入るのは危険です。

今日いっぱいは千葉と湘南共に落ち着かないポイントがほとんどとなります。

今後の気圧配置と波: 湘南と一宮周辺は明日の朝が狙い目

午後9時の予想天気図 FSAS24

低気圧は北陸から北日本を通過し北海道の南海上あたりまで進む予報です。

引き続き千葉と湘南エリアはこの低気圧に吹き込む南西の風が強く吹き続く見込み。

千葉エリアの後半は西北西から西の風にシフトしてくる可能性があります。

一宮から太東までと千倉では後半にかけて整ってくる可能性もありますが、上級者のみのコンディションは続きそうです。

技量に合わせて無理して入らないようにしたほうが良さそうです。

湘南も南西の風が強く吹き続きそうで、夕方までジャンクなクローズコンディションが続きそうです。

こちらも今日はほぼほぼできなそうで無理して入るコンディションではないので、明日の朝のために体力を温存しておきましょう。

明日午後9時の予想天気図 FSAS48

低気圧は千島近海からオホーツク海付近まで達する見込みです。

湘南エリアは明日の朝には風は弱くなりそうで朝のうちは北からのオフショアになりそう。

千葉に比べて湘南は落ち着くのが早いので、明日の朝一も狙い目のタイミングとなりそうです。面はまだヨレが残ってそうですけど、遊べるだけのサイズは残って楽しめるかもしれません。

千葉エリアも今日の午後に西成分の風が卓越してくれば、明日の朝には一宮周辺や千倉ではまとまりが出てきてコンディションが上向いてくる可能性があります。

今日の午後の風に注目しておきましょう。

今日のツイッター波情報

https://t.co/67ZXur5tWb

https://twitter.com/naminoricathy/status/1140060766374023169

https://twitter.com/natukai3/status/1140108678613229571

過去の同じ日の気圧配置と波情報

OnThisDay(2017/06/16)

6/16 3:00 ASAS今日も本州付近は気圧の谷。上層のジェット気流が日本付近で大きく南へ湾曲しており北日本中心に寒気が居座っている。このため寒気が優勢な状況となり梅雨前線もそれに従い南で停滞している。今朝の千葉エリアは南の風。昨[…]

IMG

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!