千葉・茨城にも午前中から北東うねりが反応してきました【2022.1.29】

はるべえ
はるべえ@
波乗りブログ毎日書いてる
気象予報士
です

1月29日 土曜日の
気圧配置と風と波の状況を

本日も更新していきます。

今日のどのタイミングで
3日前のアリューシャンからの北東うねりが
反応してくるのか

昨日の記事でもこのタイミングに
注目をしていたところですが

千葉エリアには今日の午前中から
各ポイントでサイズアップしてきて
北東うねりがしっかり反応してきましたね

今日は風の影響がそれほど強まらず
一宮周辺などは胸肩~頭サイズの波で
十分楽しめる波があったとのこと

やはり唐桑の波浪観測データで
周期の長い波が連続して観測されはじめてから
千葉・茨城エリアにも反応してきました。

気象庁のデータなど
なるべく誰でも簡単にアクセスできる
データを見て

波の反応のタイミングなどを知ることが
できれば・・・っと日々考えているところですが

当然ながら自然のことなので
その時々で状況が異なることから
一筋縄では想定ができないところがあります

それでもいろいろなパターンで
データをとってみると
何となくの傾向くらいは見えてくるかなっと思い
各種データと波を見る毎日を送っています

そんな内容を毎日記事にしていますので
こんな感じの内容が面白いなと思ったら
LINEへ友達追加していただいて
いろいろ一緒に検討していきましょう!

ということで
今日もまずは気圧配置から
見ていきましょう

今日の気圧配置と風と波

午前9時の実況天気図

今日の午前9時の実況天気図です

大きく見ると西高東低の気圧配置ですが、
関東の南東海上の少し離れたところには
小さな低気圧があるのと
その南には高気圧が解析されています。

関東地方付近の等圧線は、
本来の冬型のような縦縞で
かかるような感じではなく、

北東から南西に斜めにかかるような
感じとなっていて、
今日は北〜東の風が吹きやすい
時間帯が多かったです。

昨日の記事では
25日後半あたりからアリューシャンで
猛烈に発達しだした低気圧からの
北東うねりが、

千葉エリアにどんなタイミングで
反応してくるかを注目してました

唐桑の波浪観測データ_220129

昨日の16時から4時間連続で
14秒の長い周期の波が観測されたところまで
昨日は記事にかきましたが、

その後も10秒以上の周期の波が
連続して今日も夕方まで
観測されています。

千葉南エリアの朝一は
まだ北東うねりが反応してきた
という感じはなく、

昨日と同じくらいのサイズ感
でのスタートでしたが、

千葉北エリアの九十九里〜一宮周辺では
朝から北東うねりの反応で
昨日よりもサイズアップ
してきていたとのこと。

唐桑の波浪観測データで
連続して10秒以上の周期の波が
観測されはじめてから、

今回はざっくり10〜15時間後に
千葉北エリアに反応してきた
感じでしょうか

そんな単純に相関はとれませんし
時間の幅が大きいので
何とも言えないところではありますが、

今回も唐桑の波浪観測データで
周期10秒以上の波が連続して観測されてから
千葉エリアにも反応してきた
という結果にはなりました。

千葉北エリアでは
やはり北東うねりの反応がよい一宮周辺では、

昨日の記事に記載したサイズ感の
胸肩〜頭サイズのセットが
入ってきていたとのことで、

風の影響もそんなになく
十分なサイズで楽しめていたようですね!

千葉南エリアでは一宮周辺ほどはサイズは
あがっていませんでしたけど
朝二くらいの午前中から
少しサイズアップしてきて、

ポイントと潮の時間帯を選べば
遊べるブレイクはありました

こちら写真を撮ったときの時間帯は
まだそこまでサイズの反応がないときでしたけど
この後はもう少しサイズでてきました。

ミドル付近の深いところから
インサイドよりの砂が付いているところで
一気にホレる早くてワイドなブレイクが
多めですけど

たまに切れたポジションから乗れれば
楽しめる波でした

今日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)
2022/01/29
日の出:06:40 / 日の入:17:03
中潮
満潮:03:40(120cm) / 12:56(129cm)
干潮:07:54(103cm) / 20:49(3cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)
2022/01/29
日の出:06:43 / 日の入:17:06
中潮
満潮:04:05(126cm) / 13:16(128cm)
干潮:08:37(105cm) / 21:17(4cm)

