サーフィンに必要な潮回りの知識についてKindle出版してみました【2022.3.15】

はるべえ
はるべえ@
波乗りブログ毎日書いてる
気象予報士
です

3月15日 火曜日の
気圧配置と風と波の状況を

本日も更新していきます。

今日はお知らせからです。

昨夜遅くですが、
Kindle電子書籍の新刊を
Amazonで出版いたしました。

いい波にのるために(5):
サーフィンに必要な潮回りの知識

https://amzn.to/36mpfs3

https://amzn.to/36mpfs3

これまで主に気象に関するテーマを
中心にして本にしてきましたが、

今回はサーファーなら知っておきたい
「潮回り」をテーマ
いろいろと書いてみました。

なんでサーフィンするのに
潮のことを知っておかないといけないのか?
潮汐はどういう仕組みなのかなどの解説から

海の中で危険な目に遭わないためにも、
潮回りについて具体的にどんなときに
どんなことを知っておいたほうが
よいのか?

など私の経験も含めた
具体例を用いて解説しています。

金曜の夕方まで
無料キャンペーン実施予定
ですので、
お早めにダウンロードだけでも
しておいてもらえればと思います。

またいつものお願いですが
無料ダウンロードして頂きましたら
Amazonのカスタマーレビューに
コメントや評価だけでも
つけていただきたいです

こちらはぜひとも
宜しくお願い致します!

それでは今日も気圧配置から
みていきましょう

今日の気圧配置と風と波

午前9時の実況天気図

今日の午前9時の実況天気図です

昨夜から日本海を低気圧が東進して
今朝は秋田沖あたりまで
移動してきました。

予想どおり太平洋側の南岸には
新たな低気圧が発生し、
寒冷前線が西へと伸びていた
午前9時の気圧配置です。

今日はこれら低気圧にむけての
南西の風が強めに吹く予想と
なっていましたけど、

 

南西の風が強く吹いたのは
千葉南エリアが中心となり、

千葉北や湘南では
午後になっても南西の風は
強まってこなかったようです。

南岸低気圧から伸びる寒冷前線が
予想よりも南に位置したためでしょうか?

千葉北や湘南では
東よりの風が吹いたポイントも
多かったようでした。

低気圧の南側では
強めに南西の風が吹いていることから、

石廊崎の波浪観測データは
波高1mくらいをキープしており、

鵠沼では腿腰から夕方は腹くらいの
セットが入ってきていたようでした。

今日は東よりの風が入りながらも
九十九里〜一宮周辺あたりでは
腰腹〜胸くらいのサイズは
出ていたようなので、

千葉南よりは風の影響は少なめで
多少は出来ていたように思いましたが・・・

15時〜一宮ファミマ前

こちらは共有いただきました
15時〜一宮ファミマ前の波の様子

東寄りの風が入ってまとまりのない波で
ちょっといまいちだったようですね

こちらは千葉南エリアの
午前中の波の様子です。

まだ南西からの風は
吹いていませんでしたが、
波はボヨついた感じで
空もどんよりしており、

海に入ってる人は
かなり少なめでした。

こちらも朝はまだ風は吹いておらず、
ワイドで早めなブレイクでしたけど、

そこそこ遊べるセットの波は
入ってきてるように見えました。

人も少なく風が吹き始める
前の数時間は、
そこそこ楽しめていた
のではないでしょうか

風がないので
そこそこまとまった波が
入ってきている時間帯で
潮も少なかったこともあり、

たまに入ってくるセットは
インサイドまで乗れる波が
あったようです。

辻堂220315_212143

こちらも共有いただきました
夕方の辻堂、たまに胸サイズの波も
入ってきてたようです

平塚220315_212601

こちらも共有いただいた波の様子
朝の平塚の波で腰くらいの波だったようですが
綺麗に割れてそうに見えますね

今日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)
2022/03/15
日の出:05:50 / 日の入:17:46
中潮
満潮:04:04(118cm) / 14:36(116cm)
干潮:09:29(78cm) / 21:28(13cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)
2022/03/15
日の出:05:53 / 日の入:17:49
中潮
満潮:04:17(127cm) / 14:56(120cm)
干潮:09:49(80cm) / 21:47(16cm)

明日の気圧配置と風と波

明日午前9時の予想気圧配置

明日午前9時の予想気圧配置です

今日通過した低気圧が
東海上をやや発達しながら
遠ざかるようになり、

関東の沖合には高気圧の
中心が予想されています。

明日の沿岸部の朝の風は、
東海上の高気圧の後面に
位置することから、

前半は北東→南東の風へと
シフトしながら吹いてくる
状況となりそうですが、

後半はまた南岸に小さな低気圧が
発生する可能性がありそうで、
夕方までには南西の風まで
シフトしてくる可能性もありそうです。

沿岸波浪予想図

波の源としては、
アリューシャンに遠ざかった
低気圧からの北東うねりが
弱く反応が続き、

東海上を遠ざかる低気圧からの
東よりのうねりもあり、

はるか東海上の高気圧からの
東〜南東うねりもありそうです。

沿岸波浪予想図をみてみると
房総半島沖では東の波で周期は9秒、
波高は1.4mとして予想されています。

千葉エリア
これら東よりの波がミドルサイズくらいで
反応が続きそうなので、

風が弱そうで面への影響が少なそうな
朝一から入るのがよいのでは
ないでしょうか

 

