高気圧と低気圧が交互にやってきて東うねりは途切れないまま続いてます【2021.10.7】

 

はるべえ
千葉・茨城は東うねりの
反応が続いてます!
やはり風がネックですね


はるべえ@波乗りブログ毎日更新1,500日の気象予報士
です。

10月7日 木曜日の
気圧配置と風と波の状況/
明日のサーフポイント情報を

本日も更新していきます。

一昨日くらいからの記事には
東うねりがしばらく続くパターンに
入ったかも⁈ というような記事に
していましたが、

高気圧と低気圧が交互にやってきており
東うねりはなんとか途切れないまま
千葉・茨城エリアには反応が続いています

風向きも東になったり南になったりと
その日によって異なるような日が続いていることから

ちょうどそれに合わせるかのように
駐車場がオープンになって
柔軟にポイント選びが出来るようになったので
よかったなぁ
っと思います

今日は東ベースの風でしたけど
明日は南ベースの風となりそうです

まずは今日の気圧配置から
見ていきましょう

参考)昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の天気図と波情報

 はるべえ東よりの風の影響を少しでも軽減したいところですはるべえ@波乗りブログ毎日更新1,500日の気象予報士です。10月6日 水曜日の気圧配置と風と波の状況/明日のサーフポ[…]

 

日々の気圧配置の推移と
千葉・湘南・茨城エリアの
波のコンディションについて
記事を毎日更新している
波乗りお天気ブログです

今日の気圧配置と風と波

午後3時の実況天気図 ASAS

実況天気図

午後3時の実況天気図です

大陸から南東方向に勢力を拡げてきた高気圧は
中心を東海上にまで移動させて
1つの高気圧として解析されるように
なってきました

また黄海から朝鮮半島付近にあった低気圧が
日本海の中部あたりまで移動してきており
その西側には高気圧が控えているという

高気圧と低気圧が交互にやってくる
ような気圧配置
です

またはるか南海上には
南シナ海を含めると熱帯低気圧が
3つ解析されている状況

フィリピンの東にある2つの熱帯低気圧は
それぞれほとんど停滞しているような
状況です。

衛星画像_211007

衛星画像を見ると
日本の南海上には広く雲のないエリアが
ひろがっていますが

さらに南の海上には
熱帯低気圧やこれから熱帯低気圧になりそうな
雲域も見られており
だいぶ活動が活発になってきているようにも
見てとれます

アメダス風向211007_1500

午後3時のアメダス風向風速データです

今日も千葉エリアは東ベースの風が
吹き続けた一日となりました

でも今日はそんなに風は強くは
吹かなかった印象で
大きく面が乱れるような感じまでは
吹いてこなかったかと思います

湘南エリアは南よりの風も混じりながらも
北からの風も吹いたりと
風は弱くて不安定なままだった模様

石廊崎の波浪観測データ_211007_20

こちらは石廊崎の波浪観測データです

特に南からの風波などが
反応している訳ではなく
波高は1m以下の低い状態が続いています

今日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2021/10/07
日の出:05:38 / 日の入:17:15
大潮
満潮:04:46(161cm) / 16:53(159cm)
干潮:10:53(41cm) / 23:09(26cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2021/10/07
日の出:05:41 / 日の入:17:18
大潮
満潮:05:05(158cm) / 17:12(157cm)
干潮:11:13(35cm) / 23:31(24cm)

