4/29 9:00 ASAS

  • 2017年4月29日
  • 2018年12月30日
  • 2017-01

4/29 9:00 ASAS https://t.co/hjvpcQzGnx
日本付近は気圧の谷、東西の高気圧に挟まれ低圧部に位置している。東西にある高気圧から気圧の谷に向かい南から南西の風が強めに吹き込んでいる。
今朝の千葉エリアは霧のスタート。
千葉北では朝一は濃い霧に覆われてインサイドのブレイクしか見えないくらいの状況。
だが霧がでていることから風は無風で各ポイントでは面はクリーンな状態。
九十九里エリアから一宮周辺では腹胸から肩サイズがたまにはいり潮があげていて割れにくい時間帯でインサイドよりの早いブレイクが中心だがコンディションはよいポイントが多い。一宮周辺では濃霧のため波のセレクトが難しいが、切れた早めのいいブレイクもあり楽しめるコンディション。もうブーツは履かなくて大丈夫な水温。
千葉南エリアも概ね同じくらいのサイズで各ポイントで十分楽しめるコンディション。
8時過ぎから南よりの風がはいりはじめてざわついてきたが、風をかわすポイントでは引き続き楽しめている。
湘南は南よりの風によりサイズアップ。鎌倉から吉浜まで概ね腰から腹サイズまでアップし、風波ながら遊べるコンディションになっている。低気圧通過時とは違い北よりの風にはシフトせず明日にかけても南よりの風が続く見込み。波質はよくはないがサイズは明日にかけてもキープしそう。