今夜から明日の朝までは
北東の風が吹きやすそうなので、

九十九里エリアや
鴨川〜白渚あたりからチェック
するのが良いかもしれません。

朝一はまだ潮が多い時間帯ですが、
入ってるうちに割れやすく
なってきそうですね。

 

湘南エリア
今日少し反応がでた南西の風波は
ダウン傾向となってしまいそうで、

朝は物足りないコンディション
からのスタートとなってしまいそう

千葉へ向かったほうが
サイズ的には無難にサーフィン
できるコンディションがあるかと思います。

明日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)
2022/03/16
日の出:05:48 / 日の入:17:46
大潮
満潮:04:22(123cm) / 15:21(126cm)
干潮:09:55(67cm) / 22:03(8cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)
2022/03/16
日の出:05:51 / 日の入:17:49
大潮
満潮:04:37(133cm) / 15:40(130cm)
干潮:10:14(69cm) / 22:21(11cm)

明後日の気圧配置と風と波

明後日の午前9時の予想気圧配置

明後日の午前9時の予想気圧配置です

東シナ海に中心のあった
北から覆ってくる高気圧が
東へと移動して
西日本を中心に覆ってくる
予想気圧配置です。

おおまかな風向きとしては、
この高気圧の東側に関東地方は
位置することから、

朝は北〜北東の風が入りやすい
状況になってきそうですが、
時間の経過とともに
不安定な風向になってくる
可能性もありそうです。

引き続き千葉エリアは
北東〜東がベースの波は
続きそうなので、

北東の風をかわすポイントからの
チェックが無難となってきそうですね。

風をかわすポイントや時間帯に入れば、
そこそこ遊べる波はありそうです。

また明日の状況みて更新していきます。


気象関連実況データ

Twitterタイムライン

Windy:https://www.windy.com/

Wind

Waves

Swell1

過去の「今日の気圧配置と波情報」

過去5年分の今日の記事を紹介しています

【千葉・湘南】今日の気圧配置と波情報(2022/03/15)
3月15日の気圧配置と波情報
2021
https://asasfsas24.com/20210315/wave-18336/
2020
https://asasfsas24.com/20200315/wave-12229/
2019
https://asasfsas24.com/20190315/wave-6607/
2018
https://asasfsas24.com/20180315/wave-551/
2017
https://asasfsas24.com/20170315/wave-187/

今日の記事は以上です。

潮回りの仕組み

潮の満ち干きはそもそもどうして起こるのか??週末サーファーがいい波に乗るために。前回の以下記事では、サーフィンをするときには潮の状況をよく知っておく必要があるという内容を記載しました。[sitecard subtitle=関[…]

潮の満ち干き
潮回りに合わせて海に入る

なぜ潮回りを知っておく必要があるのか?週末サーファーがいい波に乗るために。いままでの記事では、主に風と波に関する内容を記載してきました。ですが、いい波に乗るためには気象のことだけでなく、潮汐に関してもいろ[…]

いい波に乗るために潮回りに合わせて海に入る
気圧配置による風と波

はるべえ今回は気圧配置の型によってどんな波になるのかを詳しく解説していきます毎日毎日天気図みて気圧配置の流れからどんな波のコンディションになるのかを見ていますが、、、気圧配置にもいろんなパター[…]

いい波に乗るために気圧配置パターン
波をつくるための風

/サーファーはいつも風を気にしています\はるべえはるべえ@サーフィン大好きな気象予報士です。そうなんですサーファーはいつも風を気にしているんですよね海に行く前日はもとより平日の[…]

波をつくるための風
沿岸で吹く風

はるべえはるべえ@波乗りお天気ブログを毎日更新している気象予報士です今回はビーチで実際に我々が感じることのできる「風」について・・・サーファーにとってのもうひとつの”風”前回の記事に記載しましたと[…]

サーフチェックサムネイル
“天気図から風と波を予想していい波をあてる”をテーマに、週末サーファーがいい波にのるための、気象・海の知識と経験則についてKindle電子書籍にしました。

Kindle Unlimited」への登録で、全ての本は30日間無料で読めます。Amazonユーザなら登録は簡単です Kindle Unlimitedはこちらから
Kindle出版してみました
最新情報をチェックしよう!