南岸低気圧通過後の南うねり~東からのバックスウェル【2021.6.30】


千葉の波は続きそうなので
東風が入る前に入っておきたいです

はるべえ

おはようございます。
はるべえ@サーフィン大好きな気象予報士です。

6月30日水曜日の気圧配置と波の概況、
レベル別サーフポイント情報

本日も更新していきます。

昨日、本州の南岸を通過していった
低気圧は東海上で発達しながら離れていってます

今日は低気圧の後面に位置しており
梅雨前線は南海上の少し離れたところに
ありますが

今週は太平洋高気圧の勢力がやや強まり
梅雨前線が本州にかかってくることが
多くなりそうです

明日から7月ですが
いよいよ梅雨本番となり
梅雨末期の災害が発生しやすい時期
にも差し掛かってきます

大雨による河川の氾濫や低地の浸水など
このような事象が発生しやすい時期だということを
意識しておく必要がありますので

少し頭の片隅にでも入れておいて
いただければと思います

今日/明日のレベル別ポイント情報はこちらの
LINE公式アカウントから配信しています!

よろしければこちらから登録お願します
友だち追加

参考)昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の天気図と波情報

/後半に南うねりの反応が出てくるか・・・?今日は注目しておきましょう\はるべえおはようございます。はるべえ@サーフィン大好きな気象予報士です。6月29日火曜日の気圧配置と波の概況、レベル別[…]

このブログでは、日々の気圧配置の推移と千葉と湘南エリアの波のコンディションについての記事を毎日更新
~約4年分の毎日の天気図と波の状況を記載しています。

今日の気圧配置と風と波

午前3時の実況天気図 ASAS

実況天気図

昨日の朝に南岸を通過した低気圧は
北東方向へと進み
日本の東海上を遠ざかっていきます

その低気圧の西側では
北~北東方向の風が吹いており
この流れが関東地方にも入りやすい
気圧配置となっています。

この先の週間予想気圧配置を見てみると
太平洋高気圧の勢力が強くなってきそうで
梅雨前線がいよいよ本州付近まで北上
してきそうなステージになってきました

まずは今朝のざっくり風イメージはこちら

ざっくり風イメージ210630

通過した低気圧は東海上を離れていきますが
低気圧の後面から梅雨前線に向けて
北東から東の風が入りやすい気圧配置です

今朝のアメダス風向風速データ@7時
のデータを見てみますと
朝の時点ではまだ風が弱い地点が
多くなっているようで、
面への影響はそれほど出てない状態

アメダス風向210630_0700

通過した低気圧の南側で発達した
南うねりは、昨日の午後から千葉エリアで
反応が良くなりサイズアップしてきましたが

今朝も千葉エリアでは
低気圧が残した南うねりの反応が
ややダウン傾向ながらも続いています

石廊崎の波浪観測データを見てみますと
低気圧からの南うねりは昨夜遅くから深夜にかけて
がピークだった模様

今朝はサイズダウンのトレンドとなっています

石廊崎の波浪観測データ_210630

湘南や千葉南エリアまでは
南からのうねりの反応がベースとなりますが
サイズダウン傾向

千葉北や茨城エリアでは
東~北東のうねりがベースとなり
サイズアップの傾向がといった
感じになってきそうです

沿岸波浪予想図_210630_09

 

 

午後9時の予想天気図

予想気圧配置

今夜にかけては、低気圧がさらに陸上からは
離れていきますが
午後になると東風が入りやすくなってきて
千葉エリアは各ポイントで風の影響が
出てきてしまいそう

また梅雨前線が西日本から北へ移動して
陸地にかかってくるようになりそうです

 

今日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2021/06/30
日の出:04:27 / 日の入:18:57
中潮
満潮:07:21(127cm) / 21:27(127cm)
干潮:02:06(84cm) / 14:22(32cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2021/06/30
日の出:04:30 / 日の入:19:01
中潮
満潮:07:31(131cm) / 21:47(131cm)
干潮:02:28(93cm) / 14:47(37cm)

はるべえが出版しているKindle本です

初・中級者の週末サーファー向け
週末の限られた時間でいい波に乗るために
風・波・潮についてやさしく詳しく
解説しています

本の紹介はこちらから
https://amzn.to/35BqIrQ

3冊ともにKindle Unlimitedにて
無料でお読みいただけます
はるべえの電子書籍

今日のサーフポイント(千葉・湘南エリア)

はるべえ
  • 朝は弱い北寄りの風
    日中は北東~東の風
    やや強なエリアありそう
  • 湘南と千葉南は
    低気圧が残した南うねり
    はダウン傾向
  • 千葉北は東うねりが
    メインで反応してそう
  • 満潮時刻がだんだん遅く
    なってきて千葉は午前7時半頃

