南東うねり強まり大きくサイズアップ!湘南はいい波スタートの三連休【2022.3.19】

はるべえ
はるべえ@
波乗りブログ毎日書いてる
気象予報士
です

3月19日 土曜日の
気圧配置と風と波の状況を

本日も更新していきます。

昨日から今日の朝にかけて
南岸を発達しながら通過していった
低気圧

昨日は各地で寒の戻りとなり
冷たい雨の一日となりましたが
今朝は天気回復しての
三連休のスタートでした。

昨日の夕方まで全く波のなかった
湘南エリアも
夜明け前あたりから一気にサイズアップ
してきて

今日は十分なサイズでいい感じの
コンディションが続いた三連休の初日と
なったようですね

一方で千葉エリアはうねりが強すぎて
まだまだハードでクローズアウトな
ポイントがほとんどな一日でした。

今日の波の様子と
明日明後日の予想気圧配置から
三連休の残り2日はどんな感じに
なりそうなのか?

今日も気圧配置から
見ていきましょう

今日の気圧配置と風と波

午前9時の実況天気図

実況天気図

今日の午前9時の実況天気図です

昨日から今日にかけて南岸を通過した
低気圧は発達を続けながら
今朝午前9時には三陸沖あたりまで
中心を移動させてきました。

千葉エリアは朝から天気は回復しており
風も弱めな西~北西の風。

昨日の記事にも書きましたが
昨夕まではまだこの低気圧からの南よりの
うねりの反応はでていませんでしたが、

昨夜遅くには低気圧が関東の南海上を通過し
低気圧へと吹き込む北~北東の風が
沿岸部では強まりましたが、

低気圧の南側で強く吹いた
南~南東の風により強まった
南~南東うねりで十分サイズアップ
した状態からのスタートです。

石廊崎の波浪観測データ_220319

石廊崎の波浪観測データを見ても
日付が今日に変わってから
午前2時くらいから一気に波高は
2mオーバーまで上昇しているのが
わかります。

湘南エリアは
朝からこの南よりのうねりによって
サイズアップしており
多くのポイントでは肩頭サイズの
波が入ってきて

オンショアが入ってきた時間帯も
ありましたけど、風の影響はそれほどなく

朝の時間帯を中心に十分いい感じの
コンディションとなっていたようです。

かなり混雑したポイントもあったようですけど
やはり今日は湘南へ向かうのが良かったようでしたね。

鵠沼220319_170423

こちら今日は鵠沼の昼過ぎの
波の様子を共有してもらいました

セットは肩頭サイズで写真みると
アウトからロングの方がいい感じに
乗ってるのが見えますね

今日も共有してもらいありがとうございました。

千葉エリアは多くのポイントで
うねりが強く波数も多くて
クローズアウトなコンディションが
多くなっていました。

千葉南エリアもかなりアウトからブレイク
する感じで南東というよりも南からのうねりが
卓越していたようにも見えました。

フォロワーの方から頂いた情報では
北東の風で強いうねりを軽減していた
平砂浦では、朝から十分なサイズで
オフショアベースの風となり
コンディション良かったようですが

その他のポイントはワイドでハードな
ポイントが多く
アベレージサーファーには厳しい
コンディションなポイントが多くなりました

こちらは千葉南エリアの
午前中の波の様子です

テトラの裏側はボヨついた
感じの波でしたけど
十分サイズの大きいセットが
入ってきていて

たまにライト方向に
良さげなブレイクも見えましたけど、
ハードでしんどそうな波でした

こちら手前のブレイクは
サイズもかなりあって波数も多く
アウトには出られない状況でした。

ワイドな波が多く
ほぼクローズアウトなコンディション

こちらもアウトからバンバン入ってきて
手前はスープだらけなクローズアウト。

左の岩場から入っていた人が一人いましたが
かなりアウトまでパドルしており
それでもさらにアウトから割れるセットも
あって、乗れる波は少なめでした

一宮220319_100316

一宮220319_100316

こちらもフォロワーの方から頂いた
一宮の朝6時の様子。
かなりハードなコンディションのようでした

今日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)
2022/03/19
日の出:05:44 / 日の入:17:49
大潮
満潮:05:21(136cm) / 17:23(142cm)
干潮:11:19(31cm) / 23:37(20cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)
2022/03/19
日の出:05:47 / 日の入:17:52
大潮
満潮:05:38(144cm) / 17:40(146cm)
干潮:11:40(35cm) / 23:55(23cm)

明日の気圧配置と風と波

明日午前9時の予想気圧配置

予想気圧配置

明日午前9時の予想気圧配置です

南岸を通過していった低気圧は
三陸沖から明日の朝には千島近海
まで移動して

中心気圧は972hPaまで深めてくる予想であり
西高東低の気圧配置が予想されています。

冬型の気圧配置になってくるということで
沿岸部の風は千葉エリアでは朝から
北西ベースの風が吹きやすく
湘南エリアも北風が吹きやすい状況と
なってきそうです。

冬型の気圧配置となることで
東海沖では西風が強まっています。

御前崎灯台の風_220319

海の安全情報より引用
https://www6.kaiho.mlit.go.jp/03kanku/shimizu/omaesaki_lt/kisyou/index.html

