唐桑の波浪観測データの波の周期を要チェック、北東うねりの反応に期待したい!【2022.1.28】

はるべえ
はるべえ@
波乗りブログ毎日書いてる
気象予報士
です

1月28日 金曜日の
気圧配置と風と波の状況を

本日も更新していきます。

明日は待ちに待った週末土曜日です。

今週は強い冷え込みというよりかは
朝の気温が高い日もあって
極寒という感じではなかった
ですけど

明日からは最高気温も一桁止まりな
この時期として平年並みの
寒さとなってきそうです。

しばらく続いたアリューシャンからの
北東うねりは
昨日今日と少し落ち着いた反応と
なりましたが

明日からは再び周期の長い
しっかりとした北東うねりが
入ってくる可能性がありそう
です

すでに唐桑の波浪観測データでは
周期14秒の波が4時間連続で観測されており
明日のどのタイミングで反応が
でてくるのか要注目です。

週末朝一サーファーの方は
朝からしっかり反応してきていることに
期待したいところですが
果たしてどんな反応があるでしょうか

ということで
今日もまずは気圧配置から
見ていきましょう

今日の気圧配置と風と波

午前9時の実況天気図

今日の午前9時の実況天気図です

シベリアの高気圧は
ほぼ同じような位置にあり停滞傾向、

アリューシャンからカムチャツカ半島
付近には発達した低気圧があり、
今日も西高東低の気圧配置が続きます。

いつも掲載してきるのは
アジア太平洋域の実況天気図ASASなのですが、

こちら日本周辺の速報天気図SPASを見ると、
天気図上には間宮海峡付近と
カムチャツカ半島付近にある
二つの低気圧のみで、

これだけ低気圧や高気圧の
スタンプが少ない天気図も
珍しいかもしれません

今朝の千葉エリアは、
今日も北よりの風が吹いてましたが、
南房総では北東っぽい風が
やや強めに吹いていました。

その他エリアは
北から北西の弱い風で、
大きな影響は出てなかった模様です。

しばらく続いている北東うねりは、
昨日から落ち着きつつも
何とか続いているような状況で、

今朝もポイント選べば
腰腹〜胸くらいのサイズ感で
サーフィンできる波は十分あります。

今朝の千葉南エリアは
午前中はほとんど潮が動かない
”べったら潮”の長潮、

厚めの波やすぐに厚くなってしまう波が
多い時間帯でした。

サイズは少し物足りない感じになってきて、
ブレイク後は続かない波が多い午前の波です。

午後は潮が引いてくるので、
もう少しできるコンディションに
なったのかもしれません

少しサイズがダウンしてきたからか、
ファーストブレイクの後が続かない
感じの波が多かったです。

もう少し波打ち際の砂が
沖に出て行って欲しいところですね。

今朝はここが比較的良かった
のではないかと思います。

北東の風の影響で、
少しザワついた感じの
フェイスでしたけど、

セットは腰腹〜胸くらいのも
たまに入ってきて
レフトライト共にショートライド
できてました。

上手な方が入っていたからでしょうか、
乗り手によって波が良く見えますね

 こちらは北東の風が
やや強めに吹いて面にも影響していました。

やってやれなくはないくらいな
腰腹くらいの波は入って
きてましたけど、

今朝は誰も入ってませんでしたね。

今日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)
2022/01/28
日の出:06:40 / 日の入:17:02
若潮
満潮:02:24(107cm) / 11:35(126cm)
干潮:05:58(99cm) / 19:47(17cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)
2022/01/28
日の出:06:44 / 日の入:17:05
若潮
満潮:02:52(112cm) / 11:50(124cm)
干潮:06:40(103cm) / 20:14(18cm)

明日の気圧配置と風と波

明日午前9時の予想気圧配置

明日午前9時の予想気圧配置です

明日も大きく見ると
西高東低の気圧配置で、

アリューシャンからカムチャツカ半島
にかけては大きな低気圧が形成され、

シベリアにも高気圧が
居座る感じとなります。

 

