寒冷前線通過後は初冬の空気・・・3連休は東うねりが続きそう【2022.10.7】

はるべえ@
サーフィン×気象の
波乗りブロガー
です

10月7日 金曜日の
気圧配置と風と波の状況を

本日も更新していきます。

今日も寒い一日でしたね・・・

今週の月曜と火曜は
南西の風が吹いて気温も30℃
近くまで上がったところもあり

まだまだ夏の空気が残って
いたのですが、

5日水曜の朝に通過した
寒冷前線を境に
秋を通り越して初冬の空気に
覆われるようになってきました

火曜日まではスプリングでも
ぜんぜんいける感じでしたけど

昨日今日は風が冷たいので
ロンスプかジャーフルで入る
方が多かったかと思います

海の中はまだまだ水温が高く
外気よりもだいぶ温かいのですが

雨も降って北風が強いとなると
もう半袖は厳しいですね・・・

そろそろポリタンクにお湯を
入れる時期も近くなってきており
ウエットへ着替えるのも
しんどい季節に差し掛かってきてますが

冬は北西の風で面が整い
コンスタントに波もある季節なので

はるべえ
しっかり防寒の準備をして
冬のサーフィンも楽しみたいですね

こちらの記事も参考にして
もらえたらと思います

関連記事

今回の記事では、冬のサーフィンで気を付けるべきことについて記事にしていきます。サーフィンは夏にやるものというイメージが強いですけど冬も海に入ってサーフィンしている人はたくさんいます冷たい海に入ってサーフィ[…]

冬のサーフィン防寒対策
関連記事

前回は冬のサーフィンを快適に楽しむための防寒対策アイテムについて記載しました。冬のサーフィンで気をつけること~防寒対策アイテム編[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfsas24.c[…]

冬のサーフィン

それでは本日も気圧配置から
見ていきましょう

今日の気圧配置と風と波

午前9時の実況天気図

今日の午前9時の実況天気図です

今週は4日の火曜日までは
南海上の高気圧に覆われ暑くなり
まだまだ夏の空気でしたが、

水曜日の朝に寒冷前線が通過し、
関東南部はまとまった雨となりましたが、

その後は北の高気圧に覆われるようになり、
冬に向けて一気に季節が進みましたね

その後南海上には
前線が横たわった状態が継続しており、
前線上には低気圧が発生して
関東の南海上を次々に
通過していってます

午前9時の気圧配置ですが、
南海上にある前線上に低気圧が発生し、
日本海にある低気圧とともに
東へと移動しています

今日も関東地方は気温の低い1日で、
最高気温は東京で15℃前後
となり
秋を通り越して初冬の寒さ
となりました

今日は15時の天気図も掲載しましたが
南海上と日本海にある低気圧が
それぞれ東へと移動して

関東の南海上まで低気圧が
近づいてきており
夜の南房総は雨風強くて
雨に濡れると風邪を引いてしまうのでは
ないかと思うくらい寒い夜となりました

沿岸部の風向き・風速

アメダス風向風速_221007_0900

大陸方面から北日本を覆う
高気圧から吹き出す風は

南海上の前線や低気圧に
吹き込む風の流れとなり、

今朝も多くの地点で
北よりの風からのスタート

朝からやや強めに吹く
北よりの風が冷たく感じる
1日でした

今日の波・うねり

沿岸波浪実況図

今朝9時の沿岸波浪実況図です

房総半島沖では
東北東からの波が卓越し
周期9秒、波高1.9m

相模湾沖では
東からの波が卓越し
周期9秒、波高1.6mとして

それぞれ解析されていました

はるか東海上の高気圧からの
東うねりの反応が続いており

北日本を覆う高気圧から吹き出す
北東ベースの風波も混じって
反応してきているようであり、

今朝も千葉エリアには
東よりのうねりの反応が続き
東うねりに反応するポイントでは
十分なサイズの反応があったようです

千葉・湘南エリアの波

今朝の千葉エリアは
朝から北よりの風が
やや強めに吹いてましたが、

朝一はやや風が回って吹いていた
ような時間帯もありました

北東の風というよりは、
北〜北西の風が強めに吹いて
強いオフショアにあおられた
ポイントも多かったかと思います

wada_221007

北風がやや強めに吹いて
サイド気味な風でしたが、

東から入ってくるうねりは
胸肩サイズはありそうな
十分なセットが奥から入って
きていました。

この角度から見ると
いい感じでレフトが割れてるように
見えるんですけど、

正面からみると
かなり速いワイドな波
のような気がします

chikura_221007

こちらもセットで入ってくる
波は胸肩くらいあって
十分なサイズ
でしたけど、

風の影響受けてしまい
海の中はガラガラでした

千歳ポイントには
WSLのしっかりとしたテントが
はられていたのですが、

WSLの大会が千歳で
開催されていたのでしょうか?

