西うねりは反応鈍く今朝も物足りない波・・・今日も夕方狙いが良さそう【2021.2.8】

昨夜から東海沖の西風は強くならなかったですね・・・

はるべえ

おはようございます。
はるべえ@サーフィン大好きな気象予報士です。

2月8日月曜日の天気図と波情報/波予想を本日も更新していきます。

昨日の夕方の湘南は西うねりで少しサイズアップしてきて遊べる波があったようですけど、昨夜から東海沖の西風が予想よりも弱くなったようで今朝は西うねりの反応が鈍い感じからのスタートです。

今日は冬型の気圧配置は継続しそうなので、これからもう少し東海沖の西風が強まってくるのではないかと思います。

最近は午前中は潮が全然動かないので、、、今日も夕方の潮が引いてくる時間帯狙いが良さそうです。

参考)昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の天気図と波情報

今朝は久しぶりにどこいっても波ないですね・・・はるべえおはようございます。はるべえ@サーフィン大好きな気象予報士です。2月7日日曜日の天気図と波情報/波予想を本日も更新していきます。昨日も物足りな[…]

全域で波のない一日
このブログでは、日々の気圧配置の推移と千葉と湘南エリアの波のコンディションについての記事を毎日更新
~約4年分の毎日の天気図と波の状況を記載しています。

今日の気圧配置と波情報

午前3時の実況天気図 ASAS

実況天気図

今朝は西高東低の冬型の気圧配置。

大寒を過ぎてからはしばらく低気圧が通過することが多く、低気圧通過後も冬型が続くという感じではなくなってきて暖かい日が続きました。

この週末も暖かい陽気が続き、土日ともに厚手のジャケットを着ていると暑いくらいな陽気。

ですが今朝は冬型の気圧配置となって昨日とは一転、冬らしい寒さが戻ってきています。

 

冬型の気圧配置となり日本海には寒気を伴った筋状の雲が敷き詰められてきました。

大陸から筋状の雲が発生するまでの離岸距離も結構短いですね。北陸や北日本では再び大雪にも警戒が必要なくらいとなりそうです。
衛星画像

 

今朝の千葉と湘南の沿岸部は5度以下のところが多くなってきていますね。でも強い寒気がおりてきて氷点下となるまではなっていません。

アメダス気温

 

今朝の風向は沿岸部でも強く吹いてないです。

アメダス風向

 

昨日の午後は東海沖の強い西風によって西うねりが反応よくなって湘南でも夕方まで少しサイズアップした波で遊べていたようですが、昨日のよるからはまた少し反応が鈍くなってきているようです。

御前崎灯台の風も昨夜からは10m/sを下回る風速の時間帯も多くなり、西うねりが少し弱くなってきているようです。

石廊崎の波浪観測データ

昨日の時点の予想では昨夜から東海沖の西風が強まる予想でしたけど、今朝にかけてはトーンダウンしてきています。

なので今朝はもう少し西うねりが反応しているかと思ったんですけど、かなり弱く反応しているのみでスモールサイズからのスタートとなってしまいました。

今朝の朝一を期待していたのですが・・・🙇

 

今日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2021/02/08
日の出:06:32 / 日の入:17:14
若潮
満潮:03:38(115cm) / 12:45(123cm)
干潮:07:43(102cm) / 20:43(10cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2021/02/08
日の出:06:35 / 日の入:17:17
若潮
満潮:04:01(119cm) / 12:57(121cm)
干潮:08:22(104cm) / 21:06(13cm)

週末サーファーがいい波に乗るためのKindle電子書籍

こちらのページではるべえのKindle本を紹介しています!
https://amzn.to/35BqIrQ
はるべえの電子書籍

今朝の波のコンディション(千葉・湘南エリア)

はるべえ
  • 西高東低の冬型の気圧配置になるも東海沖の西風は昨夜から強まらず
  • 湘南と千葉は今朝もスモールサイズでかなり物足りないブレイク
  • 西うねりは弱めながらも何とか続いて強弱ありながらロングや厚めの板ではできそうか

千葉エリア

今朝の鴨川マルキポイントはほぼ無風。

西うねりの反応は弱いんですけど、うねりは腰くらいのセットは入ってきています。

なんですけどここ最近は潮回りが午前中はベターっと潮が多い状態が続いているんですよね・・・

午前中の干潮は8時前にむかえますけど潮位は102㎝とあまり潮は引いてこない感じです。

なので今朝も朝一は潮が多く、ほとんどブレイクしなくてインサイドのショアブレイクのみ。

潮が引いてくればもう少しブレイクするくらいのセットは入ってきているので、今日も夕方のほうが良さそうです。

 

