西うねりはサイズダウン傾向も午前中に一時的に持ち直す時間帯があるかも⁈【2021.1.31】

昨日十分楽しめた西うねりはサイズダウン傾向ですね

はるべえ

おはようございます。
はるべえ@サーフィン大好きな気象予報士です。

1月31日 日曜日の天気図と波情報/波予想を本日も更新していきます。

昨日は湘南と千葉南エリアでは西うねりが反応して、ポイント選べば十分遊べるファンウェイブが続きました。

毎日の記事のアイキャッチ画像はその日に撮った写真を使って作っているのですが、昨日撮影した写真はちょっと気にいったので今日は昨日の写真を使ってます。

程よいサイズの波でなかなか良かったので、私も昨日は久しぶりに3時間ちょっと海に入っていたのですが、、、それもあって今日はちょっと体が重いです・・・

そんな西うねりが今日はサイズダウン傾向なんですけど、午前中にちょっとだけ持ち直す時間帯があるかも⁈っていうデータも出てます。

なんですけど、ベースはサイズダウン傾向なので午後はまたダウン傾向となりそうですが、潮回りも考慮していい時間帯に入って日曜日も楽しみたいですね。

 

参考)昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の天気図と波情報

朝から西うねりで十分遊べる波が入ってきてますね!はるべえおはようございます。はるべえ@サーフィン大好きな気象予報士です。1月30日土曜日の天気図と波情報/波予想を本日も更新していきます。昨日から日[…]

このブログでは、日々の気圧配置の推移と千葉と湘南エリアの波のコンディションについての記事を毎日更新
~約4年分の毎日の天気図と波の状況を記載しています。

今日の気圧配置/潮回りと波情報

午前3時の実況天気図 ASAS

実況天気図

北海道を通過して北東へと進んでいた低気圧は、カムチャッカ半島付近まで移動し引き続き中心気圧は台風並みの勢力を維持しながら、アリューシャン列島付近へと更に発達しながら北東方向へと進んでいます。

この低気圧は縦長の楕円形のような形で等圧線が形成されており、同じアリューシャン低気圧でもこんな形の低気圧だと、アリューシャンからの北東うねりは入りにくいことが多いです。

今年の冬は西うねりはよく反応してきていますが、アリューシャンからの北東うねりがしっかりと反応したのは1回だけ??のような・・・。

参考記事)【冬の波】いい波のパターン~アリューシャンからの北東うねり~

関連記事

気圧配置と天気図パターンによる波のコンディション久しぶりにこのカテゴリの記事を書いていきます。前回のこのカテゴリでは、「高気圧からの吹き出し」による波のコンディションについて記載しました。[sitecard subtitle[…]

上記の低気圧の影響が残り、北日本ではまだ冬型が続いていますが、今日は西から高気圧が張り出してきて東日本から西日本は等圧線の間隔はだいぶ広くなってきています。

御前崎灯台の風は昨夜20時頃からは風速も10m/sを下回る時間が続くようになり、一時的に10m/sを越える時間帯はあったもののまた風は弱くなってきている状況です。

御前崎灯台の風

海の安全情報から引用:https://www6.kaiho.mlit.go.jp/03kanku/shimizu/omaesaki_lt/kisyou/index.html

今朝はこの西風が弱まってきたことにより、昨日いい感じで反応していた湘南や千葉南エリアの西うねりはサイズダウン傾向に。

伊豆大島灯台の風も午前8時前から西→北へと変わってきているので、これから更にサイズは下がってきそうです。

 

ただ後ほど記載する石廊崎の波浪観測データが少し反応持ち直しているので、午前中は少し反応良くなる時間帯があるかも⁈

でもその反応は一時的なものにもなりそうなので、午後はまたゆっくりサイズダウンとなってくるのではないかと思います。

 

千葉エリアははるか東海上にある高気圧からの東ベースのうねりの反応が少しあり、西うねりの残りもあって少しサイズはありますけど、朝は潮が多い時間帯ということもあり割れにくい厚めの波が中心です。

西うねりについてはこちらで詳しく解説しています

東海沖からの西うねり~真冬の湘南に打ち寄せるミドルサイズのいい波の仕組み~

関連記事

季節毎の特徴的な気圧配置のときに、どのような風と波のコンディションになるのでしょうか?このブログでは、こちらのカテゴリにて、様々な気圧配置と天気図パターンによる波のコンディションについて解説してきています[…]

東海沖からの西うねり

今朝の実況データ

衛星画像

北日本は引き続き日本海側を中心に吹雪いているところもありそうですが、次第におさまってきそうです。

東日本から西日本は晴れて昨日よりも暖かく感じられそうですね

衛星画像

アメダス気温

今朝は放射冷却も効いて沿岸部でも気温は0度に近いところが多くなっています。

アメダス気温

アメダス風向風速

北寄りの風が朝は吹いてました。

アメダス風向

石廊崎の波浪観測データ

昨日の後半から波高は1mあるかどうかで推移してきておりダウントレンドでしたけど、今朝はまた少し波高上がってますね??

