冬の嵐が通過後は強い西~西南西の風、千葉の午後は波がまとまってきそう【2021.2.16】

冬の嵐は北へと進み今日は西~西南西の風が強く続きそうです。

はるべえ

おはようございます。
はるべえ@サーフィン大好きな気象予報士です。

2月16日火曜日の天気図と波情報/波予想を本日も更新していきます。

昨日は低気圧の通過により久しぶりに嵐が通過したという感じでした。

海は大荒れの状態がずっと続いていましたが、今朝は西風をオフショアとするポイントから次第にできるようになってきそうです。

ただまだまだハードな波なので、技量に合わせて十分注意が必要となります。

今日は随時追記しながらの更新となりそうです。

参考)昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の天気図と波情報

震度6強のエリアに大雨が降りそうで心配される状況ですはるべえおはようございます。はるべえ@サーフィン大好きな気象予報士です。2月15日月曜日の天気図と波情報/波予想を本日も更新していきます。今日は[…]

このブログでは、日々の気圧配置の推移と千葉と湘南エリアの波のコンディションについての記事を毎日更新
~約4年分の毎日の天気図と波の状況を記載しています。
はるべえのKindle本も全3冊無料で読める!30日間無料キャンペーン中

今日の気圧配置と波情報

午前3時の実況天気図 ASAS

実況天気図

昨日日本列島を通過した低気圧は猛烈に発達しながら北海道付近まで移動しています。

午前3時の中心気圧は948hPa。

まさに台風と同じというか勢力の強い台風と同等の中心気圧にまで深まっており、北海道では猛吹雪になっているものと思われます。

 

衛星画像を見ても渦を巻いているのが明瞭にわかります。

そして日本海には寒気を伴った筋状の雲が敷き詰められており、強い冬型へと移行してきているのがわかります。

衛星画像

 

今朝の気温は沿岸部でも10度近くあり、西南西の風が入っているためか冷え込みは厳しくはありません

アメダス気温

 

昨日は低気圧の通過に伴い、千葉エリアは南東の風から南西の風へとシフトし、その後西~西南西の風が続いています。

昨日は北風が続きできるポイントと時間帯も多かった湘南ですが、今朝は西風が吹いてますね。

アメダス風向

 

そしてこちらは石廊崎の波浪観測データ。

昨日の南東~南の風により石廊崎でも以下のように波高が高くなり、その後も御前崎灯台では西風が20m/sくらいでかなり強く吹き続いていることから、波高は一気にダウンとはならずに2m程度で続いています。

石廊崎の波浪観測データ

こちらは唐桑の波浪観測データ。

北東うねりが明瞭に反応していたのがわかっていたのですが、昨日の低気圧による波のほうが卓越してきていたようです。

唐桑の波浪観測データ

 

今日の暦と潮回り

はるべえのKindle本も全3冊無料で読める!30日間無料キャンペーン中

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2021/02/16
日の出:06:23 / 日の入:17:22
中潮
満潮:07:19(131cm) / 19:06(123cm)
干潮:00:52(24cm) / 13:16(46cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2021/02/16
日の出:06:27 / 日の入:17:25
中潮
満潮:07:32(132cm) / 19:30(126cm)
干潮:01:18(27cm) / 13:37(44cm)

週末サーファーがいい波に乗るためのKindle電子書籍

こちらのページではるべえのKindle本を紹介しています!
https://amzn.to/35BqIrQ
はるべえの電子書籍

今朝の波のコンディション(千葉・湘南エリア)

はるべえ
  • 千葉・湘南ともに西~西南西の風が強く、まだハードな波が続いています。
  • 千葉は西~西南西の風をオフショアとする一宮周辺や千倉から出来るようになってきそう
  • 湘南はサイドの風でまとまりない波が続きまだハードな波が多い

千葉エリア

今朝の鴨川マルキポイントは西風がまだ強めに吹いています。

風がサイドから吹いてきておりまだまとまりないハードな波ですが、だいぶ落ち着いてきた感はあります。

風が北の成分が入ってくるとまとまりが早いのですが、西南西が続くとまとまりがわるいままとなりそうです。

昨日の大雨で海へ抜ける水の道ができたのですが、その後潮が満ちてきてインサイドの波も強くなってきてしまってました。

インサイドは相変わらず地形が深い状態が続いているようです。

 

今朝は西~西南西の風がかなり強く吹いており、この風をかわすポイントから次第にできるようにはなってきそうです。

ただまだまだハードな波が多く、中級者以上からエントリー可能といったコンディションとなります。

サイズのある波を狙うなら、一宮周辺や千歳・千倉などのポイントから午後あたりからチェックしていくのがよいかもしれません。

 

湘南エリア

西南西の風が吹いており風があわずに、まとまりないハードな波が続いています。

今日はこの西南西の風が続きそうなので、波はまとまりないままの状態ですが、波は続きそうです。

※YouTubeにも波チェック動画や雲の流れタイムラプス映像などをアップしています。
こちらは過去動画の中から紹介しています

昨年2020年の今日も南西の風波でサイズアップしてますね

https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ

よろしければご覧ください&チャンネル登録をお願いします!