ただ日本付近は強い冬型というわけではなく、
関東地方は等圧線がかからない
エリアに位置しており、

北よりの風がベースで
吹いてきますが、
風の影響はそれほど大きくは
ないかと思います。

気温は今日より少し低いくらいとなり、
これで平年並みの気温となります。

ざっくり風とうねり220128

明日のざっくり風と波のイメージです

明日の注目は
数日前にアリューシャンで
猛烈に発達していた低気圧からの
北東うねり

どのタイミングで
反応してくるかですね

兆しとしては、
宮城県気仙沼市にある
唐桑の波浪観測データで

今日に入ってから10秒くらいの
周期の波が断続的に
観測されはじめたのと、

午後から14秒の波も
複数回観測されはじめています。

 

今日のデータを見る限りでは、
周期の長い波はまだ断続的な
観測なのですが、

これが連続的に観測されはじめると、
その後茨城や千葉北エリアから
変化が現れる可能性があります。

そんな記事を書いてるうちに
時間が経過して
19時のデータを見ると、
16時~周期14秒の波が
4時間連続して観測
されています。

唐桑の波浪観測データ_220128

また明日午前9時の沿岸波浪予想図では
房総半島沖では北東の波、周期は13秒、波高1.2m
が予想されています。

沿岸波浪予想図

千葉エリアは朝一から北東うねりが
しっかり反応してくるかは
何とも言えないところがあります
けど

反応してくるデータは
揃ってきていることから

朝から茨城や千葉北では胸肩~頭くらいの
サイズの波が入ってきている
可能性もありそう
です

午前中しか時間のない方は
この北東うねりの反応に期待したい

ところですね

時間に余裕があるのであれば、
北東うねりの反応が出てきてから
海に入るくらいでも
よいかも
しれません。

午後は東からのオンショアが入って
少し影響してくるかもですけど、

潮が大きく引いてくるということもあり、
午前の様子見て午後に入るほうが
サイズ的には無難かも。

明日も午前中は潮がほとんど動かないので、
特に千葉南エリアでは夕方に入ったほうが
ブレイクしやすいポイントも多く

ポイントの選択肢が多くなるのでは
ないかと思います

明日の後半からは
東海沖の西風も強くなってくる
予想もでていますが、

明日中の西うねりの反応は
なさそうなので、
湘南エリアは明日も物足りない感じが
続きそうです。

サイズそこそこの波で
サーフィンするのであれば、
千葉エリアへ向かった方が良いでしょう

関連記事

年間を通してサーフィンしていると当然ですけど波があるときとないときがあります。地形的にあらゆる方向から広範囲にうねりの反応があり波の豊富な千葉エリアでも波がない日が続くこともあれば波がある日が続くこともあ[…]

波が続いたときの気圧配置

明日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)
2022/01/29
日の出:06:40 / 日の入:17:03
中潮
満潮:03:40(120cm) / 12:56(129cm)
干潮:07:54(103cm) / 20:49(3cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)
2022/01/29
日の出:06:43 / 日の入:17:06
中潮
満潮:04:05(126cm) / 13:16(128cm)
干潮:08:37(105cm) / 21:17(4cm)

