5/24 3:00 ASAS

  • 2017年5月24日
  • 2018年9月17日
  • 2017-01

5/24 3:00 ASAS
東の海上にある高気圧は勢力を強めており、高気圧からの吹き出しによるウネリが入りやすい気圧配置になってきた。
今朝の千葉エリアは昨日と同じか少しサイズアップ。九十九里から一宮周辺では腰腹から胸サイズ。この時間は南西の風が弱めだが昨日の南の風の影響で九十九里エリアではまとまりなくコンディションはイマイチ。
風の合う一宮周辺ではいいコンディションになってきていて、QS6000の大会会場の志田下では世界レベルのサーフィンがみれる。
千葉南も腰胸サイズでこちらもやはり風の合う千歳から千倉ポイントがコンディションは良さそう。
湘南は昨日の南の風の影響か膝腿サイズまで少しアップしてきている。
仙台新港では肩サイズまでアップし無風で良さそうなコンディション。
御前崎から伊良湖までも腰腹から胸サイズで
ポイントによりコンディション良さそう。
伊勢はウネリ入りにくくスモール。
四国から宮崎の東向きポイントでは腰胸サイズまで反応していて楽しめそうなコンディション。
日本海側はフラット。
QS6000のライブ中継ではいつもの志田下の波でトッププロが凄いアクションを決めている。昨日の午後は南からのサイドがやや強く潮も上げて乗りにくそうなコンディションだったが、そんな波でも凄いスピードでマニューバーを描いている。
#surf #surfer #surfing #wave #beautiful #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sky #sunrise #japan #QS6000

あわせて読みたい

このサイトでは週末サーファーが海にいる限られた時間の中で、いかにいい波に乗るかということをテーマに、気象の観点からいい波をあてるための記事を多く書いています。そんなこのブログのターゲットである多くの週末サーファーは、海から1時間以上[…]

目次 1 なぜサーファーが台風に注目するのか?2 そもそも台風とは何なのか2.1 台風かどうかは中心付近の最大風速で決まる2.2 発生する地域によって呼び方が異なる2.2.1 台風2.2.2 ハリケーン2.2.3 サイクロン2.2.4 ウィリーウィリー2.3 台風の名前3 台風の強さと大きさ3.1 […]

目次 1 サーファーにとっての風とは2 ”風”はどこで吹くのか3 波をつくるための風とは3.1 どこで風が強く吹くのか3.2 どこで長い距離・長い時間 風は吹くのか サーフィン関連商品ならQUIKSILVER(クイックシルバー)公式通販サイト サーファーにとっての風とは サーファーはいつも波のことを […]

【Kindle版:\250】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!