今朝の午前4時~6時くらいに御前崎で観測された強い風の影響が出ているのでしょうか?

一時的にこの波が反応してくる時間帯もあるかもしれませんが、御前崎灯台の風は弱くなってきていることもありダウン傾向は変わらずかと思います。

石廊崎の波浪観測データ

その他の実況データはこちらをご覧ください

Windy.com:https://www.windy.com/

◆Wind

◆Waves

◆Swell1

☀️気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

☔️気象庁 レーダーナウキャスト
https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

🌊気象庁 波浪実況・予想図
https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

🌀気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

今日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2021/01/31
日の出:06:38 / 日の入:17:06
中潮
満潮:06:51(136cm) / 17:52(144cm)
干潮:00:05(-9cm) / 12:15(66cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2021/01/31
日の出:06:42 / 日の入:17:08
中潮
満潮:07:10(142cm) / 18:06(145cm)
干潮:00:26(-9cm) / 12:37(71cm)

週末サーファーがいい波に乗るためのKindle電子書籍

こちらのページではるべえのKindle本を紹介しています!
https://amzn.to/35BqIrQ
はるべえの電子書籍

今朝の波のコンディション(千葉・湘南エリア)

今日のポイント

はるべえ
  • 東海沖からの西うねりはダウン傾向、午前中は一時的に少し反応よくなる時間帯があるかも
  • 千葉は西うねりの残りとはるか東海上の高気圧からの東うねり
  • 千葉南の午前中は腰腹サイズはあって多少は遊べる波、千葉北は腿腰くらいでちょっと物足りない
  • 湘南も昨日よりサイズダウン、干潮に向けての午前中の引きの時間帯に入っておくのがいいかも

千葉エリア

今朝の千葉エリアは北寄りの風

 

今朝の鴨川マルキポイントは北西からのオフショア、朝一は面が少しユラユラした感じもしていましたけど、オフショアで波はまとまってきています。

昨日は腹胸からたまに肩くらいのサイズまであって、十分遊べるファンウェイブでしたけど、今朝は西うねりは昨日よりサイズダウン。

朝は潮が多い時間帯で割れにくいのですが、腰腹サイズくらいは残っているのでこれから潮が引いてきたらもう少し遊べるようになりそうです。

 

白渚ポイントもセットで腰腹くらい。千歳ポイントも腰腹サイズは残っているようですけど潮が多くてインサイドよりのブレイク。

風はこのまま大きく影響はしなそうなので昼12時の干潮時刻の前後のミドルタイドの時間帯に合わせて入ると、比較的遊べる波がありそうです。

千葉北エリアは東からのうねりに弱く反応している状態が続いています。

東ベースのうねりに敏感に反応する一宮周辺でも、今朝は物足りないサイズにもなってきて腿腰くらいな感じのブレイクのようです。

冬型になって西うねりが湘南や千葉南エリアに反応しているときは千葉北は東うねりが抑えられて弱くなることが多く、今日もそんなパターンですね。

そんなときにアリューシャンからの北東うねりが入ってくればいいんですけど、今年は北東うねりが少ないです。

 

湘南エリア

昨日は程よいサイズで遊べていた湘南エリアですが、今朝は西うねりはサイズダウン傾向。

ちょっと物足りない朝一からのスタートとなって、サイズは鵠沼で腿たまに腰くらいな感じのようですね。

ただちょっと気になるのが、先ほど記載した御前崎灯台の風が早朝に一時的に強く吹いたことと、石廊崎の波浪観測データが少しアップしていること。

これの反応が一時的に湘南や千葉南にもあるかもしれなくて、午前中は少しサイズがアップする時間帯があるかも⁈

でもおそらく午後にはまたサイズダウンしてしまうでしょう。

※YouTubeにも波チェック動画や雲の流れタイムラプス映像などをアップしています。
こちらは過去動画の中から紹介しています

ちょうど1年前の映像です

https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ

よろしければご覧ください&チャンネル登録をお願いします!

