西高東低の冬型で強い北西の風、湘南と千葉南には東海沖から西うねりが反応【2021.12.13】

サーファーと台風についてのKindle電子書籍
【Kindle】サーファーが知っておきたい台風の知識

はるべえ@波乗りブログ毎日書いてる気象予報士です。

12月13日 月曜日の
気圧配置と風と波の状況/
明日のサーフポイント情報を

本日も更新していきます。

今日はいつもより遅い更新となりました
明日も更新が少し遅くなりそうです

昨日は南西の風が吹いて
暖かかった日曜日でしたけど

今日は朝から千葉南エリアは
北西の風が強めに入って
だいぶ寒く感じましたね・・・

水温はまだ千葉南は温かくて
もちろんブーツは不要ですが
北西からの冷たい風で
外気に触れている手が寒かったです

明日は更に気温は低くなり
10℃に届くかどうかといったくらいで
一時的に雨も降る可能性がありそうです

先週ずっと続いた北東~東うねりも
落ち着いてだいぶサイズも下がりましたが

今日は湘南に東海沖から西うねりが
反応してきたようで
遊べる時間帯があったようですね

ということで
まずは今日の気圧配置から見ていきましょう

🔷昨日の記事

南高北低の気圧配置で
南西の風により気温上昇、
明日は西高東低の
冬型の気圧配置へ【2021.12.12】
https://asasfsas24.com/20211212/wave-23744/

🔷一昨日の記事

真冬の訪れを告げる「けあらし」、
強い東北東うねりは
少し落ち着いてきた【2021.12.11】
https://asasfsas24.com/20211211/wave-23729/

こちらにお得な無料トライアル案件をまとめてます
https://asasfsas24.com/support/

今日の風と波:湘南に東海沖から西うねりが反応

実況天気図

今日の午後3時の実況天気図です

昨日は暖かかった南高北低の気圧配置から
今日は西高東低の気圧配置となり

北日本から東日本にかけては
等圧線の間隔も狭く
強い北~北西の風が吹いた地点が
多くなりました

昨日、日本海にあった低気圧は
発達しながらオホーツク海まで移動し
午後3時の時点では中心気圧を
974hPaまで下げてきています

千葉と湘南の各ポイントも
北~北西の風が吹いたところが多く
強めに吹いた時間も多くなりました

台風22号_211213

日本付近は冬型の気圧配置となりましたが
はるか南海上では台風22号が発生しています

昨日の記事にも書きましたけど
台風はこのまま西へと進む予想となっており
フィリピンを横断して南シナ海へと
抜けていく見込みです

日本への影響はありませんね

石廊崎の波浪観測データ_211213

こちらは石廊崎の波浪観測データです

昨日強まった南西の風は昨夜夜遅くまで
強い状態が続き
その後は西~北西の風にシフトして
きましたが

冬型が強まったことで
東海沖でも西風が強く続き

今日の石廊崎の波浪観測データには
午前4時ころから波高が高くなって
きていたようでした

昨日の南西の風波だけだと
すぐにダウンしてしまいますが
今日は東海沖で西風が強い状態が
続いたことからすぐにダウンはせず

17時までは1.3mの波高をキープ
して観測されていました

今日の湘南エリアは
朝一はまだ反応はあまりなかったようですけど
午前9時くらいからでしょうか

鎌倉エリアや藤沢エリアの鵠沼などでも
南西の風波と東海沖からの西うねりが
反応してきて

遊べるサイズまでアップしてきた
ようでしたね

 

いつも東海沖からの西うねりをチェックするときに
参考にしている海の安全情報のサイトの
御前崎灯台の西風を見てみると
午後3時くらいまで風速10m/s以上で
観測されていたようなので

夕方までは腰腹くらいのサイズで
楽しめる波が続いたのではないかと思います

★海の安全情報のサイト
https://www6.kaiho.mlit.go.jp/03kanku/shimizu/omaesaki_lt/kisyou/index.html

こちらの記事に東海沖からの西うねりの
反応のタイミングなどについて詳しく記載しています

関連記事

季節毎の特徴的な気圧配置のときに、どのような風と波のコンディションになるのでしょうか?このブログでは、こちらのカテゴリにて、様々な気圧配置と天気図パターンによる波のコンディションについて解説してきています[…]