JPSAでもNSAでもなく
WSLとしっかり書かれて
設営されていたので

千歳でそんな大会が開催されるのは
珍しいなぁと思って通り過ぎました

湘南エリアは
やはり東うねりがベースとなると
厳しいコンディションになってしまい

北からオフショアも強かったことで
更にサイズがなくなってしまった
ような感じだったかと思います

今日の暦と潮回り

【千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)】
2022/10/07
日の出:05:38 / 日の入:17:15
中潮
満潮:01:56(135cm) / 15:30(144cm)
干潮:08:46(32cm) / 21:14(73cm)

【湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)】
2022/10/07
日の出:05:41 / 日の入:17:18
中潮
満潮:02:16(129cm) / 15:54(143cm)
干潮:09:09(24cm) / 21:34(68cm)

明日の気圧配置と風と波

明日/明後日の午前9時の予想気圧配置

明日/明後日の午前9時の予想気圧配置です

南海上の前線上の低気圧は
東北東から北東方向へと
進む見込みで、

明日の朝には三陸沖から離れた
東海上まで移動していく見込み

日本海には北から張り出す
高気圧の中心があり、

この高気圧と東海上の低気圧との間で
等圧線の間隔が狭くなり
気圧傾度が大きくなっていく
見込みです

日本列島の東には発達した低気圧、
西の日本海には高気圧があって、
まだまだ本格的ではないですけど
西高東低の気圧配置となってきます

今日はまとまった雨となった
エリアもありましたが

明日は雲が多いながらも
晴れ間もでてきそうで
日中の気温も今日よりだいぶ高く
なってきそうです

明後日にかけては
日本海にある高気圧が東へ進み
北日本をすっぽり覆ってきて
「北高型」の気圧配置に
なってきそうです

「北高型」といえば
北東の風が入りやすい
気圧配置ですね

沿岸部の風向き・風速

明日の日本付近には
等圧線が斜めに複数本かかった
状態となりそうで、

ベースとしては
北〜北東の風がやや強く吹く
時間帯が多くなりそうですが

千葉エリアの朝一は
北西っぽい風が吹く時間帯が
少しだけあるかもしれません

明日の波・うねり

沿岸波浪予想図

沿岸波浪予想図

今夜9時と明日朝9時の
沿岸波浪予想図です

朝9時の予想データを見ていきますと

房総半島沖では
東北東からの波が卓越し
周期9秒、波高2.0m

相模湾沖では
東からの波が卓越し
周期9秒、波高1.2mとして

それぞれ予想されています

東海上を北東方向へと進む
低気圧からの東〜東北東の
バックスウェルがメイン

反応してきそうであり、

はるか東海上の高気圧からの
東うねりの反応も
今日と同じくらいで
続きそうです

千葉エリアは今朝9時と
ほぼ同じくらいの値が予想されており
今日と同じくらいのサイズ感で
反応が続きそうです

明日のざっくり風と波イメージ

ざっくり風とうねり221007

明日午前9時の
ざっくり風と波イメージです

  • 東海上の低気圧や高気圧から
    北東~東うねりが明日も続きそう
  • 明日も沿岸部は北~北東の風、
    千葉は朝一だけ北西の風吹くかも
  • 午前9時半頃の干潮時刻前後
    割れやすい時間帯に入るのが無難か

千葉エリアは東うねりが
十分なサイズで反応続きそうなので

風向きと潮回りを考慮しての
ポイントと海に入る時間帯を
考慮にいれるとよいかと思います

朝一の数時間だけ
北西の風が吹いていたとしたら
今日まとまりに欠けたポイントでも
十分サイズ残ったまま
今日よりもまとまった波で
楽しめる可能性もありそうです

北西の風の時間帯を逃したら
北東の風をかわすポイントが
やはり無難となってきそうなので

午前9時半頃の干潮時刻を意識して
そのポイントに合う
潮回りのタイミングで入る
というのがよさそうですね

湘南エリアは
明日も今日と同じで
厳しい状況が続いて
しまいそうです

まともにサーフィンするなら
千葉・茨城エリアへ向かったほうが
よいでしょう

明日の暦と潮回り

【千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)】
2022/10/08
日の出:05:38 / 日の入:17:14
中潮
満潮:02:54(145cm) / 15:53(149cm)
干潮:09:27(33cm) / 21:46(56cm)

【湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)】
2022/10/08
日の出:05:42 / 日の入:17:17
中潮
満潮:03:14(141cm) / 16:15(146cm)
干潮:09:51(26cm) / 22:05(51cm)

友だち追加

休日の前日+不定期に
ブログ更新情報やおすすめ情報などを
配信しています

サーフィン初心者の方向け
明日のサーフポイント選びの相談は
友達追加してDMでお問い合わせください
※可能な限り返信しています

気象実況データ

Windy:https://www.windy.com/

Wind

Waves

Swell1

過去の「今日の気圧配置と波情報」

過去5年分の今日の記事を紹介しています

【千葉・湘南】今日の気圧配置と波情報(2022/10/07)
10月7日の気圧配置と波情報
2021
https://asasfsas24.com/20211007/wave-22728/
2020
https://asasfsas24.com/20201007/wave-15335/
2019
https://asasfsas24.com/20191007/wave-10224/
2018
https://asasfsas24.com/20181007/wave-4970/
2017
https://asasfsas24.com/20171007/wave-389/

いい波にのるために

Kindle電子書籍
「いい波にのるために」シリーズ Vol1~6
好評発売中です。Amazonでも高評価を頂いてます。
https://amzn.to/3gyh2my

「天気図から風と波を予想していい波をあてる」
をまとめたnoteも販売しています
https://note.com/asasfsas24/n/n9226adf9cf62

今日の記事は以上です。

気圧配置による風と波

はるべえ今回は気圧配置の型によってどんな波になるのかを詳しく解説していきます毎日毎日天気図みて気圧配置の流れからどんな波のコンディションになるのかを見ていますが、、、気圧配置にもいろんなパター[…]

いい波に乗るために気圧配置パターン
うねりの向きを知っていい波をあてる

はるべえはるべえ@波乗りお天気ブログを毎日更新している気象予報士です/貴重な週末の休みの日に海に行くならいい波に乗りたいですよね!\週末サーファーの方なら誰もがそう思っているかと思いま[…]

うねりの向き
防寒アイテム

短い夏が終わりスッキリした秋空を経てどんよりした空模様と北東の風が続くともう冬はすぐそこまできている感じになってきます。海パンとラッシュでサーフィンできた季節が懐かしくすら思えて早くまた次の夏がこないかなと恋しく[…]

防寒アイテム

1枚持っているとかなり使えるサーフィン用インナー秋が深まってくると水温は気温に遅れて徐々に冷たくなってきます。ここ最近の冬はかなり水温は暖かい年が多く、千葉エリアは12月に入ってもまだセミドライは不要な状況が続く年も[…]

冬のサーフィン防寒対策

今回の記事では、冬のサーフィンで気を付けるべきことについて記事にしていきます。サーフィンは夏にやるものというイメージが強いですけど冬も海に入ってサーフィンしている人はたくさんいます冷たい海に入ってサーフィ[…]

冬のサーフィン防寒対策
冬のサーフィン準備と行動

前回は冬のサーフィンを快適に楽しむための防寒対策アイテムについて記載しました。冬のサーフィンで気をつけること~防寒対策アイテム編[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfsas24.c[…]

冬のサーフィン
波をつくるための風

/サーファーはいつも風を気にしています\はるべえはるべえ@サーフィン大好きな気象予報士です。そうなんですサーファーはいつも風を気にしているんですよね海に行く前日はもとより平日の[…]

波をつくるための風
沿岸で吹く風

はるべえはるべえ@波乗りお天気ブログを毎日更新している気象予報士です今回はビーチで実際に我々が感じることのできる「風」について・・・サーファーにとってのもうひとつの”風”前回の記事に記載しましたと[…]

サーフチェックサムネイル
“天気図から風と波を予想していい波をあてる”をテーマに、週末サーファーがいい波にのるための、気象・海の知識と経験則についてKindle電子書籍にしました。

Kindle Unlimited」への登録で、全ての本は30日間無料で読めます。Amazonユーザなら登録は簡単です Kindle Unlimitedはこちらから
最新情報をチェックしよう!