白渚ポイントも物足りないブレイクながらも、潮の影響はマルキよりも受けにくくてブレイクはセットで腰くらいの波は割れています。

潮が多いこともあり力のないブレイクで不完全燃焼となりそうな波が多いですね。。。

 

西うねりに反応しやすい平砂浦のほうが少しサイズあるかもしれませんけど、まあ同じくらいなサイズくらいでしょうか。

あんまり期待はできませんけど、これからもう少し西うねりの反応は良くなってくるかも

 

千葉北エリアも弱いうねりでスモールサイズが続いています。

一宮周辺でも膝腿くらいのかなり小さい波。九十九里エリアもサイズあるところで膝腿くらいでショートには厳しいコンディションですね。

 

湘南エリア

昨日の夕方は少し西うねりの反応がでてきてちょっとサイズアップ、少し遊べる波が入ってきていたようですけど、今朝はまたダウンしてのスタートです。

今朝も御前崎灯台の風は10m/sあるかどうかといった微妙なところでウロついており、湘南への西うねりの反応も微妙なところ。

予想ではこれから東海沖の西風がまた強くなってきそうなので、今日はもう少しサイズに反応でてくるところを期待したいところです。

※YouTubeにも波チェック動画や雲の流れタイムラプス映像などをアップしています。
こちらは過去動画の中から紹介しています

昨年2020年2月8日の波の様子です。去年も波はなかったんですね。

https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ

よろしければご覧ください&チャンネル登録をお願いします!

今後の気圧配置と風と波

今夜9時の予想天気図 FSAS24

予想気圧配置24時間

今日は千葉南エリアでは午後から、湘南は夕方になって西うねりの反応が良くなってきましたけど、千葉エリアの午後は北東~東の風が強まってきました。

鴨川マルキポイントでも午後は腰腹くらいまでのセットがブレイクするようになってきましたけど、だいぶ地形が深くなってしまいましたね・・・

湘南はなかなか西うねりの反応がなかったんですけど、SNSや鵠沼のライブ画像などを見ていると夕方になってやっと少し反応してきたような感じでした。

御前崎灯台の風は午前中はそんなに強くはなかったんですけど、午後は15m/s以上の西風が吹いてきましたが、東京湾の三浦や洲崎では北東の風が10m/s近く吹いている時間帯も長くなって、今回の西うねりの反応は鈍くなったのではないかと思われます。

こちらは19時ころの御前崎~千葉南部あたりまでの風の様子です。

ちょうど伊豆大島と平砂浦あたりで風が収束していたのではないかと思います。

西うねりが弱まる北東の風

海の安全情報から一部引用:https://www6.kaiho.mlit.go.jp/micsgis/sp/map.html#zoom=9&lat=35.060445&lon=138.925466

 

あんまり波とは関係ないですけど、ちょうど風がぶつかっているあたりには衛星画像では雲が出来ているのがわかりますね。

こういうところがちょっと気になるので掲載しておきます。

西うねりが弱まる北東の風_衛星画像

気象庁HPより一部加工して引用:https://www.jma.go.jp/jp/gms/smallc.html?area=0&element=0&time=202102082040

 

明日夜9時の予想天気図 FSAS48

予想気圧配置24時間

こちらは明日朝9時の予想気圧配置です。

夜にブログを更新すると翌朝の予想気圧配置がアップされているのでこれをベースに記事を加筆していくことができます。

明日は西から高気圧が張り出してきて徐々に冬型は緩んできますけど、北日本は強い冬型の気圧配置が続きます。

 

今日の午後に強まっていた御前崎灯台の西風も明日にかけては北西方向へと向きを北よりに変えて徐々に弱くなってくる見込みです。

今夜のうちに吹いた強い西風で西うねりはつくられますが、先ほど記載した東京湾の北東の風も明日の朝までそこそこ強い状態で続きそう。

なので明日の朝も西うねりは反応が鈍い状態で物足りないサイズ感でのスタートとなってしまいそうです。

千葉南のほうが西からの波は残りやすそうなので、少しでもサイズのある波でという方は千葉南エリアへ向かったほうがよいかと思います。

ただ午前中は潮が多いので、マルキや千歳などはブレイクしにくい時間帯となります。

今朝見た感じだと、和田浦と白渚が潮が多くても割れやすい感じにはなってましたね。和田浦はしばらく地形が深くて全然割れてなかったのですが、ここ最近はだいぶ砂が付いてきたのか割れやすくなったように見えました。

