西うねり反応鈍く物足りない波~週後半は北東うねりが期待できるかも⁈【2021.2.9】

今日も波は期待できないですけど・・・週後半はサイズアップが期待できるかも⁈

はるべえ

おはようございます。
はるべえ@サーフィン大好きな気象予報士です。

2月9日火曜日の天気図と波情報/波予想を本日も更新していきます。

今朝も冬型の気圧配置で千葉エリアは北西の風が冷たいです・・・

東海沖で西風が十分吹いていたのですが、反対方向からの強い風によって西うねりの反応は鈍くなってしまってそうなんですよね。

今朝はたくさんの鳥がインサイドよりのポジションでまとまって波待ちしていました(アイキャッチ画像をご覧ください)

今日も物足りない感じの波が続いてしまいそうなんですけど、、、今週の後半は1日休めば4連休、しかも気温が高くなって暖かくなりそう。

そしてアリューシャンからの北東うねりの反応があるかも⁈

参考)昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の天気図と波情報

昨夜から東海沖の西風は強くならなかったですね・・・はるべえおはようございます。はるべえ@サーフィン大好きな気象予報士です。2月8日月曜日の天気図と波情報/波予想を本日も更新していきます。昨日の夕方[…]

夕方狙い
このブログでは、日々の気圧配置の推移と千葉と湘南エリアの波のコンディションについての記事を毎日更新
~約4年分の毎日の天気図と波の状況を記載しています。

今日の気圧配置と波情報:今朝も西うねりは反応鈍い

午前3時の実況天気図 ASAS

実況天気図

今朝も西高東低の冬型の気圧配置。

オホーツク海には低気圧がまとまっていてそこから黄海付近にある高気圧との間では等圧線の間隔が狭くなっています。

日本海側ではまた雪となっているエリアが多く、太平洋側は晴れて乾燥といった冬の天気分布です。

今朝の千葉南部も北西からの風が強くて寒いです・・・。

 

 

衛星画像を見ても日本海には寒気を伴った筋状の雲が日本海の真ん中あたりから南のエリアで広がってます。

昨日はもっと大陸に近いところから雲があったんですけど、今朝は大陸から雲が発生するまでの離岸距離は広くなってきています。

衛星画像

 

 

今朝は関東地方でも結構冷え込んでますね。全域で5度以下となり氷点下のエリアがだいぶ南まできています。

千葉南部の沿岸部でも2度くらい、風があるので余計に寒く感じます。

アメダス気温

 

 

今朝は北~北西の風がベースで吹いており、千葉南部は北西の風が強くて冷たいです。

アメダス風向

そんな冬型の気圧配置なので西うねりが反応してきそうなところなんですが、、、

まず御前崎灯台の風から見てみると、西北西の風が10m/sくらいの強さで続いていますが、日付変わってからは少し弱くなってきている感じですね。

でも西うねりを発生させる風は十分吹いてそう。

御前崎灯台の風

海の安全情報から引用:https://www6.kaiho.mlit.go.jp/03kanku/shimizu/omaesaki_lt/kisyou/index.html

 

そして石廊崎の波浪観測データですが、微妙なラインで推移しています。

波高1m越えるかどうかといったところで、御前崎灯台より西の舞阪灯台を見るとちょっと風が弱くなってきているのと、伊良湖では北風が強く吹いていることもあり波高はそこまで高くなっていません。

石廊崎の波浪観測データ

そして東京湾から相模湾あたりで吹く風が北からの風がかなり強く吹いており、こちらも10m/sを越える風となって吹いています。

伊豆大島の風も日付が変わる頃から東の風に変わってきました。

西うねりが弱まる北東の風_0209

海の安全情報から引用:https://www6.kaiho.mlit.go.jp/micsgis/sp/map.html#zoom=9&lat=34.996821&lon=139.06604

 

ということで、東海沖からの西うねりは発生しているんですけど、東京湾から吹く北~北東の風も強くてそこにだいぶ抑えられてしまっている感じです。

千葉南エリアでも全く反応してないという訳ではないんですけど、かなり反応は鈍くいつものいい感じの西うねりの反応はありません。

あとは朝一は潮が多いというのもありますね。

そんな状況が複合的にいろいろ絡み合っての今日のコンディションとなってきているようです。

 

東海沖からの西うねり~真冬の湘南に打ち寄せるミドルサイズのいい波の仕組み~

関連記事

季節毎の特徴的な気圧配置のときに、どのような風と波のコンディションになるのでしょうか?このブログでは、こちらのカテゴリにて、様々な気圧配置と天気図パターンによる波のコンディションについて解説してきています[…]

