4/29 9:00 ASAS

  • 2017年4月29日
  • 2018年12月30日
  • 2017-01

4/29 9:00 ASAS https://t.co/hjvpcQzGnx
日本付近は気圧の谷、東西の高気圧に挟まれ低圧部に位置している。東西にある高気圧から気圧の谷に向かい南から南西の風が強めに吹き込んでいる。
今朝の千葉エリアは霧のスタート。
千葉北では朝一は濃い霧に覆われてインサイドのブレイクしか見えないくらいの状況。
だが霧がでていることから風は無風で各ポイントでは面はクリーンな状態。
九十九里エリアから一宮周辺では腹胸から肩サイズがたまにはいり潮があげていて割れにくい時間帯でインサイドよりの早いブレイクが中心だがコンディションはよいポイントが多い。一宮周辺では濃霧のため波のセレクトが難しいが、切れた早めのいいブレイクもあり楽しめるコンディション。もうブーツは履かなくて大丈夫な水温。
千葉南エリアも概ね同じくらいのサイズで各ポイントで十分楽しめるコンディション。
8時過ぎから南よりの風がはいりはじめてざわついてきたが、風をかわすポイントでは引き続き楽しめている。
湘南は南よりの風によりサイズアップ。鎌倉から吉浜まで概ね腰から腹サイズまでアップし、風波ながら遊べるコンディションになっている。低気圧通過時とは違い北よりの風にはシフトせず明日にかけても南よりの風が続く見込み。波質はよくはないがサイズは明日にかけてもキープしそう。

あわせて読みたい

このサイトでは週末サーファーが海にいる限られた時間の中で、いかにいい波に乗るかということをテーマに、気象の観点からいい波をあてるための記事を多く書いています。そんなこのブログのターゲットである多くの週末サーファーは、海から1時間以上[…]

目次 1 週末は波があるのか?ないのか?2 うねりの向きとは3 うねりの向きとサーフポイントの関係4 うねりの向きでポイントを選ぶ5 地上天気図からうねりの向きを見つける5.1 太平洋側は高気圧の位置で東うねりの反応がざっくりわかる5.2 低気圧や台風の位置からうねりの方向を見つける5.2.1 台風 […]

目次 1 ポイント毎に異なるうねりの反応2 千葉エリア3 湘南エリア4 伊豆エリア5 静波・御前崎エリア6 浜松エリア7 伊良湖エリア サーフィン関連商品ならQUIKSILVER(クイックシルバー)公式通販サイト ポイント毎に異なるうねりの反応 前回の記事では「うねりの向き」について記載してみました […]

【Kindle版:\250】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!