おそらく小向ダムの雨量を回復させてくれた雨が続いた期間に砂が動いたのではないかとおもいますが、一方で鴨川マルキは手前の砂が持ってかれてしまい深くなってしまいました。

砂が付くところもあればなくなるところもあり、どうなったらどうなるのかはわからないんですけど・・・

はるべえ
やっぱり自然の力は凄いですね。

 

この日の和田浦の美しい光景です。

明日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2021/02/09
日の出:06:31 / 日の入:17:15
中潮
満潮:04:18(123cm) / 14:03(128cm)
干潮:09:04(96cm) / 21:34(1cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2021/02/09
日の出:06:34 / 日の入:17:18
中潮
満潮:04:40(128cm) / 14:19(127cm)
干潮:09:31(98cm) / 21:57(3cm)

今朝の実況データ

Windy.com Wind/Waves/Swell

Windy.com:https://www.windy.com/

◆Wind

◆Waves

◆Swell1

気象庁各種データへのリンク

☀️気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

☔️気象庁 レーダーナウキャスト
https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

🌊気象庁 波浪実況・予想図
https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

🌀気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

過去の気圧配置と波情報

今日と同じ日の気圧配置と波情報 過去3~4年分の記事です。

ほぼ毎日記事を書いてきてますが、1日に複数記事を書いた日などは上手く表示されない場合もあったり、記事が一部ない期間もあります。

OnThisDay-2017.02.08

2/8 3:00冬型の気圧配置が続く昨日の関東地方は北寄りの風が強く吹き続きとても寒い日に、今日は次第に西から冬型は緩んでくるが午前中まで風が強めに吹くところが多くなりそう東海上に抜けた低気圧が960hPaまで発達、この低気圧からのウ[…]

IMG
OnThisDay-2018.02.08

2/8 3:00 ASAS日本付近の等圧線は徐々に広がってきており今夜は西から高気圧に覆われてくる見込み。一方千島の東からアリューシャンにかけての低気圧は、一昨日から日本付近へのうねりが入りにくい気圧配置となっている。また御前崎沖合の西[…]

IMG
OnThisDay-2019.02.08

毎日の天気図と波情報2/8 (金) 3:00 地上天気図と波の概況おはようございます。昨日日本海にある前線にむけて南西の風が強く吹きましたが、その前線が南下し今朝は南海上まで抜けました。前線の南側は暖域と[…]

OnThisDay-2020.02.08

気圧配置&天気と波情報 :午前3時の実況天気図 ASAS日本付近は複数の低気圧に囲まれるような気圧配置、北日本を通過した低気圧は北海道の南の海上に中心があり、また本州の南海上にも別の低気圧が前線を伴いながら東進しています。[…]

今日の記事は以上です。

Twitter/Instagram/Facebook/Youtubeでも発信しています!


こちらの記事も合わせてご覧ください!

高気圧からの吹き出し

高気圧からの吹き出しサーファーは海に行く前に必ず波の状況がどうなのかを確認します。今のこの時代は波情報やSNSが発達していて、海にいかなくても波のコンディションやブレイクの様子が写真や動画で見れるようになりましたが、波予想の基本は天[…]

エリア毎の特徴:鳥取~福井

ポイント毎に異なるうねりの反応[caption id="attachment_6294" align="alignnone" width="1600"] 島根:稲佐の浜[/caption]前回は日本海エリアの波のあがるコンディシ[…]

エリア毎の特徴とうねりの向き(鳥取〜福井)
防寒アイテム

1枚持っているとかなり使えるサーフィン用インナー秋が深まってくると水温は気温に遅れて徐々に冷たくなってきます。今年2018年は例年よりもかなり水温は暖かく、千葉エリアは12月に入ってもまだセミドライは不要な状況が続いています。[…]

冬のサーフィン準備と行動

冬の海へ行く時に注意したいこと前回は冬のサーフィンを快適に楽しむための防寒対策アイテムについて記載しました。冬のサーフィンで気をつけること~防寒対策アイテム編[sitecard subtitle=関連記事 url=https[…]

冬のサーフィン
波のあるエリアに行く

天気図を見て波のあるエリアを知る[caption id="attachment_4098" align="alignleft" width="1024"] 和歌山 某ポイント[/caption]サーフィンは波に乗るのが目的なので[…]

いい波にのるためにアイキャッチ

【新刊のご紹介】
サーファーが知っておきたい台風の知識

台風スウェルをあてるための台風の知識と経験則、
台風による災害への備えについて
サーファー目線でまとめました

週末サーファーのための波乗り気象学(前編/中編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。Kindle本の紹介画像
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

夕方狙い
最新情報をチェックしよう!