明日の気圧配置と風と波

明日午前9時の予想気圧配置

明日午前9時の予想気圧配置です

明日も大局的にみれば西高東低の
気圧配置が続きそうです。

関東の東海上には低気圧があり
南海上の離れたところを前線を伴った
低気圧が東進していきます。

明日の沿岸部の風は
朝は各地で北西からのオフショアベースの
風が吹きそうですが

次第に北~北東の風がやや強めに
吹いてくる予想となっています。

沿岸波浪予想図

今朝から反応が良くなってきた北東うねりは
明日も反応が続きそうです。

明日午前9時の沿岸波浪予想図のデータでは
房総半島沖で北東の波、周期は13秒、波高は1.6m
として予想されています

今日と同じくらいのサイズ感で
明日も千葉エリアには北東うねりの
反応が続きそうなので

ポイント選べばサイズは
問題なさそうですが

北よりの風が強めに吹いてくる
時間帯がありそうなので
風の影響が気になるところです。

今日はサイズの反応もよく風も弱かった
一宮周辺は明日は北風の影響を受けて
しまいそう、、、

朝一だけだったら北西の風が吹いてる
時間が少しあるかもしれないので
朝一狙いだったらよいかもしれません。

無難なのはやはり片貝エリアでしょうか
一宮周辺よりかはサイズは少し下がるかもですが
ミドルサイズで遊べる波は続くのでは
ないかと思います。

北風をかわす飯岡や御宿でも良さそうですが
少しサイズは抑えられてしまうかもなので

北東の風が強めに入ってなければ
少し南下した椎名内~吉崎や部原などを
チェックしてみてもよいかもしれません。

勝浦の潮位データ_220129

鴨川以南の千葉南エリアは
千歳や千倉は風の影響が出てしまいそうなので
朝一のみなんとかといった感じで

鴨川~和田エリアの潮の少ない時間帯に
入りたいところなんですが

この時期は夜にかなり潮が引いてきますが
日中はあまり潮が動かないという
潮回りなんですよね・・・

北東うねりは今日と同じくらいで
続く可能性があるので
厚めながらも楽しめる波はありそうですが
少しでも潮が少ない午前9時前後に
タイミング合わせて入りたいところですね

御前崎灯台データ_220129

こちらは御前崎灯台の風のデータですが
今日の昼くらいから西風が強まってきているようです

石廊崎の波浪観測データにはまだ
反応は出てないようですが
夜中には西うねりが少しアップしてくる
かもしれません

なんですけど、
東京湾から相模湾にかけて北~北東の風が
強めに吹いてくる予想もでており
東海沖の風も西から北西っぽい風にも
シフトしてきそうなので

明日の湘南への西うねりの反応は
あったとしても朝一に少しだけで
すぐになくなってしまいそうな
反応で終わってしまうのではないかと
思います

明日も千葉は十分サイズはありそうなので
サイズを求めて千葉へ向かったほうが
良いでしょう

明日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)
2022/01/30
日の出:06:39 / 日の入:17:04
中潮
満潮:04:28(130cm) / 14:08(135cm)
干潮:09:11(100cm) / 21:43(-9cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)
2022/01/30
日の出:06:42 / 日の入:17:07
中潮
満潮:04:51(136cm) / 14:29(135cm)
干潮:09:43(102cm) / 22:09(-8cm)

明後日の気圧配置と風と波

明後日の午前9時の予想気圧配置

予想気圧配置

明後日の午前9時の予想気圧配置です

オホーツク海には低気圧が3つ縦に並び
発達してくる見込みとなり
西高東低の冬型の気圧配置が
強まってきそうです

縦縞の等圧線が日本列島にかかり
明後日も北~北西の風が
強めに入りやすい気圧配置です

明後日も千葉エリアには北東うねりの
反応は前半まで残るかもしれませんが
次第にダウン傾向となってきそう

早めに入っておいたほうが
良さそうな感じですね

冬型の気圧配置が強まってくることによって
東海沖からの西うねりを期待したいところですが

東海沖でどれだけ西風が強くなって
相模湾で北寄りの風がどれだけ吹いてくるか
次第ですが

あんまり西うねりは期待できなそうな
風向きになってきそうな感じもします・・・

明日の状況を見て
また記事を更新していきます!


