11/17 3:00 ASAS

  • 2017年11月17日
  • 2018年10月8日
  • 2017-01

11/17 3:00 ASAS
昨日三陸沖にあった低気圧は今朝は千島近海に中心を移し代わって日本海に中心を持つ高気圧に西から覆われてきている。3時の時点では弱い冬型の気圧配置だが今日はこの高気圧に覆われてきて冬型は緩んでくる。この高気圧に覆われる時間はそんなに長くなく今夜には日本海北部と東シナ海にそれぞれ低気圧が東進してきて明日はこれら低気圧が急速に発達し荒れた土曜日を迎える。その後日曜日は再び強い冬型の気圧配置となり強い寒気に覆われる。
今朝の千葉エリアは北東から北西の風。ところによりやや強く吹いている。九十九里エリアでは腰腹サイズ、一宮周辺では腰腹から胸くらいのサイズがあり、一宮周辺のほうがサイズがやや大きく遊べるコンディション。千葉南も概ね腰腹サイズくらいあるが潮が多い時間帯で割れにくいコンディション、これから引いてくれば割れやすくなってきそう。
今日から大潮まわり、千葉エリアでは満潮は午前4時と午後3時半、干潮は午前10時くらい。
湘南はスモールコンディション、鵠沼では腿くらいありそうだが、うっすらうねりのみが多い。日本海側は昨日の夕方あたりにはサイズは結構ダウンしていて今朝は更にサイズダウン傾向、京都の八丁浜では腰胸サイズが残りまだサーフィンできそう。
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell #海 #ocean

目次 1 異例のコースとなった記憶に残る台風2 日本列島を東から西へ前代未聞のコース3 台風12号からのうねりの反応まとめ3.1 7/253.2 7/273.3 7/283.4 7/294 内房エリアのうねりの反応チェック5 台風12号からのうねりの反応まとめ5.1 台風接近前5.2 台風通過後 サ […]

サーファーが知っておきたい台風への備え これまでに5回にわたって、「サーファーが知っておきたい台風の知識」として記事を投稿してきましたが、今回はサーファー以外の方も知っておきたい台風への備えについて記載していきます。 台風への備えや対策については、他にもいろいろなサイトで紹介されているので、それら専 […]

【Kindle版:\250】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!