【千葉・湘南】今日の波

千葉南エリアでは朝は北東の風が
吹いていましたが

潮が多い時間帯だったからか
白渚の今朝はかなり多くのサーファーが
集まっていました

見た目ヨレが少しあるような波に
見えましたけど
たまに入ってくるセットは
腹胸くらいのサイズもあって
少しできるコンディションだったかと思います。

和田エリアも風の影響で
ヨレた感じの波でしたけど
今日も太陽と雲がいい感じでした

午後は東~南東の風が吹いた時間が多く
腹胸くらいのサイズ感は続いたものの
オンショアの風によって
まとまりのない波が続いた
ようです

明日の気圧配置と風と波

明日午前9時予想天気図 FSAS24

予想気圧配置

明日午前9時の予想気圧配置です

明日は、北海道の南東海上に低気圧が予想されており
寒冷前線が西南西方向へと北日本を横断して
日本海中部あたりまで伸びてきそうです

東海上の高気圧は1030hPaとして予想されており
高気圧の南側では東ベースの風が
続いています

はるか南海上の熱帯低気圧は1つは
解析されなくなってきましたが
南シナ海にある熱帯低気圧は
台風として予想されています

日本付近への影響はないでしょう

明日のざっくり風イメージ

ざっくり風イメージ211007

明日のざっくり風イメージはこちら

東海上の高気圧からの吹き出しは
東よりの風を送り続けており
日本付近へ東うねりは反応が続きそうです

沿岸部の風は高気圧から吹き出した風が
北海道の南東海上にある低気圧やそこから
のびる寒冷前線に向けて

南~南西の風として入りやすそうな
気圧配置
となりそうです。

ただそれほど強くは吹かなそうですが
午後も南よりの風は続きそうな感じですね

沿岸波浪24時間予想図 FWJP

沿岸波浪予想図

明日の午前9時の沿岸波浪予想図です

千葉エリアには東うねりの反応が
今日と同じくらいのサイズ感で
反応は続きそうですが

後半はややダウンしてくるかもと
いった状況でしょうか

東うねりの反応がよいポイントでは
腹胸くらいのサイズ感で
遊べるサイズの波はありそう
です

湘南も弱いながらも何とか
ブレイクはするくらいなサイズ感で
今日と同じくらいですが
物足りない感じは継続してしまいそう。

吉浜までいけば鵠沼周辺よりか
ワンサイズくらいはアップした波が
入っているかもしれません。

明日の暦と潮回り

勝浦の潮位情報_211007

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2021/10/08
日の出:05:39 / 日の入:17:13
大潮
満潮:05:31(162cm) / 17:17(161cm)
干潮:11:26(53cm) / 23:45(18cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2021/10/08
日の出:05:42 / 日の入:17:16
大潮
満潮:05:51(158cm) / 17:35(157cm)
干潮:11:47(48cm) / -(-cm)

明日の風と波(千葉・湘南エリア)

明日も大潮回りです

朝一はほぼ満潮時刻と重なることから
厚い波か割れにくいコンディションからの
スタートとなりそう

千葉エリアは東海上の高気圧の縁辺から
東~南東うねりの反応が
今日と同じくらいで続きそうなので

明日もポイントによっては
腰腹~胸くらいのサイズ感はありそう
ですね

朝から南~南西の風となりそうなので
一宮周辺や千歳・千倉ポイントから
チェックしていくのが良さそうです。

駐車場問題があってから
あんまり閉鎖しているポイントの
ことは書かないほうがよいかなと思って

少し気を使いながらの記載をしていたのですが
ここ最近はそんな気を遣わなくなりましたが
茨城エリアのことはほとんど書いてませんでしたね・・・

東うねりの反応がよくて南西の風を
かわすポイント
といえば
個人的にはまっさきに鹿嶋エリアが
気になるところです

千葉よりも東うねりの反応もよいはずなので
明日も風が合ってコンディション的には
そこそこ遊べる波が入ってきているのでは
ないでしょうか

明日は後半も南よりの風が続きそうなので
これらポイントでは、潮回りの時間帯だけ考慮すれば
楽しめる波が期待できそうですね

一方で湘南はサイズは物足りないままで
風もオンショアベースで入ってきてしまうので
コンディションはイマイチは状態が
続きそうです

千葉や茨城の南風をかわすポイントへ
向かったほうが遊べる波はあるでしょう

明後日の風と波(千葉・湘南エリア)

予想気圧配置

明後日は北海道の南東海上にあった低気圧は
東へと遠ざかり、代わってまたもや
北に偏ったいわゆる北偏する高気圧に
覆われてくる予想気圧配置
です

明日は南よりの風ですが
北偏する高気圧がすっぽり覆ってきたら
東~北東の風が吹きやすくなってきます

明後日のケースでは
北東の風というよりも東風が
入りやすそうな高気圧の形
をしていますね

高気圧中心が北にある高気圧や低気圧が
次々と東へと移動していくので

1つ前の高気圧がつくりだしてくれた
東うねりがなくなる前に
また新たな高気圧からの東うねりが
入ってきそう
なので
東うねりで波は続きそうです

なのですが
沿岸部には東よりの風も入りやすいので
この東風を少しでも軽減するポイントや
時間帯にタイミングよく入るというのが
良さそうですね

また明日の状況みて
土曜日の風と波については記載していきたいと思います

 

【大人気の耳栓】冷たい海に入るときの必須アイテム
SurfEars 3.0は超オススメです
Amazonだと少し安く購入できます

Twitterタイムライン/気象実況データ

Twitterタイムライン

Windy

Windy.com:https://www.windy.com/

Wind

Waves

Swell1

気象庁各種データへのリンク

天気図

アメダス風向風速

台風情報

 

今日の記事は以上です。

Twitter/Instagram/Facebook/Youtube
でも発信しています!


こちらの記事も合わせてご覧ください!

梅雨の波

気圧配置と天気図パターンによる波のコンディションを解説前回のこのカテゴリでは、「高気圧からの吹き出し」と「アリューシャンからの北東うねり」による波のコンディションについて記載しました[sitecard subtitle=関連記事[…]

梅雨の波アイキャッチ
エリア毎の特徴:伊勢~宮崎

ポイント毎に異なるうねりの反応前回の記事ではサーフエリア毎の特徴とうねりの反応について、千葉を起点にして伊良湖までのエリアについて記載しました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfs[…]

エリア毎の特徴とうねりの向き(伊勢~和歌山~四国~宮崎)
交互に高気圧と低気圧
最新情報をチェックしよう!