今後の気圧配置と風と波

今夜9時の予想天気図 FSAS24

予想気圧配置24時間

今夜にかけては、北日本の冬型も解消されつつあり日本付近は広く北から高気圧に覆われてきます。

風は概ね北寄りの風で、高気圧に覆われてくると北東の風が入りやすくもなってきますが、それほど影響は強くはないでしょう。

西うねりは一時的に反応が持ち直す時間帯があるかもしれませんが、午後にはまたサイズダウン傾向となってきそう。

午前中の昼までに入っておくのが良さそうですけど、これから海へ向かうなら潮が動く午後1時~2時あたりまでには入っておいたほうが比較的いい時間帯だと思います。

千葉南は腰腹サイズは続きそうなので、昼を挟んだミドルタイドの時間に入るのがよいでしょう。

湘南は午後はサイズがまた下がってきてしまいそうなので、ロングや厚めの板を持参したほうが楽しめそうですね。

 

明日夜9時の予想天気図 FSAS48

予想気圧配置48時間

明日は午前中には高気圧は東海上へと中心を移し、日本海には新たに前線を伴った低気圧が発生する予想気圧配置です。

朝のうちはまた北からの風が吹いているかもしれないですけど、明日は午後からは東海上の高気圧からこの低気圧へと吹き込む南西の風が強まってくるでしょう。

夕方にはそこそこ強めの南西ベースの風となっているかもしれません。

次第に高気圧の移動に伴い南東からの風波が入ってきそうなのと、午後には南西の風波も反応してきそうです。

 

朝はまた北寄りの風が吹いているので、南向きポイントではちょっと物足りないかもしれないですけど、朝のうちに入っておくのが良さそうです。

昼前くらいから南西の風が入ってくるので、午後に海に入るなら南西の風をかわす一宮周辺や千歳・千倉が風をかわしますけど、サイズ的には物足りないコンディションが続いてしまうかもしれませんね。

午後は茨城の鹿嶋もポイントセレクトの視野に入れておくと良いかもしれません。

 

明日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2021/02/01
日の出:06:37 / 日の入:17:07
中潮
満潮:07:20(135cm) / 18:37(138cm)
干潮:00:40(-1cm) / 12:54(59cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2021/02/01
日の出:06:41 / 日の入:17:09
中潮
満潮:07:38(140cm) / 18:51(139cm)
干潮:01:01(-2cm) / 13:16(64cm)


過去の気圧配置と波情報

今日と同じ日の気圧配置と波情報 過去3~4年分の記事です。

ほぼ毎日記事を書いてきてますが、1日に複数記事を書いた日などは上手く表示されない場合もあったり、記事が一部ない期間もあります。

OnThisDay-2017.01.31

1/31 3:00昨日夕方から夜にかけて寒冷前線が通過、昨日の日中は南よりの風により気温は20℃近くまで昇温したが寒冷前線通過後は強めの北風にシフトし一気に季節は逆戻りした感じに今朝の千葉エリア、昨夕からの北から北西の風により前日の南よ[…]

IMG
OnThisDay-2018.01.31

1/31 3:00 ASAS日本付近は冬型の気圧配置が緩んできており、オホーツク海とはるか東の海上には低気圧がある。今夜には九州の南に南岸低気圧が発生し明日夜から明後日早朝にかけては関東の南の海上を東進する見込み。[…]

IMG
OnThisDay-2019.01.31

毎日の天気図と波情報1/31(木) 3:00 地上天気図と波情報北日本は寒冷前線が通過中で等圧線の間隔が狭くなってきています。南の海上には前線を伴った低気圧が東シナ海からのびていて、今夜には低気圧の中心が八丈島付[…]

OnThisDay-2020.01.31

気圧配置&天気と波情報 :午前3時の実況天気図 ASAS低気圧はゆっくりと北東へと進み千島近海へと移動しています。この低気圧は今後も東から北東方向へと進み日本付近は冬型の気圧配置へと移行していく見込み。今朝は北西の風の[…]

今日の記事は以上です。

こちらの記事がもし参考になったり気にいってもらえたら、ぜひコメントを残してもらえると嬉しいです。

またTwitter/Instagram/Facebook/Youtubeでも発信してますので、いいねやコメントもお願いします!


こちらの記事も合わせてご覧ください!

潮回りに合わせて海に入る

なぜ潮回りを知っておく必要があるのか?週末サーファーがいい波に乗るために。いままでの記事では、主に風と波に関する内容を記載してきました。ですが、いい波に乗るためには気象のことだけでなく、潮汐に関してもいろ[…]

潮回りを見る男性サーファーの画像
エリア毎の特徴:伊勢~宮崎

ポイント毎に異なるうねりの反応前回の記事ではサーフエリア毎の特徴とうねりの反応について、千葉を起点にして伊良湖までのエリアについて記載しました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfs[…]

エリア毎の特徴とうねりの向き(伊勢~和歌山~四国~宮崎)
西うねりサイズダウン傾向
最新情報をチェックしよう!