超大型の台風18号(コンパス)の強風域は半径950㎞!今後は北上してから西進予想へ【2021.10.9】

サーファーと台風についてのKindle電子書籍
【Kindle】サーファーが知っておきたい台風の知識

 

はるべえ
南海上の台風18号は
超大型の台風となりました


はるべえ@波乗りブログ毎日更新1,500日の気象予報士
です。

10月9日 土曜日の
気圧配置と風と波の状況/
明日のサーフポイント情報を

本日も更新していきます。

フィリピンの東にある台風18号は
強風域の半径が950㎞もある
超大型の台風
になってきています

超大型の台風の発生は
1年に1回あるかないかくらいでしょうか

そんなに頻発するような台風ではないので
感覚的には久しぶりに発生したなあと
いった感じです

一方で日本の東海上にある高気圧から
東うねりの反応が良くなってきそうな
気圧配置
になってきています

風向きが日々変わってきていますので
うまく風をかわすポイントや時間帯に入って
サーフィン楽しみたいですね

まずは今日の気圧配置から
見ていきましょう

LINEでも紹介したSurfEars 3.0
冬の海もこれがあれば安心です!
Amazonだと少し安く購入できます

参考)昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の天気図と波情報

 はるべえ今日は二十四節気の「寒露」ですが今日も暑かったですね・・・はるべえ@波乗り大好きな気象予報士です。10月7日 金曜日の気圧配置と風と波の状況/明日のサーフポイント情[…]

二十四節気の寒露

 

日々の気圧配置の推移と
千葉・湘南・茨城エリアの
波のコンディションについて
記事を毎日更新している
波乗りお天気ブログです

今日の気圧配置と風と波

午後3時の実況天気図 ASAS

実況天気図

午後3時の実況天気図です

日本海北部と北海道の南東海上には
それぞれ高気圧があり
日本付近はこの高気圧に北から覆われる
気圧配置が続いています

これら高気圧の中心気圧はどちらも
1030hPa
で勢力としてはかなり強い高気圧です。

また南シナ海とフィリピンの東には
それぞれ台風17号と18号があって
昨日からほとんど動きはないか
ゆっくりとした動きで同じような位置にある状況です

台風17-18号_211009

こちらは台風17号と18号の進路予想図ですが
この2つの台風はどちらも大きい台風であること
が注目ですね

台風17号は大型の台風であり
台風18号に関しては超大型の台風として
解析されています

ここ最近ではあんまり超大型の台風の
発生はなかったように思います。
久しぶりの超大型の台風ではないでしょうか

ちなみに台風の大きさは
風速15m/s以上の強風域の広さ」で定義されます。

はるべえ

強風域の半径:

  • 500km~800km 「大型の台風」
  • 800km以上 「超大型の台風」
関連記事

なぜサーファーが台風に注目するのか?[caption id="attachment_8459" align="alignleft" width="2016"] 某ポイント:台風の強い南うねりが入ったときに素晴らしい波が現れる[/capt[…]

本日15時の情報では
台風18号は強風域の半径がなんと全域で950㎞にも
なっているようであり

東京から九州あたりまですっぽり入るような
かなり広い範囲で強い風が吹いていることになります

アメダス風向211009_1500

今日の風に戻りますが
こちらは本日午後3時のアメダス風向風速データです

いつもこのブログをお読みいただいている方には
お馴染みかもしれませんが

北から覆う高気圧・北偏する高気圧に
覆われる気圧配置となったときには
北東ベースの風が吹いてきます

今日も朝のうちは
まだ風も弱めで影響は少なかったようですが
午前中から予想通り北東~東の風が
強めに入ったポイントが多くなったようです

石廊崎の波浪観測データ_211009_20

こちらは石廊崎の波浪観測データですが

ここ最近は東ベースの波が続いていることから
ほとんど反応は変わらない状況が続いています

今日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2021/10/09
日の出:05:40 / 日の入:17:12
中潮
満潮:06:19(157cm) / 17:42(161cm)
干潮:11:58(68cm) / -(-cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2021/10/09
日の出:05:43 / 日の入:17:15
中潮
満潮:06:39(153cm) / 17:58(156cm)
干潮:00:08(16cm) / 12:21(64cm)

 

