6/15 3:00 ASAS

  • 2017年6月15日
  • 2018年9月17日
  • 2017-01

6/15 3:00 ASAS
本州付近は今日も気圧の谷。西日本からは高気圧の前面に覆われるようになってきて今日は気温が上がりそう。東日本ではまだ上空に寒気が入り5月の陽気。
梅雨前線が南の海上に停滞し、沖縄から奄美地方では降り始めからの雨量が500m近くになっているので警戒が必要。
今朝の千葉エリアは無風から弱い北寄りの風。サイズは昨日よりワンサイズダウン傾向だが今朝は一宮周辺で腰腹から胸サイズのファンコンディション。ここ最近は水温がかなり下がっていたが少し上がってきた。
千葉南も腰腹サイズあり風もない状況だが潮の多い時間帯でブレイクはイマイチ。
湘南は南東ウネリが弱まってきたため今朝は物足りないスモールコンディション。
今朝は茨城から東北にかけてコンディションが上向いている。日立周辺から仙台にかけては胸肩サイズで風も弱くコンディションは良さそう。
一方、伊豆から西日本にかけてはサイズダウン傾向で膝腿から腰サイズのコンディションが多い。
日本海側は今朝はサイズダウンしてほぼフラットな状況に。
来週前半あたりから梅雨前線が北上してきそうな気配が天気図からは伺える。
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell #梅雨前線

目次 1 サーファーにとってのもうひとつの”風”2 “波”を見て“風”を感じる3 風の吹き方で波も変わる3.1 オフショア3.2 オンショア3.3 無風4 ポイントによりオフショアの向きが異なる サーフィン関連商品ならQUIKSILVER(クイックシルバー)公式通販サイト サーファーにとってのもうひ […]

前回の記事では、波の要素と種類、波の発生から終わりまでについて記載してみました。 今回はサーフィンにとっての波のコンディションにフォーカスして記載していきます。 目次 1 波のコンディションとは2 風の吹き方による波のコンディション2.1 面ツル2.2 チョッピー2.3 ジャンク2.4 クローズアウ […]

【Kindle版:\250】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!