北高型の東うねりが続く気圧配置、フィリピンの東では台風13号が発生【2020.9.6】

 

はるべえ
東うねりが続いてますが
台風13号も発生しています


はるべえ@波乗りブログ毎日更新1,500日の気象予報士
です。

9月6日 月曜日の
気圧配置と風と波の状況/
明日のサーフポイント情報を

本日も更新していきます。

この前の週末の土日は久しぶりに
二日間ともに波のある週末で
東うねりで楽しめた方も多かったかと思います

今日も東うねりと北東の風で
ポイントと時間帯を選べば遊べる波が
続きましたね

この北に高気圧が偏った北高型の
気圧配置は明日まで続きそう

明後日からはまた気圧配置は
次のステージに進んでいきそうです

フィリピンの東に発生した台風13号と
熱帯低気圧の動向も
ちょっと気になるところですが

まずは今日の午後の気圧配置から
見ていきましょう

 

参考)昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の天気図と波情報

明日の風と波の情報を更新しましたはるべえ今日も東うねりで遊べるポイントがありそうです! おはようございます。はるべえ@サーフィン大好きな気象予報士です。9月5日 日日曜日の気[…]

東うねり続きそう

 

日々の気圧配置の推移と
千葉・湘南・茨城エリアの
波のコンディションについて
記事を毎日更新している
波乗りお天気ブログです

今日の気圧配置と風と波

午後3時の実況天気図 ASAS

実況天気図

今日の午後3時の実況天気図ですが
北から高気圧が垂れ下がってきて
北海道付近とウラジオストクあたりに
それぞれ高気圧中心があります

ちょうど鼻のような等圧線の形となって
その北側の両サイドにある低気圧が
目のようにもなり
秋雨前線が口のようにも見える
気圧配置
です

実況天気図

SPASで見たほうがわかりやすいですね

毎日見ていると
たまにこんな感じで気圧配置が
何かを表現しているようなときもありますね

ブログのタグに「珍しい気圧配置」というのを
つくっており
過去に何度かあったものをタグ付けしているので
よろしかったら見てもらえればと思います

https://asasfsas24.com/tag/unusual-pressure-pattern/

話がそれましたけど
今日もこの鼻の形をした高気圧からの
北東の風と東うねりが続きました

台風13号_210906

一方で南海上に目をむけると
フィリピンの東では今日の夕方に台風13号が
発生
していますね

更にその東にも熱帯低気圧がありますので
これらの動きは少し気にしておきたいところです

アメダス風向210906_1500

今朝は朝から北よりの風が吹いており
一部ポイントでは北西っぽい風も
吹いていた時間帯があったようですけど

時間の経過とともに
北東の風が強まってきたところが多くなりました

風をかわせないポイントでは
北東の風の影響が強めにでてしまったところも多く
一宮周辺などはモロにオンショアとなって
ジャンク気味になってしまったようでした

今日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2021/09/06
日の出:05:15 / 日の入:17:59
大潮
満潮:03:27(146cm) / 16:54(147cm)
干潮:10:13(15cm) / 22:30(72cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2021/09/06
日の出:05:18 / 日の入:18:02
大潮
満潮:03:42(145cm) / 17:13(152cm)
干潮:10:31(9cm) / 22:51(71cm)

 

