房総沖は東南東の波/周期8秒/波高1.1m、沿岸波浪予想図FWJPでざっくり波をイメージ【2021.6.12】


今日は沿岸波浪予想図の見かたを
ざっくり記載していきます

はるべえ

おはようございます。
はるべえ@波情報ブログ毎日更新1,500日の気象予報士です

6月12日土曜日の気圧配置と波の概況、
レベル別サーフポイント情報

本日も更新していきます。

今朝はここ最近の中では
雲の多い朝一の空

高気圧の後面にさしかかり
湿った空気が入りやすい気圧配置で
雲が多くなってきています

今日はタイトルにも記載したとおり
午前9時の予想では
房総半島沖は東南東の波/周期8秒/波高1.1m
です

このデータは気象庁が提供している
沿岸波浪予想図をざっと見ればわかるのですが
今日はその予想図の見かたの一部を
紹介交えながら
今日の波をイメージしていこうかと思います

まずは今日の気圧配置から
みていきましょう

ちなみに今日のサムネイル画像は
昨日の夕方の白渚の波です

今日/明日のレベル別ポイント情報はこちらの
LINE公式アカウントから配信しています!

よろしければこちらから登録お願します
友だち追加

参考)昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の天気図と波情報

/今朝も東~南東うねりが続いてます風と潮のいいタイミングで入りたいですね\はるべえおはようございます。はるべえ@サーフィン大好きな気象予報士です。6月11日金曜日の気圧配置と波の概況、レベ[…]

南東うねりが続きそう
このブログでは、日々の気圧配置の推移と千葉と湘南エリアの波のコンディションについての記事を毎日更新
~約4年分の毎日の天気図と波の状況を記載しています。

今日の気圧配置と風と波

午前3時の実況天気図 ASAS

実況天気図

今週水曜日に日本海に中心のあった
高気圧は木曜、金曜とゆっくり中心を
東の海上に移動させてきています

ここ最近の天気図では
梅雨前線が南海上にあってやや不明瞭な
感じの気圧配置が多かったんですけど

今朝の気圧配置を見ると
梅雨時期の主な役者となる
オホーツク海高気圧と黄海付近にできる
高気圧が存在感を増してきていますね

オホーツク海高気圧は今朝の天気図では
オホーツク海にはないんですけど・・・
これから南下してくるんじゃないかと思われ、

気圧配置も次のステージに
進んできそうな週末土曜日です

日本付近は高気圧の後面に
位置するようになり
東海上の高気圧から南東の風が
入りやすい気圧配置

今朝の天気図にはまだ梅雨前線が
描かれてないですけど
西日本はちょうど2つの高気圧の空気が
ぶつかるエリアになってきているので
これから前線が西日本付近に描かれそうです

そんな今朝のざっくり風イメージはこちら

ざっくり風イメージ210612

今日は千葉エリアの前半は各地で
南東の風が入りやすい気圧配置ですが

後半になってくると
南の風にシフトしてくる予想が
でています

湘南は早い時間から
南風が入ってきそうですね

 

実況データを見ていきますと
こちらは今朝のアメダス風向風速データ@6時

今朝も関東沿岸部は風の弱い状態からのスタート
次第に南東の風が入ってきそうです

アメダス風向210612_0600

 

沿岸波浪予想図FWJPのざっくり見方

そして波のほうは
こちらの沿岸波浪予想図FWJPのデータで見ていきましょう

気象庁のホームページから一部引用しています
https://www.data.jma.go.jp/waveinf/chart/fwjp.html

データは上記のページの下のほうに
沿岸波浪予想図をPDFで見れるリンク先があるので
そこから見れます

いままでこのデータは閲覧だけで
ブログに引用するのは一手間かかるのでやってなかった
んですけど、

気象庁のホームページのデザインが
変わってからは一手間をかけないといけない
データが多くなってきたので
こちらも一緒に載せていってもよいかなと思い
今後はちょくちょく載せていこうかと思います

