サイズ十分な東うねり+強い北東の風、台風18号の南うねりは遅れて少しだけ反応⁈【2022.10.1】

サーファーと台風についてのKindle電子書籍
【Kindle】サーファーが知っておきたい台風の知識

はるべえ@
サーフィン×気象の
波乗りブロガー
です

10月1日 土曜日の
気圧配置と風と波の状況を

本日も更新していきます。

今日は朝から気持ちのいい青空です
この週末は土日ともに広い範囲で
秋晴れが続きそうで
海に向かう方も多いのではないでしょうか

千葉南エリアはまだ水温が高い
状態が続いてますが

朝一は今日のように北風が強めに吹くと
スプリングだとちょっとだけ寒いかも
っていうくらいな感じですけど

日中はまだまだスプリングで
十分入れる水温です。

東うねりが十分なサイズで入ってきてますので
強めに吹く風と潮回りの時間を考慮して
ポイント選びすれば

サーフィン楽しめる週末に
なりそうですね

まずは今日の気圧配置から
見ていきましょう

各種予想データが更新されたので
一部追記更新しました(19:00)

今日の気圧配置と風と波

午前9時の実況天気図

実況天気図

今日の午前9時の実況天気図です

東海上の高気圧から
日本海〜黄海まで高気圧に
広く覆われており、

今朝は朝からキレイな
青空がひろがっています。

この週末は久しぶりに
土日ともにいいお天気に恵まれて、
行楽日和となりそうですね

気温も上昇して
最高気温は
30℃以上となる
真夏日となる地点も多くなりそうです

T2218_1001

南海上には台風18号が
東北東へと進んでいます。

午前9時の情報をベースに
記載しますと、

台風18号は既に日本の東海上へと
移動してきており
時速35㎞でややスピードを上げながら
東北東へと進んでいます

中心気圧は992hPa
中心付近の最大風速は秒速25mで
解析されており
台風の勢力としてはだいぶ
衰えてきた感じになってきました

台風18号は日本の北側に広がる高気圧の南側で
東北東進を続ける見込みとなり、
この台風による本土への影響はなさそうです。

沿岸部の風向き・風速

アメダス風向風速_221001_0900

こちらは今朝9時の
アメダス風向風速データです。

日本海にある高気圧から
南海上の台風
18号へと吹き込む
風の流れが続いており、

今朝の関東地方は
北よりの風が吹いています。

朝早くから午前中くらいまでは、
ストレートな北風が吹いた地点が
多くなりましたが、

昼頃からは北東の風にシフトしてきたことで、
風の影響が
強めに入ったポイントも
多くなってきています

今日の波・うねり

沿岸波浪実況図

沿岸波浪実況図

こちらは昨夜21時と今朝9時の
沿岸波浪実況図です

昨日の記事にも記載しましたが、
東海上の高気圧から台風
18号の北側に
吹き込む強い東風による東うねりは

はるべえ
朝から反応が良くなっており
昨日よりサイズアップ傾向です。

昨夜21時の実況図を見ても
東から波高の高いエリアが
関東の南海上あたりまで伸びており

2mの等波高線は千葉の沖合あたりまで
解析されてきています

今朝9時の実況図では
更に東うねりの波高が高いエリアが
ひろがってきているのがわかります

また台風17号から変わった低気圧が
アリューシャン付近で台風並みに
発達してきており、

この低気圧からの
周期の長い北東うねりも少し混じって
反応している可能性もありそうです。

千葉・湘南エリアの波

221001chibaminami

千葉エリアは
朝から東うねりの反応が良くなってきて
昨日よりワンサイズくらいアップ

してのスタートでした。

千葉北・千葉南エリアともに、
東向きのポイントでは
朝から頭サイズのセット

入ってきていたようですが、

朝から北風が結構強めに吹いていたので、
風の影響受けるポイントも多くなってきて
まとまりないハードなコンディションに
なったポイントも多くなってきました

今日は朝早くに入っておくか