明後日の気圧配置と風と波

明後日の午前9時の予想気圧配置

明後日の午前9時の予想気圧配置です

日曜は東海上にやたらと低気圧が沢山
予想されている天気図になっています

今回の北東うねりは最低でも2日分くらいは
続くだけのうねりを生成しているかと
思います
ので、

強弱はありながらも
明後日日曜日も千葉・茨城エリアには
サーフィン楽しめるだけの
十分なサイズ北東うねりの反応は
続くのではないでしょうか

北風が強めに吹いてくる可能性あり
次第に北東の風が入りやすくも
なってきそうなので

北東の風をかわし北東うねりの
反応もそこそこよい片貝エリアや
潮が少ない時間帯の鴨川~和田エリア
などへ向かうのが無難になってくる
かもしれません

とりあえず明日の北東うねりの
反応具合がどんなものかを
見ておきたいですね

また明日の状況みて
ブログ記事更新していきます


気象関連実況データ

Twitterタイムライン

Windy:https://www.windy.com/

Wind

Waves

Swell1

天気図

アメダス風向風速

台風情報

過去の「今日の気圧配置と波情報」

過去5年分の今日の記事を紹介しています

OnThisDay-2017.01.28

1/28 6:30-9:30 Shirasuka北日本中心の冬型の気圧配置、東日本から西日本までは広く高気圧に覆わる昨夜寒冷前線が通過し北寄りの風に変わり、前日の南の風による波は整ってきている朝一の千葉南 白渚、風は不安定にやや強い[…]

IMG
OnThisDay-2019.01.28

毎日の天気図と波情報1/28(月) 3:00 地上天気図と波情報台風並みに発達してきている低気圧は千島の東からアリューシャン列島へとゆっくり進んでいます。今朝は東シナ海に中心を持つ高気圧からの張り出しが東日本まで[…]

OnThisDay-2020.01.28

気圧配置&天気と波情報 :午前9時の実況天気図 ASAS低気圧が発達しながら太平洋沿岸を東へと進んでいます。関東沿岸部の千葉南エリアでも昨日の夕方から雨が降り出し、昨夜は北からの風がかなり強く吹き非常に寒くなりました。[…]

OnThisDay-2021.01.28

湘南は今朝も遊べる波が十分残ってますねはるべえおはようございます。はるべえ@サーフィン大好きな気象予報士です。1月28日木曜日の天気図と波情報/波予想を本日も更新していきます。今朝は昨日の南西の風[…]

湘南は南東うねり

今日の記事は以上です。

Twitter/Instagram/Facebook/Youtube
でも発信しています!


こちらの記事も合わせてご覧ください!

気圧配置による風と波

はるべえ今回は気圧配置の型によってどんな波になるのかを詳しく解説していきます毎日毎日天気図みて気圧配置の流れからどんな波のコンディションになるのかを見ていますが、、、気圧配置にもいろんなパター[…]

いい波に乗るために気圧配置パターン
うねりの向きを知っていい波をあてる

はるべえはるべえ@波乗りお天気ブログを毎日更新している気象予報士です/貴重な週末の休みの日に海に行くならいい波に乗りたいですよね!\週末サーファーの方なら誰もがそう思っているかと思いま[…]

うねりの向き
防寒アイテム

短い夏が終わりスッキリした秋空を経てどんよりした空模様と北東の風が続くともう冬はすぐそこまできている感じになってきます。海パンとラッシュでサーフィンできた季節が懐かしくすら思えて早くまた次の夏がこないかなと恋しく[…]

防寒アイテム

1枚持っているとかなり使えるサーフィン用インナー秋が深まってくると水温は気温に遅れて徐々に冷たくなってきます。ここ最近の冬はかなり水温は暖かい年が多く、千葉エリアは12月に入ってもまだセミドライは不要な状況が続く年も[…]

冬のサーフィン防寒対策

今回の記事では、冬のサーフィンで気を付けるべきことについて記事にしていきます。サーフィンは夏にやるものというイメージが強いですけど冬も海に入ってサーフィンしている人はたくさんいます冷たい海に入ってサーフィ[…]

冬のサーフィン防寒対策
冬のサーフィン準備と行動

前回は冬のサーフィンを快適に楽しむための防寒対策アイテムについて記載しました。冬のサーフィンで気をつけること~防寒対策アイテム編[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfsas24.c[…]

冬のサーフィン
“天気図から風と波を予想していい波をあてる”をテーマに、週末サーファーがいい波にのるための、気象・海の知識と経験則についてKindle電子書籍にしました。

Kindle Unlimited」への登録で、全ての本は30日間無料で読めます。Amazonユーザなら登録は簡単です Kindle Unlimitedはこちらから
最新情報をチェックしよう!