東海沖からの西うねり

千葉エリアの朝一は
北西の風がかなり強く吹いていましたね

千葉南エリアは東北東うねりは弱まり
つつも反応は続き
昨日吹いた南西の風波と西うねりも
反応してきていて

多くのポイントではオフショアですけど
波はヨレが入った波が多かったです

サイズは腰腹~胸くらいのセットは
コンスタントに入ってきていましたが
オフショア強すぎな感じで
もうちょっと風が落ち着いて欲しかった
ですね・・・

shirasuka-211213

shirasuka-211213-2

今日は夕方の白渚を見てみましたが
先週と比べると波はだいぶ落ち着いて
きましたね

この時間帯はたまに腹胸くらいのセットが
形良く入ってくるんですが
ショルダーがすぐに厚くなってしまう
波が多かったです

maruki-211213

maruki-211213-2

鴨川マルキポイントも
だいぶ落ち着いてきて
この時間はアウトではなかなか割れず

手前のブレイクが中心で
切れ目のいいところから乗ると
レフトの波は少し走れる波も
ありました

水はまだそんなに冷たくなくて
ブーツはまだ不要です

🔷今日の暦と潮回りはこちら🔷

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)
2021/12/13
日の出:06:38 / 日の入:16:27
小潮
満潮:12:26(128cm) / -(-cm)
干潮:05:29(68cm) / 19:16(63cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)
2021/12/13
日の出:06:42 / 日の入:16:30
小潮
満潮:12:44(121cm) / -(-cm)
干潮:05:57(67cm) / 19:23(60cm)

明日の風と波:西うねりはサイズダウン~寒くなりそう

予想気圧配置

明日午前9時の予想気圧配置です

オホーツク海まで移動して発達した低気圧は
カムチャツカ半島付近まで移動し
更に中心気圧を964hPaまで下げて
くる予想気圧配置です

北日本の冬型も明日の朝までには
緩んできそうであり
西から高気圧に覆われてきます

関東の東海上には朝から高気圧が
予想されていますが
ここには掲載していなんですけど
夜9時にはこの高気圧の西側に
小さな低気圧が発生する予想に
なっているんですよね

朝のうちは今日と同じく
各地で北よりの風が吹いてきそう
なのですが

昼前からは風向きは微妙になってきそうで
東~北東の風が吹いてきそうな
予想がでていますが
不安定な風向になる可能性がありそうです

波のほうは
湘南エリアに今日反応していた
南西の風波と西うねりは

今夜のうちにサイズダウンしてきそうで
明日の朝には物足りない
サイズの波になってしまっていそうです

千葉エリアも南部で反応している
西うねりはダウンしてしまい
北東~東うねりの残りの反応で
少しできるサイズは残りそうな感じで

今日よりも少しサイズダウン傾向な
コンディションからのスタートと
なりそうです

それでも千葉エリアは
東うねりの反応がよいポイントでは
腰腹サイズは残ってそうなので

潮が少なく北風もそれほど
強くは吹いてなさそうな
速い時間帯から入っておくのが
よいかもしれませんね

千葉エリアは微妙ながらも
何とかあそべる波はありそうです

🔷明日の暦と潮回りはこちらです🔷

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)
2021/12/14
日の出:06:39 / 日の入:16:28
長潮
満潮:01:23(105cm) / 13:06(131cm)
干潮:06:38(77cm) / 20:02(49cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)
2021/12/14
日の出:06:42 / 日の入:16:30
長潮
満潮:01:39(107cm) / 13:22(125cm)
干潮:07:05(76cm) / 20:12(45cm)


【お知らせ】
サーファーズイヤーにならないために
冬の海に入る時は耳栓をおすすめします
SurfEars 3.0は超オススメです
Amazonだと少し安く購入できます