風の影響がでてきたら北東の風をかわす
片貝や鴨川エリア、飯岡、勝浦エリアなどで
入るのがやはり無難だった
かと思います

午前8時頃には満潮時刻を迎えたことで、
大きめのセットが入ってくると
アウトで割れますが、

ミドル付近の地形が深くて
すぐに厚くなってしまい
続かないブレイク。

午後は潮が多い時間が続きつつも、
少しでも潮が引いてくる午後2
時頃の
干潮時間帯に入るのがまだ良さそうです。

石廊崎の波浪観測データ_221001

こちらは12時の石廊崎の
波浪観測データ
ですが
南からの波・うねりの反応は
まだないようです。

湘南エリアは
台風18号からの南よりのうねりの
反応に期待したいところですが

はるべえ

陸上から近い南海上を
北東方向へと進む台風の場合は
東うねりが卓越することが多く

南うねりは遅れてやっと少し
反応するくらいで
サイズがアップしたとしても
長くは続かないことが多いです。

今日の後半から明日の朝には
少し反応が出てくるかもしれませんが
変化が見られたらすぐに入れるように
しておきたいところですね

今日の暦と潮回り

【千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)】
2022/10/01
日の出:05:33 / 日の入:17:24
中潮
満潮:08:10(131cm) / 18:47(150cm)
干潮:01:15(26cm) / 13:06(94cm)

【湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)】
2022/10/01
日の出:05:36 / 日の入:17:27
中潮
満潮:08:36(129cm) / 18:55(147cm)
干潮:01:37(21cm) / 13:27(94cm)

明日の気圧配置と風と波

明日午前9時の予想気圧配置

予想気圧配置

明日午前9時の予想気圧配置です

台風18号は東海上を離れていく方向で
明日午前9時の予想気圧配置では
温帯低気圧に変わる予想になってきました

明日もサハリン付近と日本海に
それぞれ中心を持つ高気圧に
広く覆われて秋晴れが続きそうです

沿岸部の風向き・風速

明日も日本付近を覆う高気圧と
東海上の元台風18号の低気圧との間で
北~北東の風が吹きやすい
気圧配置となります。

ちょうど関東地方は
高気圧と元台風18号の低気圧との
間に位置していることから

朝の時点の予想では
今日と同じくらいに北~北東の風が
朝から強く吹く感じでの
予想でしたけど

明日の予想気圧配置からは
今日よりは風の影響は
少なくなりそうな予想に
変わってきています

千葉エリアは
今日と同じく朝いちばんの早い時間は
北西の風が吹く可能性もありそうで
その後は北風が昼前まで続き

昼頃からは北東の風となって
やや強く吹くといった風の流れ
になってきそうです

明日の波・うねり

沿岸波浪予想図

沿岸波浪予想図

今夜21時と明日9時の
それぞれ沿岸波浪予想図です

明日午前9時の予想ですが

房総半島沖では
東からの波が卓越し
周期は9秒、波高2.0m

相模湾沖も
東からの波が卓越し
周期9秒、波高1.3m

として予想されています。

東うねりのピークは
今日の後半だったようですが

はるべえ
明日も東うねりが今日と同じくらいの
サイズ感で十分な反応が続きそうです

南向きのポイントでは
台風18号が通過したときの
南よりのうねりの反応が少しだけ
あるかもしれませんが

変化があったとしても
朝の早い時間にわずかにサイズが
少しアップするくらいで
期待はしないほうがよさそうですね・・・

明日のざっくり風と波イメージ

ざっくり風とうねり221001

  • 元台風18号の北側からの東うねり、
    今日と同じくらいで反応続きそう
  • 午前は北西→北風、午後は北東の風
    へシフトしてやや強まりそう  
  • 風をかわしたポイント選び、
    潮回りで入るタイミングをチェック

