6/16 3:00 ASAS

  • 2017年6月16日
  • 2018年9月17日
  • 2017-01

6/16 3:00 ASAS
今日も本州付近は気圧の谷。上層のジェット気流が日本付近で大きく南へ湾曲しており北日本中心に寒気が居座っている。
このため寒気が優勢な状況となり梅雨前線もそれに従い南で停滞している。
今朝の千葉エリアは南の風。昨日よりもウネリの反応が良くなっており一宮周辺では腹胸から肩サイズ。九十九里でも腰腹サイズで風も弱くサイズもでて今朝は楽しめるコンディション。
千葉南も南がオフになる千歳から千倉エリアで腹胸から肩サイズが反応してコンディションは良さそう。
湘南も昨日朝よりかはサイズアップしていて物足りないが腿腰サイズでできるポイントもある。
昨日に引き続き茨城から東北エリアが今朝もウネリの反応がよい。日立周辺や鹿嶋、仙台新港では胸肩サイズで十分楽しめるコンディション。
梅雨前線上を東進したそれ程発達してない低気圧からのウネリが反応したのか、今朝は千葉から東北にかけてウネリの反応が良くなっている。
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell #梅雨前線

目次 1 大阪市内から週末に通える海2 関西サーファーはよく走る3 和歌山エリア3.1 磯ノ浦3.2 御坊~南紀エリア4 伊勢エリア5 日本海エリア5.1 福井エリア5.2 京都エリア5.3 鳥取エリア サーフィン関連商品ならQUIKSILVER(クイックシルバー)公式通販サイト 大阪市内から週末に […]

目次 1 週末は波があるのか?ないのか?2 うねりの向きとは3 うねりの向きとサーフポイントの関係4 うねりの向きでポイントを選ぶ5 地上天気図からうねりの向きを見つける5.1 太平洋側は高気圧の位置で東うねりの反応がざっくりわかる5.2 低気圧や台風の位置からうねりの方向を見つける5.2.1 台風 […]

【Kindle版:\250】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!