こちらは御前崎灯台の風ですが
朝から西風が18m/sの強い風が続いており
明日は東海沖からの西うねりが
湘南と千葉南エリアには反応残りそうです。

沿岸波浪予想図

明日午前9時の沿岸波浪予想図では
以下が予想されています

  • 房総半島沖:東からの波、周期10秒、波高2.2m
  • 相模湾沖:南東からの波、周期9秒、波高1.6m

明日は今日よりかは
落ち着いてくるポイントが
多くなりそうですが

ポイントによっては十分サイズのある
コンディションが続きそうです

ざっくり風とうねり220319

こちら明日午前9時の
ざっくり風と波イメージ
です

今日は十分サイズのあった湘南エリア
明日はサイズダウン傾向となりつつも
前半はまだミドルサイズで遊べるくらいの
波は続くのではないでしょうか

これから明日の明け方くらいまでの
東海沖の西風の強さにもよりますが
午前中までは腰腹くらいで今日よりは
物足りないながらも楽しめる波が
残るのではないかと思います。

後半はサイズダウンしてきそうなので
早めに入っておいたほうが良さそうですね

千葉エリアも今日よりかは落ち着いてきて
入れるポイントが多くなってきそうですが
前半はまだまだハードなポイントも
残りそうです。

北西の風が前半は吹きやすそうなので
まずは北風をかわすポイントから
チェックしていくのがよいのではないでしょうか

片貝や鴨川~和田エリアからチェックしてみて
サイズ大きくまだしんどそうなら
飯岡や御宿・部原あたりに移動するような
感じで見ていくとよいかもしれません。

平砂浦は湘南と同じくサイズダウンしてきますが
朝はまだ遊べるだけの波は残りそうなので
こちらもポイント選びの選択肢として
おくのもよいかと思います。

明日も午前中に潮が大きく引いてくることもあり
まだまだサイズ十分大きいポイントもあるので

海へのエントリーは慎重に、自身の技量にあわせた
ポイント選びをしてもらえればと思います。

明日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)
2022/03/20
日の出:05:43 / 日の入:17:50
中潮
満潮:05:43(138cm) / 18:06(141cm)
干潮:11:51(20cm) / -(-cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)
2022/03/20
日の出:05:46 / 日の入:17:53
中潮
満潮:05:59(145cm) / 18:23(145cm)
干潮:12:11(26cm) / -(-cm)

明後日の気圧配置と風と波

明後日の午前9時の予想気圧配置

予想気圧配置

明後日の午前9時の予想気圧配置です

発達した低気圧は勢力を維持しながら
カムチャッカ半島付近まで
移動していく予想気圧配置です。

日本付近は大陸の北から斜めに高気圧が
張り出してくる予想となっており

高気圧の前面に位置する
千葉と湘南エリアは
北東ベースの風が吹きやすそうな
気圧配置となってきそうです

明日よりも更にサイズは落ちついて
きそうですが
北東の風をかわすポイントへ向かう
のが無難な感じになってきそうですね

また明日の状況みて
ブログ更新していきます

気象関連実況データ

Twitterタイムライン

Windy:https://www.windy.com/

過去の「今日の気圧配置と波情報」

過去5年分の今日の記事を紹介しています

【千葉・湘南】今日の気圧配置と波情報(2022/03/19)
3月19日の気圧配置と波情報
2021
https://asasfsas24.com/20210319/wave-18398/
2020
https://asasfsas24.com/20200319/wave-12269/
2019
https://asasfsas24.com/20190319/wave-6632/
2018
https://asasfsas24.com/20180319/wave-554/
2017
https://asasfsas24.com/20170319/wave-191/

今日の記事は以上です。

潮回りの仕組み

潮の満ち干きはそもそもどうして起こるのか??週末サーファーがいい波に乗るために。前回の以下記事では、サーフィンをするときには潮の状況をよく知っておく必要があるという内容を記載しました。[sitecard su[…]

潮の満ち干き
潮回りに合わせて海に入る

なぜ潮回りを知っておく必要があるのか?週末サーファーがいい波に乗るために。いままでの記事では、主に風と波に関する内容を記載してきました。ですが、いい波に乗るためには気象のことだけでなく、潮汐に関してもいろ[…]

いい波に乗るために潮回りに合わせて海に入る
気圧配置による風と波

はるべえ今回は気圧配置の型によってどんな波になるのかを詳しく解説していきます毎日毎日天気図みて気圧配置の流れからどんな波のコンディションになるのかを見ていますが、、、気圧配置にもいろんなパター[…]

いい波に乗るために気圧配置パターン
うねりの向きを知っていい波をあてる

はるべえはるべえ@波乗りお天気ブログを毎日更新している気象予報士です/貴重な週末の休みの日に海に行くならいい波に乗りたいですよね!\週末サーファーの方なら誰もがそう思っているかと思いま[…]

うねりの向き
波の要素と種類

はるべえはるべえ@波乗りお天気ブログを毎日更新している気象予報士です今回はいよいよ「波」についていろいろと書いていきます・・・ 前回こちらの記事にて波をつくるための風について[…]

波の要素と種類について
波のコンディション

はるべえはるべえ@波乗りお天気ブログを毎日更新している気象予報士です今回は波のブレイクについて・・・ 前回の記事では、波の要素と種類、波の発生から終わりまでについて記載してみ[…]

波のコンディションとブレイク
“天気図から風と波を予想していい波をあてる”をテーマに、週末サーファーがいい波にのるための、気象・海の知識と経験則についてKindle電子書籍にしました。

Kindle Unlimited」への登録で、全ての本は30日間無料で読めます。Amazonユーザなら登録は簡単です Kindle Unlimitedはこちらから
最新情報をチェックしよう!