千葉エリアに反応している
東うねりはピークは越えそうですが

明日も十分なサイズが続きそうで
今日と同じく沿岸部では
北~北東の風が吹く予想となることから

北~北東の風をかわすポイントが
中心のサーフィンとなりそうです

朝9時半の満潮時刻以降は
潮が多い状態が夕方まで続くことと
朝一は北西の風が吹く時間帯が
少しあるかも
しれないので

はるべえ
明日は日の出前の朝一の
潮が少ない時間帯から
入っておくのがよいのでは
ないでしょうか

湘南エリアは
元台風18号からの南うねりは
今日の夕方もほとんど反応は
なかったようなので

北風により更にうねりは抑えられる
傾向でもあることから
南うねりの反応は期待はできなそうですね・・・

今日と同じくスモールサイズが
続いてしまいそうですが
朝一の潮が少ないときは
少しできる時間帯があるかも?

はるべえ
無難にサイズのある波で
サーフィンをという方なら
千葉エリアへ向かったほうが
よさそうです

明日の暦と潮回り

【千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)】
2022/10/02
日の出:05:34 / 日の入:17:22
小潮
満潮:09:32(121cm) / 19:15(144cm)
干潮:02:05(31cm) / 13:34(106cm)

【湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)】
2022/10/02
日の出:05:37 / 日の入:17:25
小潮
満潮:10:05(120cm) / 19:19(141cm)
干潮:02:27(25cm) / 13:58(108cm)

友だち追加

休日の前日+不定期に
ブログ更新情報やおすすめ情報などを
配信しています

サーフィン初心者の方向け
明日のサーフポイント選びの相談は
友達追加してDMでお問い合わせください
※可能な限り返信しています

気象実況データ

Windy:https://www.windy.com/

Wind

Waves

Swell1

過去の「今日の気圧配置と波情報」

過去5年分の今日の記事を紹介しています

【千葉・湘南】今日の気圧配置と波情報(2022/10/01)
10月1日の気圧配置と波情報
2021
https://asasfsas24.com/20211001/wave-22624/
2020
https://asasfsas24.com/20201001/wave-15228/
2019
https://asasfsas24.com/20191001/wave-10119/
2018
https://asasfsas24.com/20181001/wave-4922/
2017
https://asasfsas24.com/20171001/wave-383/
2016
https://asasfsas24.com/20161001/wave-21/

いい波にのるために

Kindle電子書籍
「いい波にのるために」シリーズ Vol1~6
好評発売中です。Amazonでも高評価を頂いてます。
https://amzn.to/3gyh2my

今日の記事は以上です。

うねりの向きを知っていい波をあてる

はるべえはるべえ@波乗りお天気ブログを毎日更新している気象予報士です/貴重な週末の休みの日に海に行くならいい波に乗りたいですよね!\週末サーファーの方なら誰もがそう思っているかと思いま[…]

うねりの向き
台風の知識

サーファーが知っておきたい台風に関する知識シリーズ4回目です。前回までの記事をざっとおさらいしておきますと1回目はそもそもの台風の定義のところから、台風の強さや大きさのカテゴリについて記載していますhttps://asasfsa[…]

波をつくるための風

/サーファーはいつも風を気にしています\はるべえはるべえ@サーフィン大好きな気象予報士です。そうなんですサーファーはいつも風を気にしているんですよね海に行く前日はもとより平日の[…]

波をつくるための風
沿岸で吹く風

はるべえはるべえ@波乗りお天気ブログを毎日更新している気象予報士です今回はビーチで実際に我々が感じることのできる「風」について・・・サーファーにとってのもうひとつの”風”前回の記事に記載しましたと[…]

サーフチェックサムネイル
“天気図から風と波を予想していい波をあてる”をテーマに、週末サーファーがいい波にのるための、気象・海の知識と経験則についてKindle電子書籍にしました。

Kindle Unlimited」への登録で、全ての本は30日間無料で読めます。Amazonユーザなら登録は簡単です Kindle Unlimitedはこちらから
東うねり+北東の風
最新情報をチェックしよう!