東海沖からの西うねり

 

今日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2021/02/09
日の出:06:31 / 日の入:17:15
中潮
満潮:04:18(123cm) / 14:03(128cm)
干潮:09:04(96cm) / 21:34(1cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2021/02/09
日の出:06:34 / 日の入:17:18
中潮
満潮:04:40(128cm) / 14:19(127cm)
干潮:09:31(98cm) / 21:57(3cm)

週末サーファーがいい波に乗るためのKindle電子書籍

こちらのページではるべえのKindle本を紹介しています!
https://amzn.to/35BqIrQ
はるべえの電子書籍

今朝の波のコンディション(千葉・湘南エリア)

はるべえ
  • 東海沖からの西うねりは東京湾で吹く強い北~北東の風に抑えられ反応鈍い
  • 今朝も午前中は潮が多い時間が続き、引いてくるのは夕方になってから
  • 千葉エリアは今朝も物足りないサイズ、千葉南の方がサイズの反応が少しいい感じ
  • 湘南も膝腿くらいの物足りない波で潮が引かないと割れないポイントも多め

千葉エリア

今朝の鴨川マルキポイントは北西からの強い風。

波のトップが強いオフショアによってスプレーが舞い上がっており、風が冷たいです・・・

今朝はうねりは腰くらいのセットは入ってきているように見えるんですけど、少しアウトでいい感じにブレイクするも、すぐに手前が深くなっているから厚くなってブレイクが続かないんですよね・・・

節分の日に大荒れになったときにだいぶ砂が持ってかれてしまったようです。

今日も午前中は潮が多い時間帯がベターっと続くので、乗れる波は少ない状態が続いてしまいそう。。。

 

昨日は久しぶりに和田浦をチェックしてみたんですけど、こちらは今年入ってからくらいからでしょうか地形深くて全然割れない感じが続いていたんですけど、ここ最近は砂が動いたのか比較的割れやすくなってきたように思います。

白渚も潮が多くてもここは比較的安定してブレイクはするほうですけど、それでもここ最近は少し割れにくくなってきているようにも見えますね。

マルキより和田浦や白渚周辺のほうが割れやすいので、少し南下したほうが良さそうです。

※昼前にチェックしてみたらサイズ少しアップしてきていて全然できる波ありました。うねりは東から入ってきてるように見えます

 

 

千葉北エリアもサイズ厳しいコンディションが続いています。

西高東低の冬型の気圧配置になるとどうしても東からの波は抑えられてしまい、千葉南よりも西うねりに反応しにくいことからスモールサイズが続きます。

今朝も一宮周辺でも膝腿くらいのかなり物足りないサイズの波となっているようです。

 

湘南エリア

今朝も潮が多いこともあり全域で割れにくいコンディション。

上述したとおり西うねりが入りにくい状況となっているので、今日もスモールサイズが続いてしまいそうですね。

※YouTubeにも波チェック動画や雲の流れタイムラプス映像などをアップしています。
こちらは過去動画の中から紹介しています

https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ

よろしければご覧ください&チャンネル登録をお願いします!

今後の気圧配置と風と波:明日から北東うねりが反応するかも⁈

今夜9時の予想天気図 FSAS24

予想気圧配置24時間

今夜にかけては、西から高気圧に覆われてきて西日本から等圧線の間隔が広くなってきますが、北日本はまだ冬型が強いままとなりそう。

千葉エリアは北西~西の風が夕方まで続きそうですけど、午後のほうが弱くなってきそうです。

湘南は不安定に南の風も入ってくる時間帯もありそうな感じ。

午後も物足りないサイズの波が各エリアで続きそうです。

ただ千葉南エリアは西うねりが湘南よりも反応しやすくなっており、午前中の少し引いてくる干潮時間や夕方などは比較的遊べる波があるかもしれません

和田~白渚あたりでは良くないながらも周辺では比較的遊べる波となるかもなので、今日はそんなポイントをチェックですね。

 

明日夜9時の予想天気図 FSAS48

予想気圧配置48時間

明日は、オホーツク海で低気圧が発達するのとアリューシャン方面でも低気圧が発達して、弱いながらも北東うねりが入ってきそうなそんな期待を持たせるような気圧配置です。

日本付近は西から広く高気圧に覆われてきて、風向きがやや不安定になってきそうな感じ。

明日の千葉北や茨城エリアでは北東~東うねりの反応が少し良くなってきそうな感じで、朝一にはまだ反応ないかもですが午後には少し変化が見られるんじゃないかなといったところでしょうか。