明後日の風と波:台風22号は非常に強い勢力でフィリピンへ

予想気圧配置

明後日の午前9時の予想気圧配置です

明日の夜までには関東の東海上に
小さな低気圧が発生するようなのですが
その低気圧は東へと少し遠ざかる
感じに移動していきそうです

明後日は高気圧に再び覆われてきて
晴れ間が戻ってきそうです

日本の南にある高気圧の前面に
関東地方は位置することから
北西~西よりの風が入りやすく
それほど強くは吹かない可能性も
ありそうです

東海上を離れていく高気圧からも
東うねりの反応がありそうで
千葉エリアは遊べるだけのサイズは
キープしそうな感じでしょうか

台風22号はこれから非常に強い勢力にまで
発達してフィリピンへ接近・上陸する
予想となっています

大きな被害が出ませんように
フィリピンにいらっしゃる方は
十分お気をつけください

また明日の状況みて
記事に更新していきたいと思います


気象関連実況データ

Twitterタイムライン

Windy:https://www.windy.com/

Wind

Waves

Swell1

天気図

アメダス風向風速

台風情報

過去の「今日の気圧配置と波情報」

過去5年分の今日の記事を紹介しています

OnThisDay-2016.12.12

12/13 3:00九州の南に低気圧、本州付近は高気圧の後面に覆われて天気は下り坂この低気圧が今夜にかけて関東に近づいてくる今朝の千葉エリアはまだスモールただウネリに敏感な一宮周辺では腰腹サイズまで持ち直し、適度に遊べるコンディショ[…]

IMG
OnThisDay-2017.12.13

12/13 3:00 ASAS千島近海には970hpaの低気圧があり等圧線の間隔が狭く強い冬型の気圧配置となっている。衛星画像では日本海の離岸距離が短く北西~西からの対流雲列でびっしりな状況。この発達した低気圧からのうねりがこの週末あた[…]

IMG
OnThisDay-2018.12.13

12/13 3:00 地上天気図と波情報昨日日本付近を通過した低気圧は東の海上へ抜けて発達しています。日本付近は西高東低の冬型の気圧配置。等圧線が縦にはしり今朝も北から北西の季節風が強めに吹く朝になっています。大陸の高気圧も勢力[…]

OnThisDay-2019.12.13

気圧配置&天気と波情報 : 南東うねりが抑えられサイズダウン午前3時の実況天気図 ASAS日本付近を通過していった二つの低気圧はカムチャツカ半島からアリューシャン方面へと北東へ進み、中心気圧は970hpaまで発達した大きな低圧[…]

OnThisDay-2020.12.13

おはようございます。はるべえです。12月13日 日曜日の天気図と波情報/波予想を本日も更新していきます。今日は東海上に低気圧が抜けていき弱い冬型の気圧配置となってますが、来週からの厳しい寒さの前の暖かい日曜日です。日[…]

寒波の前の日曜日

今日の記事は以上です。

Twitter/Instagram/Facebook/Youtube
でも発信しています!


こちらの記事も合わせてご覧ください!

東海沖からの西うねり

季節毎の特徴的な気圧配置のときに、どのような風と波のコンディションになるのでしょうか?このブログでは、こちらのカテゴリにて、様々な気圧配置と天気図パターンによる波のコンディションについて解説してきています[…]

東海沖からの西うねり
エリア毎の特徴:伊勢~宮崎

ポイント毎に異なるうねりの反応前回の記事ではサーフエリア毎の特徴とうねりの反応について、千葉を起点にして伊良湖までのエリアについて記載しました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfs[…]

エリア毎の特徴とうねりの向き(伊勢~和歌山~四国~宮崎)
台風の知識

なぜサーファーが台風に注目するのか?[caption id="attachment_8459" align="alignleft" width="2016"] 某ポイント:台風の強い南うねりが入ったときに素晴らしい波が現れる[/capt[…]

防寒アイテム

1枚持っているとかなり使えるサーフィン用インナー秋が深まってくると水温は気温に遅れて徐々に冷たくなってきます。ここ最近の冬はかなり水温は暖かい年が多く、千葉エリアは12月に入ってもまだセミドライは不要な状況が続く年も[…]

冬のサーフィン防寒対策

今回の記事では、冬のサーフィンで気を付けるべきことについて記事にしていきます。サーフィンは夏にやるものというイメージが強いですけど冬も海に入ってサーフィンしている人はたくさんいます冷たい海に入ってサーフィ[…]

冬のサーフィン防寒対策
最新情報をチェックしよう!