気象関連実況データ

Twitterタイムライン

Windy:https://www.windy.com/

Wind

Waves

Swell1

天気図

アメダス風向風速

台風情報

過去の「今日の気圧配置と波情報」

過去5年分の今日の記事を紹介しています

OnTたのhisDay-2017.01.29

1/29 3:00北日本の冬型も緩んできており日本付近は高気圧に覆われる一昨日からの南よりのウネリは弱まり、東海上の高気圧からの吹き出しベースのウネリへとシフト今朝の千葉エリア、昨日よりも若干サイズダウン傾向だが腰腹からポイントのよっ[…]

IMG
OnThisDay-2018.01.29

1/29 3:00 ASAS日本の東に高気圧は移動しかわって西から前線が東進中、北海道付近にも低気圧があり発達しながら北へ向かう。次第に冬型の気圧配置へ移行していっており、大陸からの離岸距離が短くなってきて北陸地方をめが[…]

IMG
OnThisDay-2019.01.29

毎日の天気図と波情報1/29(火) 3:00 地上天気図と波情報日本海を東進した低気圧は北海道を通過し東海上へ抜けていきました。北日本から東日本は等圧線の間隔が狭くなり強い北西の風が吹いています昨日は北海[…]

OnThisDay-2020.01.29

気圧配置&天気と波情報 :午前3時の実況天気図 ASAS昨日一日中広い範囲にまとまった雨をもたらした低気圧、午前3時の天気図ではちょうど南房総あたりに中心があるように見えており北東方向へと進んでいます。千葉南部は昨夜遅くは[…]

OnThisDay-2021.01.29

日本海で低気圧が急速に発達してきていますはるべえおはようございます。はるべえ@サーフィン大好きな気象予報士です。1月29日金曜日の天気図と波情報/波予想を本日も更新していきます。今日はこの低気圧に[…]

日本海で低気圧

今日の記事は以上です。

Twitter/Instagram/Facebook/Youtube
でも発信しています!


こちらの記事も合わせてご覧ください!

気圧配置による風と波

はるべえ今回は気圧配置の型によってどんな波になるのかを詳しく解説していきます毎日毎日天気図みて気圧配置の流れからどんな波のコンディションになるのかを見ていますが、、、気圧配置にもいろんなパター[…]

いい波に乗るために気圧配置パターン
うねりの向きを知っていい波をあてる

はるべえはるべえ@波乗りお天気ブログを毎日更新している気象予報士です/貴重な週末の休みの日に海に行くならいい波に乗りたいですよね!\週末サーファーの方なら誰もがそう思っているかと思いま[…]

うねりの向き
防寒アイテム

短い夏が終わりスッキリした秋空を経てどんよりした空模様と北東の風が続くともう冬はすぐそこまできている感じになってきます。海パンとラッシュでサーフィンできた季節が懐かしくすら思えて早くまた次の夏がこないかなと恋しく[…]

防寒アイテム

1枚持っているとかなり使えるサーフィン用インナー秋が深まってくると水温は気温に遅れて徐々に冷たくなってきます。ここ最近の冬はかなり水温は暖かい年が多く、千葉エリアは12月に入ってもまだセミドライは不要な状況が続く年も[…]

冬のサーフィン防寒対策

今回の記事では、冬のサーフィンで気を付けるべきことについて記事にしていきます。サーフィンは夏にやるものというイメージが強いですけど冬も海に入ってサーフィンしている人はたくさんいます冷たい海に入ってサーフィ[…]

冬のサーフィン防寒対策
冬のサーフィン準備と行動

前回は冬のサーフィンを快適に楽しむための防寒対策アイテムについて記載しました。冬のサーフィンで気をつけること~防寒対策アイテム編[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfsas24.c[…]

冬のサーフィン
“天気図から風と波を予想していい波をあてる”をテーマに、週末サーファーがいい波にのるための、気象・海の知識と経験則についてKindle電子書籍にしました。

Kindle Unlimited」への登録で、全ての本は30日間無料で読めます。Amazonユーザなら登録は簡単です Kindle Unlimitedはこちらから
最新情報をチェックしよう!