【千葉・湘南】今日の波

千葉エリアの朝はまだ北東からの風は
強くは吹いていない時間帯があって

東うねりが昨日と同じくらいの腹胸くらいの
サイズ感で続いた
ことから
そこそこ遊べる波がありました

千葉南エリアの朝一は
鴨川マルキは潮が多くてうねりだけでフラット、
白渚はヨレた感じはあるものの
セットは腹胸くらいあって
十分楽しめるコンディションでしたが

午前中のうちから
北東の風が強まってきて
まとまりのない波になってしまった
ようです

やはり今日は朝一から昨日出来ていたポイントで
入っておく
というのが良かったようですね

千葉北エリアも朝一は
西の成分が入った北西の風が吹いた
時間帯があったようで、

昨日遊べる波のあった一宮周辺では
風が入るまでの数時間は
そこそこ楽しめるコンディションに
なったのではないかと思います。

ただこちらも北東の風が
午後にはだいぶ強まってしまいましたね・・・

明日の気圧配置と風と波

明日午前9時予想天気図 FSAS24

予想気圧配置

明日午前9時の予想気圧配置です

明日は、北緯40度線付近で
高気圧がまとまって中心が1つになり
高気圧はおにぎり型になってくる
予想気圧配置です。

おにぎり型で中心が関東地方よりも
北にある高気圧からの吹き出しによる
東よりの風の影響がある一日となりそうです

台風17-18号_衛星画像_211009

台風18号は明日の午後の時点で
大きさは「超大型」から「大型」に
ワンランクダウンしてきそうですが

衛星画像を見ても
広大な雲域がひろがっているのが
わかりますね

明日のざっくり風イメージ

ざっくり風イメージ211009

明日のざっくり風イメージはこちら

東海上で1つになった高気圧からの
東~南東の風が入りやすい一日となるでしょう

今日と同じく朝一の数時間だけは
風が弱いタイミングか西の成分が入った風が
入るかもしれませんが

午前中から南東ベースの風が
やや強めに入ってきて
多くのポイントでは風の影響
を受けてしまうでしょう

早めの行動が良さそうです

沿岸波浪24時間予想図 FWJP

沿岸波浪予想図

明日の午前9時の沿岸波浪予想図です

東海上の高気圧の南側の縁辺で吹く
東風によってつくられた東うねりが
明日は次第に反応が良くなってきそう
です

朝のうちは今日と同じくらいかも
しれませんが
時間の経過とともに東うねりで
サイズは上がってくるポイントが
多くなりそうです

明日の暦と潮回り

勝浦の潮位情報_211009

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2021/10/10
日の出:05:40 / 日の入:17:11
中潮
満潮:07:10(147cm) / 18:08(158cm)
干潮:00:24(15cm) / 12:30(83cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2021/10/10
日の出:05:44 / 日の入:17:14
中潮
満潮:07:31(145cm) / 18:21(153cm)
干潮:00:47(13cm) / 12:53(80cm)

 

明日の風と波(千葉・湘南エリア)

明日の千葉エリアは
東よりのうねりの反応は
朝は今日と同じくらいで

次第に少しサイズアップしてくる
傾向
となってきそうです

朝一は今日と同じく
風が弱いか、もしくは北西の風が
吹く時間帯が日の出から1~2時間
くらいあるかも
しれませんが

午前中のうちから
東~南東の風の影響がやや強めに
入ってきて
多くのポイントで風の影響が出てしまいそうです

明日も風が弱いかオフよりの風が
吹く可能性がある朝一から入っておくのが
無難となってきそう
です

ただ明日も朝一は潮が多い時間帯なので
潮が多少多くても割れやすいポイントへ
向かったほうがよいでしょう

午後はサイズはアップしてきそうですが
南東の風の影響が強く出てきそうなので

朝一を逃してしまい
南東の風が強めに入ってきてしまったら
少しでも風の影響を軽減するポイント
へ向かうなどしたほうがよいかと思います

具体的なポイントなどについては
LINEのほうで記載するようにします。

湘南エリアは今日よりも南東ベースの
波の反応が良くなってくる可能性がありそうです

沿岸波浪予想図を見ても
相模湾では波高1.5mが予想されており
前半はまだ今日と同じくらいかも
しれませんが

後半は少しサイズアップ
してくるかも
しれません

そんなに大きなサイズアップには
ならなくて風の影響も受けてしまいそうですが
ここしばらく物足りない波だったかと思いますので

少しコンディションは割り切ってでも
明日の後半に少しサイズアップすることを
期待して海に入るというのも
よいかもしれませんね

明後日の風と波(千葉・湘南エリア)

予想気圧配置

明後日の午前9時の予想気圧配置です

東海上の高気圧からの張り出し
部分が西へとひろがり
オホーツク海で低気圧が台風並みに発達しながら
東へと進んでくる予想気圧配置です

東海上の高気圧からの東うねりは
明日よりも更に反応がよくなり

高気圧の縁辺から
寒冷前線に沿って南西ベースの風が
入りやすくなってきそうです

南西の風をかわすポイントでは
サイズ十分で風もかわして
コンディションが上向いてくる
可能性がありそう
です

南西の風が強くなるかもしれなく
中級者以上向けの波になってきそうですが
サイズも十分反応でてきそうなので

明日の東うねりの反応具合もチェックしておくと
よいかと思います。

【大人気の耳栓】冷たい海に入るときの必須アイテム
SurfEars 3.0は超オススメです
Amazonだと少し安く購入できます

Twitterタイムライン/気象実況データ

Twitterタイムライン

Windy

Windy.com:https://www.windy.com/

Wind

Waves

Swell1

気象庁各種データへのリンク

天気図

アメダス風向風速

台風情報

 

今日の記事は以上です。

Twitter/Instagram/Facebook/Youtube
でも発信しています!


こちらの記事も合わせてご覧ください!

エリア毎の特徴:伊勢~宮崎

ポイント毎に異なるうねりの反応前回の記事ではサーフエリア毎の特徴とうねりの反応について、千葉を起点にして伊良湖までのエリアについて記載しました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfs[…]

エリア毎の特徴とうねりの向き(伊勢~和歌山~四国~宮崎)
台風の知識

サーファーが知っておきたい台風に関する知識シリーズ4回目です。前回までの記事をざっとおさらいしておきますと1回目はそもそもの台風の定義のところから、台風の強さや大きさのカテゴリについて記載していますhttps://asasfsa[…]

超大型の台風18号
最新情報をチェックしよう!