12/9 3:00 ASAS

  • 2017年12月9日
  • 2018年10月8日
  • 2017-01

12/9 3:00 ASAS
昨日南の海上を発達しながら東進した低気圧は東の海上に抜けて更に発達を続けている。
日本付近は冬型の気圧配置となり今季一番の冷え込みとなった地点も多数。海に行くまでの道中の気温は0度な地点も多々ありそろそろ路面凍結には注意が必要に。
今朝の千葉エリアは北よりの風がところによりやや強めに吹く。九十九里エリアは今朝はグッドコンディション。北西のオフショアが吹きはるか東の海上にある高気圧からの吹き出しに加え東の海上に抜けた低気圧からのうねりも反応し胸肩サイズの切れた波が朝一から割れている。特に作田から片貝ではコンディション良さそうで朝から賑わっている。一宮周辺も北からのサイドでこちらも朝一は胸肩くらいでいい感じで割れている。
千葉南も今朝は楽しめるコンディション。鴨川から千歳まで腹胸くらいのファンコンディション。8時くらいから風がやや強めになってきたが十分楽しめる。千葉南はまだブーツは不要。
湘南は鎌倉から大磯までは厳しいサイズ。吉浜までいけば腿腰くらいのサイズはあり少しはできる。今日も寒いので体調管理には気をつけましょう
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell #海 #ocean #気圧配置

あわせて読みたい

このサイトでは週末サーファーが海にいる限られた時間の中で、いかにいい波に乗るかということをテーマに、気象の観点からいい波をあてるための記事を多く書いています。そんなこのブログのターゲットである多くの週末サーファーは、海から1時間以上[…]

目次 1 波はどうして崩れるのか2 海底の地形や形状によるブレイクの特徴2.1 ①ビーチブレイク2.1.1 コンディションはサンドバー次第2.2 ②リーフブレイク2.2.1 リーフブレイクにはリスクも多い2.2.2 リーフブレイクは潮回りのチェックが重要2.3 ③リバーマウス2.3.1 なぜ河口の波 […]

目次 1 天気図を見て波のあるエリアを知る2 関東エリアならどこかしらに行けば波がある3 関西エリアは海が遠い4 東海エリア5 どのエリアに波があるのか サーフィン関連商品ならQUIKSILVER(クイックシルバー)公式通販サイト 天気図を見て波のあるエリアを知る サーフィンは波に乗るのが目的なので […]

【Kindle版:\250】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!