【2019.6.27】熱帯低気圧は台風になって太平洋沿岸を東進予報、西日本は大雨に警戒

毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/
facebook:https://www.facebook.com/asasfsas24/

気圧配置&天気と波情報 : 西日本はこれからサイズアップ

午前3時の実況天気図 ASAS

この記事を書いている午前6時時点では、南西諸島付近を北へ進んでいる熱帯低気圧は台風には昇格していない状況です。

予報ではこれから台風になって九州と四国の南海上を北東へ進み、潮岬を指向するコース。昨夜の時点では紀伊水道から淡路島を指向するコースでしたが、幾分南を通るコースにシフトしてきています。

九州や四国では台風接近前から雨が降っており、これから西日本の太平洋側を中心に大雨や落雷と突風などにも警戒が必要になってきます。

台風情報は常に最新のものを確認ください
気象庁台風情報

http://www.jma.go.jp/jp/typh/

この台風によりこれから西日本の太平洋側から南うねりが反応してきそうです。

九州や四国にはすこし反応が出始めているような状況、昼前までには和歌山の南部でも反応してきそうです。

台風が近いため、南から南東の風が沿岸部でも強まってきそうですが、九州や四国からすこし離れたコースを通過するような予報に変わってきているので、風の向きは当初予報より変わってくる可能性があります。

昨日のコンディション

気圧配置&天気と波情報 : 千葉と湘南は物足りないコンディション午前3時の実況天気図 ASAS梅雨前線が南の海上に停滞しています。東日本と北日本は前線の北側にある高気圧に覆われて晴れています。またここ数日は特に注目しなけ[…]

千葉・湘南 風、波、潮の状況と今日の注意事項

気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

今朝の千葉エリアは南西の風がやや強めに吹いています。

千葉エリアにはまだ今日のうちは熱帯低気圧や台風の影響はなく、昨日と同じくらいの物足りないサイズ感での膝腿コンディションが続きそうです。

また東海上にある太平洋高気圧の縁辺をまわる南西の風が午後にかけて強まってくる見込み。

千葉北では一宮周辺などオフショアになりますが波はさらにおさえられてスモールコンディションが続きそう。

千葉南エリアでは南西の風波によって平砂浦などでは夕方には少しサイズアップしてきそうですが、まとまりない波でよくはないでしょう。

湘南もスモールコンディションが続いており、これから千葉と同じく南西の風が強めに入ってきそうです。

この風により夕方にはサイズアップがすこしありそうですが、平砂浦と同様にまとまりのない波となってコンディション的には期待はできなそうです。

千葉エリア:今日のこよみと潮まわり(勝浦)

2019/06/27
日の出:04:26 / 日の入:19:00
長潮
満潮:12時14分(100cm) / 時分(0cm)
干潮:06時20分(64cm) / 17時38分(73cm)

湘南エリア:今日のこよみと潮まわり(江の島)

2019/06/27
日の出:04:28 / 日の入:19:02
長潮
満潮:12時44分(106cm) / 時分(0cm)
干潮:06時49分(68cm) / 17時59分(81cm)

今日の注意事項は、、、

西日本の太平洋側ではこれから急にサイズアップして雨風が強まってきそうです。

いまはまだサーフィンできているポイントでも、一気にクローズアウトになってくるかもしれませんので、ビギナーの方のみならず十分注意が必要です。

またこれから大雨には特に警戒が必要で、南から南東斜面のエリアでは土砂災害につながるような雨の降り方にもなってきそうです。

最新の気象情報を確認ください。

今後の気圧配置と波: 台風は東進しながら温帯低気圧へ

午後9時の予想天気図 FSAS24

こちらは昨夜午後9時を起算とした予報なので台風は紀伊水道を指向していますが、今朝の予報ではこれよりも南のコースを通過していきそうです。

明日の早朝には関東地方にも強い雨のエリアがかかってきそうで、雨風ともに影響が出てきます。

千葉と湘南は今日の夕方までのサイズアップはあまりなさそうですが、明日の朝には大きく南から南西うねりが反応してそう。

風向きはこれからの台風のコースにもよりますが、沿岸部を東進するのであれば南ベースの風の影響をもろに受けてしまいますが、沿岸から離れたコースとなれば風の影響は少なくなりコンディション良くなる可能性もあるかと思います。

明日午後9時の予想天気図 FSAS48

明日の夜には温帯低気圧として東海上まで到達する見込み。

通過した元台風からの南うねりが残り風の合うポイントではコンディションが上向いてくる可能性があります。

今日のツイッター波情報

今日の記事

今朝のtwitter波情報まとめtwitterに投稿された全国の波情報をピックアップしてまとめています。主に動画や画像で波のコンディションがわかる投稿をピックアップしています。[sitecard subtitle=今日の記事 url=[…]

過去の同じ日の気圧配置と波情報

OnThisDay(2017/06/27)

6/27 3:00 ASAS梅雨前線が昨日とほぼ同じ位置に停滞。今朝も九州南部から屋久島などにかけて前線の影響で大雨になっている。関東は朝のうちは雨だがその後は曇り。今朝の千葉エリアは弱い北西の風。昨日飯岡で反応していた南のウネリ[…]

IMG
あわせて読みたい

サーファーが知っておきたい台風に関する知識シリーズ4回目です。前回までの記事をざっとおさらいしておきますと1回目はそもそもの台風の定義のところから、台風の強さや大きさのカテゴリについて記載していますhttps://asasfsa[…]

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!