今日の波の様子@千葉南

北に偏って位置している高気圧から
秋雨前線の北側へ向けて吹く北東~東の風が続き
東ベースの波が今日も一日続きました

高気圧と前線や低気圧の間では
気圧傾度が大きい状態が続いています

今日も北~北東の風がやや強めに吹いて
多くのポイントでは風の影響を受けてしまいました

千葉エリアでは北東の風を軽減する
片貝エリアや白渚周辺などが無難な
ポイント選びだったのではないでしょうか

朝の潮が引いてきた時間帯の白渚ポイント
ワイドな東うねりが反応していて
サイズとしてはセットで胸くらいでしょうか

東うねりなので
ワイドな波の切れ目からレフト方向に
たまにいいセット
が入ってきて
千葉南エリアの中では遊べる波が
あったのではないかと思います

このあと北東っぽい風が
結構強めに吹いてきていたので
その後はまとまりない波になってしまったかも
しれませんね

湘南は今日も鵠沼や鎌倉エリアでは
スモールコンディションが続き
ショートには厳しいサイズが続いたようです

東うねりだとこんなスモールコンディションが
続いてしまいますが
湯河原の吉浜までいけば、ショートでも
遊べるくらいのサイズはあったのでは
ないかと思います

明日の気圧配置と風と波

明日午前9時予想天気図 FSAS24

予想気圧配置

明日はオホーツク海から
高気圧が北海道付近にまで中心が移動してくる
予想気圧配置となります

秋雨前線上の低気圧はやや発達しながら
東海上へと移動し
また黄海にあった低気圧も前線を伴いながら
これから東へと移動してくるところ

明日は日本付近にかかっていた秋雨前線は
一旦と切れたかたち
になり
高気圧が北から関東付近まで覆ってきます

明日のざっくり風イメージ

ざっくり風イメージ210906

明日のざっくり風イメージはこちら

明日も北偏する高気圧からの吹き出しによって
関東沿岸部は北~北東の風が
やや強めに吹く時間帯が多くなるでしょう

今日と同じような風の流れの傾向と
なりそうで
朝からやや強めに北東の風が入ってしまうかも
しれません

朝一だけでも西の成分が入った
北北西くらいの風が入ってくれると
出来るポイントが増えてくるんですけど
東の成分のほうが入りやすそうな
流れとなりそうです

沿岸波浪24時間予想図 FWJP

沿岸波浪予想図

明日の午前9時の沿岸波浪予想図です

今夜9時の沿岸波浪予想図では
房総半島沖では北東からの波で波高は3m
相模湾では東北東からの波で
波高は1.6mとして予想されています

明日午前9時の沿岸波浪予想図では
房総半島沖では東北東からの波で波高は2.6m
相模湾では東北東からの波で
波高は1.5mとして予想されています

波高としては今夜がピークになって
反応しそうであり
千葉の明日は今日と同じくらいの
サイズ感で反応が続きそうです

明日の暦と潮回り

勝浦の潮位情報_210906

明日も大潮まわりですが
朝一に潮が多い時間帯がかぶってくる
ようになってきました

地形が深くなっている鴨川マルキでは
今日くらいのうねりの強さで
潮位が100㎝くらいだと全然割れないですね・・・

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2021/09/07
日の出:05:15 / 日の入:17:58
大潮
満潮:04:09(154cm) / 17:18(151cm)
干潮:10:47(14cm) / 23:01(61cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2021/09/07
日の出:05:18 / 日の入:18:01
大潮
満潮:04:23(151cm) / 17:36(154cm)
干潮:11:05(9cm) / 23:22(61cm)

 

明日の風と波(千葉・湘南エリア)

今日の夜をピークに東うねりは
明日も反応が続きそうですが
今日と同じく北東の風を
軽減するポイントへ向かったほうが
よいでしょう

朝からそこそこ強めに北東の風が
吹いている可能性があるので

まずは明日の朝一も
片貝エリアからチェックするのが
無難ではないかと
思います

千葉南エリアでは
先ほども波の様子を掲載した
白渚がやはり無難で
朝一だけでも北東ではなく
ストレートな北風が吹いてくれると
いいんですが、、、

その他の一宮周辺や千歳などのポイントでは
サイズは十分なものの
北東の風をもろにくらってしまうので
厳しいコンディションとなって
しまうのではないかと思います

片貝や白渚では腹胸くらいの
ミドルサイズの波は明日もありそうで
ビギナーの方などはちょっとしんどい
サイズにもなってきそうなので
飯岡や御宿などへ移動したほうが
良さそうです

御宿は町営駐車場が閉鎖されてますが
一部民間の駐車場はオープンしているところがあり
岩和田よりも中央から浜のほうが
少しサイズがあってできそうですね

湘南の明日も風はオフショアベースで
面はいい感じなのですけど
東うねりなので鵠沼や鎌倉などでは
スモールサイズが続いてしまいそうです

今日と同じく湯河原の吉浜までいけば
鵠沼よりもワンサイズは大き目の
セットが入ってきて
時間帯によってはできる波がありそうです

明後日の風と波(千葉・湘南エリア)

予想気圧配置

こちらは水曜の午前9時の予想気圧配置です

黄海にあった低気圧が前線を伴って
日本海まで東進してきそうです

オホーツク海から南下してきた高気圧も
中心を千島付近まで移動させてきて
等圧線の流れも南よりの風が入りやすく
なってくる気圧配置
となってきそう

朝一はまだ北よりの風かもしれませんけど
次第に南東~南よりの風にシフトしてきそうな
感じとなり

夜には低気圧と前線の暖域に入って
南西の風までシフトしてくる可能性があります

東うねりの反応は緩やかにダウン傾向
ながらも続きそうなので
風向きにあわせてのポイント選びと
なりそうです

LINE公式では
明日の風と波とポイント情報や
ブログ更新情報などを配信しています
以下より友達追加していただけます

友だち追加

 

Twitterタイムライン/気象実況データ

Twitterタイムライン

Windy

Windy.com:https://www.windy.com/

Wind

Waves

Swell1

気象庁各種データへのリンク

天気図

アメダス風向風速

台風情報

 

今日の記事は以上です。

Twitter/Instagram/Facebook/Youtube
でも発信しています!


こちらの記事も合わせてご覧ください!

東海沖からの西うねり

季節毎の特徴的な気圧配置のときに、どのような風と波のコンディションになるのでしょうか?このブログでは、こちらのカテゴリにて、様々な気圧配置と天気図パターンによる波のコンディションについて解説してきています[…]

東海沖からの西うねり
エリア毎の特徴:千葉~伊良湖

ポイント毎に異なるうねりの反応前回の記事では「うねりの向き」について記載してみましたが、今回は日本のサーフエリアの特徴や反応するうねりの向きについて記載してみようと思います。ポイントの向きによってうねりが入りやすいのかどうか[…]

エリア毎の特徴とうねりの向き(千葉~伊良湖)
沿岸で吹く風

サーファーにとってのもうひとつの”風”前回の記事に記載しましたとおり、サーファーにとっての風には二側面あるということをお伝えしました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfsas24.[…]

サーフチェックサムネイル
北高型で東うねり
最新情報をチェックしよう!