千葉南と湘南は
通過した低気圧が残した南うねりの
反応で昨日の午後はサイズアップしてきて

今朝はその残りが
まだ千葉南エリアには反応が残っているようです

低気圧が陸上から近いエリアを通過したことから
風波による波といった感じで
潮も多い時間帯でボヨつき気味ということもあり
クリーンな波ではありませんが

鴨川マルキポイントや白渚の朝は
腹胸くらいのセットは入ってきていて

たまに入ってくる大きめのセットを
掴めばインサイドまで走れる波も入ってきて
そこそこ遊べるコンディションでした

この後、南うねりはダウン傾向となり
湘南エリアは更にサイズ下げてきて
しまいそうですが

千葉エリアは東海上の低気圧からの
東からのバックスウェルの反応が
ありそうなので

サイズ的にはもちこたえる感じに
なってきそうですね

午後は東風が入ってきそうなので
風を軽減するポイントや風が入ってくる前の
午前中に入っておくのが良さそうです

サーフポイントの選び方は
風と波、潮の動きに加えて、

サーフィンのレベル・技量、
サーフボードの種類や
住んでいる地域によっても
変わってくるものだと思います。

本ブログでは
サーフィン初・中級者の方向けに
都内在住の週末サーファーを想定した

今日/明日のレベル別サーフポイント
情報をLINEで配信しています。

よろしければこちらから登録お願します
(もちろん無料です)
友だち追加

もしこちらの情報が少しでも役に立ったら・・・
TwitterやInstagramでいいねやRTを
ぜひお願いします。
毎日更新を続ける励みになります!

【大人気の耳栓】冷たい海に入るときの必須アイテム
SurfEars 3.0は超オススメです
Amazonだと少し安く購入できます

明日の気圧配置とサーフポイント選び

明日夜9時の予想天気図

予想気圧配置

明日は、南海上の梅雨前線が朝の時点でも
やや北に位置するようになってきます

前線が北上して近づいてくることにより
明日は太平洋側の広い範囲で雨となりそうです

千葉など沿岸部ではまとまった大雨になるところも
ありそうで、大雨にさっそく注意が必要な状況に

風は今日から引き続き東ベースの風が朝から入りそうで
やや強めに吹いてきそう

前線上にキンクが予想されている部分では
低気圧性の循環があることから
このキンク部分の通過にともない
次第に西〜南西の風へと風はシフトしていく
可能性があります

梅雨前線の位置次第で
大きく風向きが変わるかもしれないので
その点だけ留意しておきたいところですね

予想気圧配置

夜にはさらに梅雨前線が北上し
太平洋沿岸に停滞するような状況になってきそう…

今日の夕方の状況踏まえて
夜にLINEでも配信していこうと思います!

明日のサーフポイント情報も
LINE公式アカウントから配信してます。
友だち追加

 

明日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2021/07/01
日の出:04:28 / 日の入:18:57
中潮
満潮:08:18(115cm) / 22:03(125cm)
干潮:03:04(80cm) / 15:02(47cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2021/07/01
日の出:04:30 / 日の入:19:01
中潮
満潮:08:33(119cm) / 22:21(129cm)
干潮:03:29(87cm) / 15:26(53cm)


実況データ・リンク

Wind/Waves/Swell

Windy.com:https://www.windy.com/

◆Wind

◆Waves

◆Swell1

気象庁各種データへのリンク

☀️気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

☔️気象庁 レーダーナウキャスト
https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

🌊気象庁 波浪実況・予想図
https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

🌀気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

過去の気圧配置と波情報

今日と同じ日の気圧配置と波情報
過去3~4年分の記事です。

毎年のこの日はどんな波だったのか・・・
サーフィンライフを振り返ってみましょう

OnThisDay-2017.06.30

6/30 3:00 ASAS梅雨前線が西日本から北上をはじめており午前3時の解析ではキンクが九州北部付近にありそこから西へ紀伊半島を通り関東の南の海上へのびている。また沖縄付近には弱い熱帯低気圧が解析されゆっくり北上しているが明日以降は[…]

IMG
OnThisDay-2019.06.30

今朝のtwitter波情報まとめtwitterに投稿された全国の波情報をピックアップしてまとめています。主に動画や画像で波のコンディションがわかる投稿をピックアップしています。千葉と湘南はこれから南西の風が強く入りそうです。コンディシ[…]

OnThisDay-2020.06.30

気圧配置と波情報 : 朝一はサイズダウンながらも遊べる波午前3時の実況天気図 ASASおはようございます。6月30日の火曜日の朝6時です。今日で6月も終わり、明日からは7月へと突入します。すでに夏至は過ぎてい[…]

 

※YouTubeにも波チェック動画や雲の流れ
タイムラプス映像などをアップしています。

こちらは過去動画の中から紹介しています

https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ

よろしければご覧ください
&チャンネル登録をお願いします!

 

今日の記事は以上です。

Twitter/Instagram/Facebook/Youtube
でも発信しています!


こちらの記事も合わせてご覧ください!

アリューシャンからの北東うねり

気圧配置と天気図パターンによる波のコンディション久しぶりにこのカテゴリの記事を書いていきます。前回のこのカテゴリでは、「高気圧からの吹き出し」による波のコンディションについて記載しました。[sitecard subtitle[…]

エリア毎の特徴:伊勢~宮崎

ポイント毎に異なるうねりの反応前回の記事ではサーフエリア毎の特徴とうねりの反応について、千葉を起点にして伊良湖までのエリアについて記載しました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfs[…]

エリア毎の特徴とうねりの向き(伊勢~和歌山~四国~宮崎)
東バックスウェル
最新情報をチェックしよう!