しばらく千葉北はスモールサイズが続いていたので、ここで北東うねりが入ってくることに期待したいですね。

しかもこのアリューシャン付近の低気圧は同じ位置であまり動かず発達した状態が続きそうなので、飛び石連休の4日間は北東うねりが続く可能性もあります。

あとは風次第ですが、気温も高くなりそうなので、週の後半は期待したいところです。

 

参考記事)【冬の波】いい波のパターン~アリューシャンからの北東うねり~

関連記事

気圧配置と天気図パターンによる波のコンディション久しぶりにこのカテゴリの記事を書いていきます。前回のこのカテゴリでは、「高気圧からの吹き出し」による波のコンディションについて記載しました。[sitecard subtitle[…]

 

お明日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2021/02/10
日の出:06:30 / 日の入:17:16
中潮
満潮:04:51(129cm) / 15:02(135cm)
干潮:09:53(88cm) / 22:17(-4cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2021/02/10
日の出:06:33 / 日の入:17:19
中潮
満潮:05:11(134cm) / 15:19(135cm)
干潮:10:13(90cm) / 22:41(-2cm)

【大人気の耳栓】冷たい海に入るときの必須アイテム
SurfEars 3.0は超オススメです
Amazonだと少し安く購入できます

今朝の実況データ

Windy.com Wind/Waves/Swell

Windy.com:https://www.windy.com/

◆Wind

◆Waves

◆Swell1

気象庁各種データへのリンク

☀️気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

☔️気象庁 レーダーナウキャスト
https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

🌊気象庁 波浪実況・予想図
https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

🌀気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/


過去の気圧配置と波情報

今日と同じ日の気圧配置と波情報 過去3~4年分の記事です。

ほぼ毎日記事を書いてきてますが、1日に複数記事を書いた日などは上手く表示されない場合もあったり、記事が一部ない期間もあります。

OnThisDay-2017.02.09

2/9 3:00四国の南にある低気圧と日本海の低気圧が二つ玉低気圧として東進中、500hPaではマイナス36℃の寒気が西日本まわりですっぽり日本列島を覆う千葉エリアは東海上の低気圧からのウネリが継続、昨日より落ち着いてきているが胸肩から[…]

IMG
OnThisDay-2018.02.09

2/9 3:00 ASAS冬型の気圧配置は緩み日本付近は高気圧にすっぽり覆われる。日本海側の今日は雪がやみ晴れ間もでてくる。明日の後半には西から低気圧が進んできて日曜には関東南岸を通過し東海上へ抜ける見込み。今回は雨が主体の低気圧になりそ[…]

IMG
OnThisDay-2019.02.09

毎日の天気図と波情報2/9 (土) 3:00 地上天気図と波の概況日本付近には小さな低気圧が複数発生するような気圧場となり、関東付近にも低気圧による降雪が朝から各地で観測されています。都心でも朝から雪が降っている[…]

OnThisDay-2020.02.09

気圧配置&天気と波情報 : 北風が冷たい!午前3時の実況天気図 ASAS東海上にある低気圧は発達しながら北東方向へと進んでいます。日本付近は等圧線が縦にはしる冬型の気圧配置、今朝も千葉エリアには朝から北西の季節風が強めに吹[…]

今日の記事は以上です。

Twitter/Instagram/Facebook/Youtubeでも発信しています!


こちらの記事も合わせてご覧ください!

東海沖からの西うねり

季節毎の特徴的な気圧配置のときに、どのような風と波のコンディションになるのでしょうか?このブログでは、こちらのカテゴリにて、様々な気圧配置と天気図パターンによる波のコンディションについて解説してきています[…]

東海沖からの西うねり
エリア毎の特徴:千葉~伊良湖

ポイント毎に異なるうねりの反応前回の記事では「うねりの向き」について記載してみましたが、今回は日本のサーフエリアの特徴や反応するうねりの向きについて記載してみようと思います。ポイントの向きによってうねりが入りやすいのかどうか[…]

エリア毎の特徴とうねりの向き(千葉~伊良湖)
防寒アイテム

1枚持っているとかなり使えるサーフィン用インナー秋が深まってくると水温は気温に遅れて徐々に冷たくなってきます。ここ最近の冬はかなり水温は暖かい年が多く、千葉エリアは12月に入ってもまだセミドライは不要な状況が続く年も[…]

冬のサーフィン防寒対策

冬もサーフィンを快適に楽しみたいサーフィンの魅力にハマってしまった人は、冬の冷たい海に入ってでもサーフィンします。 当然ながら、冬は夏に比べると格段に人も少なくなり、混雑しない海でサーフィンができます。[…]

冬のサーフィン防寒対策
北東うねりに期待
最新情報をチェックしよう!