【2019.6.20】全国的に波は小さめ、ロングや浮力のある板で楽しもう

  • 2019年6月20日
  • 2019年6月20日
  • 2019
毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/


気圧配置&天気と波情報 : サーフィン初心者はテイクオフの練習日和

午前3時の実況天気図 ASAS

日本の南海上には梅雨前線が停滞していて、南西諸島から華中までのびています。

前線上には低気圧があり、南側の海域では西南西の風が強く吹いて波も発達してきてそうですが、前線が陸地からかなり離れていることやうねりの向きが合わなそうな気圧配置

この低気圧からの南うねりはあまり期待はできなさそう。

新潟や山形の地震があった地域は今日も山沿いなど雷雨に注意。
すこしの雨でも地盤が緩んでいるので土砂災害の危険がありますので、今日も十分注意が必要です。

全国的に波の小さなスモールコンディションとなっています。

太平洋側は北海道から九州まで、サイズのありそうなエリアでも、腿腰くらいのプアーなうねり。

日本海側も北からのうねりは弱まって今日はまたいつものこの時期のコンディションに戻りつつあります。

昨日のコンディション

気圧配置&天気と波情報 : 太平洋側は弱い南東うねり午前3時の実況天気図 ASAS今日の記事タイトルには昨夜の地震についてのタイトルとしました。この地震により昨夜10時半くらいには新潟県を中心とした日本海側に津波注意報が発[…]

千葉・湘南 風、波、潮の状況と今日の注意事項

気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

今朝の千葉エリアは北東から北西の風。
各ポイントではかなり物足りないサイズからのスタートです。

千葉北では膝腿くらい、千葉南では膝腿から腰あるかどうかといったくらい。

朝は潮が多い時間帯なので、更に割れにくいコンディション。潮が引いたらもうすこし出来るようになるかもしれません。

湘南も今朝はほぼフラットから鵠沼では膝たまに腿くらい。
ロングでなんとかできるくらいのコンディション。

茨城から仙台にかけても腿腰くらいでこちらも今日は波は小さめ。

千葉エリア:今日のこよみと潮まわり(勝浦)

2019/06/20
日の出:04:24 / 日の入:18:59
中潮
満潮:05時09分(142cm) / 19時24分(133cm)
干潮:12時17分(7cm) / 時分(0cm)

湘南エリア:今日のこよみと潮まわり(江の島)

2019/06/20
日の出:04:26 / 日の入:19:00
中潮
満潮:05時21分(150cm) / 19時40分(143cm)
干潮:00時11分(94cm) / 12時39分(14cm)

今日の注意事項は、、、

新潟や山形などの地震のあった地域は、すこしの雨にも注意が必要なのと、あとは暑くなりそうなので熱中症対策も必要です。

復旧作業するときには、水分と塩分をとり休憩をこまめに入れながらの作業が必要です。

波の方はといいますと、今日もビギナーには練習しやすいコンディションです。

はじめのうちはロングや浮力のある厚めや長めのボードでテイクオフの感覚を掴むところからなので、今日のようなスモールコンディションのときには練習たくさんできると思います。

今後の気圧配置と波: 週末は梅雨前線が北上してきそう

午後9時の予想天気図 FSAS24

前線上の低気圧は東海上を北東方向へ進んでいきます。

梅雨前線は今夜はまだ陸地からかなり離れた位置に停滞。

夕方にかけても物足りないサイズのコンディションが続きそうです。

千葉と湘南エリアは昼頃には潮が引いてくるので、その前後の潮が動く時間帯を狙って入ればすこしは出来るかもしれません。

明日午後9時の予想天気図 FSAS48

明日の夜には九州南部にまで梅雨前線が北上してきそう。

千葉と湘南エリアは、明日もサイズに大きな変化はなさそうで、基本的には物足りないコンディションが続きそうです。

ただ東海上を北東に進む低気圧からの反応がすこしあって若干のサイズ変化が見られるかもしれないです。

今日と同じくらいで、出来るポイントでは腿腰サイズ、午後はポイントによっては腰腹くらいなところが出てくるかもといった感じでしょうか。

また、そのあと週末にかけては梅雨前線上に低気圧が発生して本州の南海上を東進していく予報がでてます。

この週末は、低気圧からの南から南西うねりが西日本の太平洋側から反応してきそう。

千葉や湘南は土曜の後半から日曜にかけての反応になるかもなので、週末にかけてこの低気圧と梅雨前線の位置とコースは要チェックです。

過去の同じ日の気圧配置と波情報

OnThisDay(2017/06/20)

6/20 3:00 ASAS 21:00 FSAS24日本の東の海上へ抜けた低気圧からのウネリが今朝も各地にヒットしている。一方、東シナ海には梅雨前線が停滞しており明日にかけて低気圧が発生し東進する見込み。太平洋高気圧が梅雨前線を押し[…]

IMG

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

最新情報をチェックしよう!