今後の気圧配置と風と波

今夜9時の予想天気図 FSAS24

予想気圧配置24時間

この日はこんな感じでした

和田浦と千歳

 

白渚

明日夜9時の予想天気図 FSAS48

予想気圧配置48時間

低気圧が同じような位置にあって西南西の風が強いままとなりそうです・・・

明日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2021/02/17
日の出:06:22 / 日の入:17:23
中潮
満潮:07:40(129cm) / 19:48(113cm)
干潮:01:17(37cm) / 13:53(45cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2021/02/17
日の出:06:26 / 日の入:17:25
中潮
満潮:07:51(130cm) / 20:12(116cm)
干潮:01:41(40cm) / 14:14(42cm)

今朝の実況データ

Windy.com Wind/Waves/Swell

Windy.com:https://www.windy.com/

◆Wind

◆Waves

◆Swell1

気象庁各種データへのリンク

☀️気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

☔️気象庁 レーダーナウキャスト
https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

🌊気象庁 波浪実況・予想図
https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

🌀気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/


過去の気圧配置と波情報

今日と同じ日の気圧配置と波情報 過去3~4年分の記事です。

ほぼ毎日記事を書いてきてますが、1日に複数記事を書いた日などは上手く表示されない場合もあったり、記事が一部ない期間もあります。

OnThisDay-2017.02.16

2/16 3:00 ASAS 日本付近は高気圧に覆われ、これから次第に南高北低の気圧配置へ移行する千葉北、一宮周辺では昨日の夕方から今朝にかけてなかなかのいい波がブレイク、北西弱めで面はクリーン、胸肩から頭サイズで時間帯により[…]

IMG
OnThisDay-2018.02.16

2/16 3:00 ASAS昨日三陸沖に抜けた低気圧は千島の東へ移動し964hpaまで発達、そこから伸びる前線は日本の南を通り台湾の東まで繋がっている。本州付近は北日本中心とした冬型は緩み高気圧に覆われてきている。千島の東にある程度か[…]

IMG
OnThisDay-2019.02.16

毎日の天気図と波情報2/16 (土) 午前3時 地上天気図と波の概況日本海と南海上には前線を伴った低気圧があり、関東の東海上にも低気圧が解析されていて関東地方はこれらの低気圧に囲まれる形となっています。朝はこれら[…]

OnThisDay-2020.02.16

気圧配置&天気と波情報 :午前3時の実況天気図 ASAS日本海西部と西日本の太平洋沿岸にはそれぞれ低気圧が東進してきました。今日はこの二つの低気圧により全国的に雨が降り荒れた天気となる地域が多くなりそうです。西日本各地[…]

今日の記事は以上です。

Twitter/Instagram/Facebook/Youtubeでも発信しています!


こちらの記事も合わせてご覧ください!

高気圧からの吹き出し

高気圧からの吹き出しサーファーは海に行く前に必ず波の状況がどうなのかを確認します。今のこの時代は波情報やSNSが発達していて、海にいかなくても波のコンディションやブレイクの様子が写真や動画で見れるようになりましたが、波予想の基本は天[…]

エリア毎の特徴:鳥取~福井

ポイント毎に異なるうねりの反応[caption id="attachment_6294" align="alignnone" width="1600"] 島根:稲佐の浜[/caption]前回は日本海エリアの波のあがるコンディシ[…]

エリア毎の特徴とうねりの向き(鳥取〜福井)
防寒アイテム

真冬のサーフィンには持っておきたいアイテム前回もオニールのインナーについて紹介しましたが、今回もオニールの商品の紹介です。今回はサーフィン用のソックスです。今年(2018年)は海水温が例年よりも高く、千葉南エリアではまだ[…]

冬のサーフィン準備と行動

冬の海へ行く時に注意したいこと前回は冬のサーフィンを快適に楽しむための防寒対策アイテムについて記載しました。冬のサーフィンで気をつけること~防寒対策アイテム編[sitecard subtitle=関連記事 url=https[…]

冬のサーフィン
冬の嵐が通過後
最新情報をチェックしよう!