やはりなんだかんだ言っても
このデータをベースに考えるのが
一番よいかと思います

地図の近くにアルファベットが記載していますが
このブログの読者の方は
とくに E、F、Gあたりを中心に見てもらえれば
よいのではないかと思います

地点名でいいますと以下となります

  • E:房総半島沖
  • F:相模湾
  • G:伊豆半島沖

この地点の予想データが左上の表に記載
されているのですが、それぞれ以下項目が
記載されています

  • 卓越波向
  • 卓越周期
  • 海上風

今日の午前9時の予想では、
たとえば、Eの房総半島沖では

  • 東南東からの波
  • 周期は8秒、波高は1.1m
  • 南南西の風、10ノット

として読み取れますね

風速のノットは秒速に変換するには
半分にするとして覚えておけばよいので
風速は5m/sとして考えておけば良さそうです

こんな感じで読み取ってもらうと
千葉や湘南にどんな感じの波が
入ってきてそうなのかがイメージできてきます

ただ注意点だけ記載しておきますと
このデータは「浅海効果」が考慮されていません

つまり水深が波の波長の1/2より浅くなると
波は海底の影響を受けるようになり
浅水変形、屈折、砕波などの複雑な動きをするように
なります

我々サーファーはこの海底の影響をモロに
受ける波のコンディションを知りたいのですけど
そこまでは考慮できてないということです

なんですが、沖合でどれくらいの
波が入ってきているのかで
沿岸部の波もざっくり想定できるように
なりますので、

こちらのデータはいつもブログ書くときに
メインで参考にもしているデータです

沿岸波浪予想図_210612
気象庁のホームページから一部引用しています https://www.data.jma.go.jp/waveinf/chart/fwjp.html

ちょっと沿岸波浪予想図のことを書きすぎて
時間がなくなってきてしまいました・・・

ちなみに、この沿岸波浪実況図/予想図を用いた解説
よしっささん(https://twitter.com/Navy_hisa)のYouTubeチャンネルで
いつも見て勉強させてもらってました

最近は緊急事態宣言のこともあり
更新お休みされているようですが
過去の動画を見てもとても参考になります
https://www.youtube.com/user/WXYZ1173/featured

午後9時の予想天気図

予想気圧配置

今夜にかけては、東海上の高気圧は
更に東へと移動していきますが
その南にある低気圧との間で
等圧線の間隔が狭くなってきていますね

こんな等圧線の間隔が狭いところでは
風が強く吹いているところであり
海上で作られた波が沿岸部に届くことに
なってきます

ただ今日のうちは
大きなサイズアップの要素は
なさそうで、うねりの強さとしては
同じようなサイズ感で続くのでは
ないかと思います

 

今日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2021/06/12
日の出:04:24 / 日の入:18:53
大潮
満潮:04:32(140cm) / 18:43(133cm)
干潮:11:38(3cm) / 23:47(89cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2021/06/12
日の出:04:26 / 日の入:18:57
大潮
満潮:04:41(148cm) / 19:04(147cm)
干潮:11:58(9cm) / -(-cm)

はるべえが出版しているKindle本です

初・中級者の週末サーファー向け
週末の限られた時間でいい波に乗るために
風・波・潮についてやさしく詳しく
解説しています

本の紹介はこちらから
https://amzn.to/35BqIrQ

3冊ともにKindle Unlimitedにて
無料でお読みいただけます
はるべえの電子書籍

今日のサーフポイント(千葉・湘南エリア)

はるべえ
  • 今朝も風よわい朝
    南東の風から後半は南風へ
  • 東~南東うねりが
    弱く反応する状態が継続
  • 今日も大潮回り
    ミドルタイドの時間帯
    をチェック

今朝の千葉南エリアは弱い風からの
スタート

やはり風のない朝一の海はいいですね

なんですけど
今日も満潮が午前4時半で
潮位は140㎝もあるんですよね

多くのポイントの朝一は
まだ割れづらい波が入っていると思います

勝浦の干潮は11時半頃で潮位は3㎝まで
引いてきます
つまり1m40㎝も潮の変化があるわけで
小学生の身長くらいの潮の変化が
あるということ

夕方の満潮にかけても
同じくらいの潮が多くなる動きになってきます

今日は各エリアで弱い南東ベースの波
でサイズは少し物足りないポイントも
ありそうなので、

潮が大きく動くミドルタイドの時間帯に
入るのが良さそうです

干潮が4時半くらいなので、
午前7時~8時くらいには
だいぶ潮が引いてきて波が割れやすく
なってきていると思います

あとは風が吹くタイミングですけど
千葉南はまだ風の影響そんなないですが
すでに風の影響がでているポイントも
ありそうなので

できれば風の影響がまだ少ないうちの
ミドルタイドの時間帯に入っておく
というのが良いんじゃないかと思います

なかなかタイミング合わせるのは
難しいんですけどね・・・

サーフポイントの選び方は
風と波、潮の動きに加えて、

サーフィンのレベル・技量、
サーフボードの種類や
住んでいる地域によっても
変わってくるものだと思います。

本ブログでは
サーフィン初・中級者の方向けに
都内在住の週末サーファーを想定した

今日/明日のレベル別サーフポイント
情報をLINEで配信しています。

よろしければこちらから登録お願します
(もちろん無料です)
友だち追加

もしこちらの情報が少しでも役に立ったら・・・
TwitterやInstagramでいいねやRTを
ぜひお願いします。
毎日更新を続ける励みになります!

