【2019.6.19】昨夜新潟県で震度6強の地震、少しの雨でも土砂災害に警戒必要

  • 2019年6月19日
  • 2019年6月19日
  • 2019
毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/


気圧配置&天気と波情報 : 太平洋側は弱い南東うねり

午前3時の実況天気図 ASAS

今日の記事タイトルには昨夜の地震についてのタイトルとしました。

この地震により昨夜10時半くらいには新潟県を中心とした日本海側に津波注意報が発令され1mの津波が到達するとの注意報が深夜遅くまで続きました。

twitterには何度かこの地震と津波に関しての注意喚起的な投稿をしましたが、津波の1mは普段我々サーファーが乗る波とはまったく性質が異なるものなので、ナメてかかると大変なことになります。

通常の波では、例えば1mの波の山とそれよりずっと低い谷が繰り返しやってきて沿岸部にて砕破となりますが、
津波の場合は、1m級の山脈がずーっと押し寄せる感じ。

この例えがいいのかどうかわかりませんが、とにかく1mの津波がきたら大人の男性でも身動きとれずに流されてしまいます。
おそらく30cmの津波でも身動きがとれなくなるでしょう。

津波注意報や警報が出たら、とにかく高い場所に上がることです。

沿岸部から離れることよりも、近くの高い場所へ移動することを優先した方が良いです。

まわりに高い建物などがなければ、ひたすら沿岸部から遠ざかることです。

また、今日は北陸地方も雨が降りやすい天候となるのが気になります。

地震により地盤がかなり緩んでいるので、少しの雨でも土砂災害の危険が高まります。
今日も警戒が必要なので、早めに避難所にいくなどの行動をするなどして身を守るようにお願いします。

天気図的にはあまり昨日とかわりないような気圧配置で、太平洋側は弱い南東ベースのうねりが反応しているくらいの物足りないコンディション。

日本海側は昨日は各地でかなり炸裂していていい波のtwitter情報がたくさんありましたが、今朝は早くもサイズダウンですね。

昨日のコンディション

気圧配置&天気と波情報 : 大潮まわりをうまく使いたい午前3時の実況天気図 ASAS先週末に強い南風をもたらした低気圧はオホーツク海付近まで移動し、北日本の天候も今日は回復。今日は広く移動性の高気圧におおわれる見込み[…]

千葉・湘南 風、波、潮の状況と今日の注意事項

気象庁 アメダス

https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

今朝の千葉エリアは朝一は弱いオフショアベースの風。

九十九里から一宮周辺、千葉南エリアにかけて全般的に腿腰くらいのサイズで、物足りないコンディションからのスタートです。

今日も南から南西の風が入りそうなので風のあう一宮周辺や千倉千歳あたりのポイントで潮の大きく動くミドルタイドの時間帯に入るのが良さそうです。

南ベースの風なので少し足をのばして鹿嶋から波崎エリアに向かうのも良いかと。

湘南は今朝もスモールコンディションが続いています。

潮が引いている日中時間帯にロングで入るのが良さそうかと。
夕方になると今日も140cmちかくまで潮が上げてきますので更に割れにくくなりそうです。

千葉エリア:今日のこよみと潮まわり(勝浦)

2019/06/19
日の出:04:24 / 日の入:18:59
大潮
満潮:04時35分(145cm) / 18時47分(136cm)
干潮:11時41分(3cm) / 23時52分(86cm)

湘南エリア:今日のこよみと潮まわり(江の島)

2019/06/19
日の出:04:26 / 日の入:19:00
大潮
満潮:04時46分(153cm) / 19時02分(147cm)
干潮:12時03分(9cm) / 時分(0cm)

今日の注意事項は、、、

今日も千葉エリアはサイズは小さめなポイントが多くビギナーの方には練習日和です。

繰り返しになりますが、新潟から山形などはここ1週間くらいはまた大きな地震がある可能性があります。

フラットな状態が少し続きそうなので海に入る方はいないと思いますが、しばらくは注意が必要です。

また少しの雨でも土砂災害の危険がありますので、こちらも合わせて警戒が必要となります。

今後の気圧配置と波: 低気圧が通過するも大きな変化はなさそう

午後9時の予想天気図 FSAS24

引き続き南よりの風が入りやすい気圧配置で、大きなサイズの変化はなさそうです。

潮が上げるタイミングに風の合うポイントにて入るのが良さそうです。

また今夜には、梅雨前線上の低気圧が四国の南海上あたりまで東進してきます。

ただ小ぶりな低気圧でありあまり期待は出来ない低気圧です。

西日本の南に開いたポイントでは明日にかけて少しサイズに変化があるかどうかといったところになるでしょう。

明日午後9時の予想天気図 FSAS48

前線上の低気圧は明日の朝には関東の東海上まで到達しますが、これによる大きなサイズアップは期待できなそうです。

ただ夕方には遅れて南からうねりが少し反応してショートでも遊べるくらいに、なってくるかもしれないですが、あまり期待しないでおいた方が良いでしょう。

今日のツイッター波情報

https://t.co/67ZXur5tWb

https://twitter.com/ymax2/status/1141083088442679296

https://twitter.com/nano3636/status/1141082077095321600

https://twitter.com/rvision62/status/1141087307694350336

過去の同じ日の気圧配置と波情報

OnThisDay(2017/06/19)

6/19 3:00 ASAS 21:00 FSAS24梅雨前線上の低気圧が南海上を東進して午前3時には千葉の東の海上に位置しており、やや発達してきている。昨日の夕方の時点ではまだこの低気圧からのウネリの反応は弱かったが今朝の太平洋側は[…]

IMG

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!