明日の気圧配置とサーフポイント選び

明日朝9時と夜9時の予想天気図

予想気圧配置

明日は東海上の高気圧は更に東へと
ゆっくり移動していき
九州の南には梅雨前線が停滞気味となってきます

明日も大きなサイズアップという
感じはなさそうですけど
今日と同じくらいの腰腹サイズはありそうな・・・

東海上の高気圧と低気圧との間で
吹く強めの風によって
東~南東うねりの反応が少し良くなって
くる可能性もあります

今日の後半から風は南風にシフトしてきて
明日も少し西の成分がはいった南風に
なるかもしれないので

一宮周辺や茨城の鹿嶋エリアなど
風をかわしつつ東うねりにも
敏感なポイントからのチェックと
なってきそうです

午後9時の予想気圧配置も掲載しておきます

予想気圧配置

明日のサーフポイント情報も
LINE公式アカウントから配信してます。
友だち追加

 

明日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2021/06/13
日の出:04:24 / 日の入:18:54
中潮
満潮:05:03(139cm) / 19:21(130cm)
干潮:12:14(4cm) / -(-cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2021/06/13
日の出:04:26 / 日の入:18:57
中潮
満潮:05:10(146cm) / 19:45(145cm)
干潮:00:10(102cm) / 12:33(9cm)


実況データ・リンク

Wind/Waves/Swell

Windy.com:https://www.windy.com/

◆Wind

◆Waves

◆Swell1

気象庁各種データへのリンク

☀️気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

☔️気象庁 レーダーナウキャスト
https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

🌊気象庁 波浪実況・予想図
https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

🌀気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

過去の気圧配置と波情報

今日と同じ日の気圧配置と波情報
過去3~4年分の記事です。

毎年のこの日はどんな波だったのか・・・
サーフィンライフを振り返ってみましょう

OnThisDay-2017.06.12

6/12 3:00 ASAS大陸から冷涼な高気圧が日本海へ東進中、日本のはるか南には太平洋高気圧の張り出しが伸びていて、二つの高気圧の間に梅雨前線が停滞。台風2号は北上を続け明日には大陸に上陸する見込み。上陸後は勢力を弱めながら東へ向き[…]

IMG
OnThisDay-2019.06.12

気圧配置&天気と波情報 : 茨城から東北はうねり強くハードな波午前3時の実況天気図 ASASオホーツク海付近には高気圧があって南海上には梅雨前線が長く横たわるという梅雨の時期の気圧配置です。関東の東海上には三[…]

OnThisDay-2020.06.12

気圧配置と波情報 : 千葉は風クローズが多い午前3時の実況天気図 ASASおはようございます。6月12日 金曜日です。昨日の木曜日の午前11時に、気象庁から九州北部・関東甲信・北陸・東北南部の梅雨入りが発表されました。大方の予想通[…]

 

※YouTubeにも波チェック動画や雲の流れ
タイムラプス映像などをアップしています。

こちらは過去動画の中から紹介しています

https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ

よろしければご覧ください
&チャンネル登録をお願いします!

 

今日の記事は以上です。

Twitter/Instagram/Facebook/Youtube
でも発信しています!


こちらの記事も合わせてご覧ください!

気象キーワード1

サーフィンをする上で、海や気象の知識が必要となります。それは、このブログのテーマにもなっている、”いい波”に乗るために”、そして ”安全にサーフィンを楽しむために” も知っておいて損はないですし、ぜひ知っておきたい内容です。[…]

天気キーワード1
潮回りの仕組み

潮の満ち干きはそもそもどうして起こるのか??週末サーファーがいい波に乗るために。前回の以下記事では、サーフィンをするときには潮の状況をよく知っておく必要があるという内容を記載しました。[sitecard subtitle=関[…]

潮の満ち干き
東海沖からの西うねり

季節毎の特徴的な気圧配置のときに、どのような風と波のコンディションになるのでしょうか?このブログでは、こちらのカテゴリにて、様々な気圧配置と天気図パターンによる波のコンディションについて解説してきています[…]

東海沖からの西うねり
エリア毎の特徴:日本海

ポイント毎に異なるうねりの反応前回と前々回の記事にて、千葉から宮崎までのメジャーなエリアを中心に、どのエリアにはどんな方向のうねりが反応するのかをざっくり書いてみました。[sitecard subtitle=関連記事 url[…]

エリア毎の特徴とうねりの向き(日本海エリア)
沿岸波浪予想図でイメージ
最新情報をチェックしよう!