10/18 3:00 ASAS

  • 2017年10月18日
  • 2018年10月8日
  • 2017-01

10/18 3:00 ASAS
秋雨前線は関東の南でやや南下し、関東地方は久しぶりに陽射しのある朝を迎えた。溜まっていた洗濯物は今日の午前中がチャンスとなる。台風21号は北上を続けておりSTSからTに昇格。九州四国の南岸を指向する感じでじわじわと接近してくる。22日の日曜日から火曜日にかけて日本列島を縦断するコースで各国の台風モデルが一致してきている。
今朝の千葉エリアは弱い北寄りの風。北側にある高気圧縁辺からの東から南東ベースのうねりが太平洋側に反応していて今朝もサイズは十分な状況。九十九里から一宮周辺にかけては胸肩から頭サイズあり、続いている北寄りの風の影響もあり面は整わないポイント多いが片貝新堤などでは比較的波質は良い方か。千葉南も同じくらいのサイズあり、鴨川から千歳までは胸肩サイズで、風が弱いので今朝は昨日よりコンディション良さそう。平砂浦でも腰くらいありサーフィン可能。
湘南も昨日と同じくらいの鵠沼では腰腹サイズくらいあり今朝もサーフィン可能。
高気圧縁辺の風が強く長い時間吹いた波が届く宮崎や四国では頭オーバーのサイズがありクローズアウトなコンディションにもなっている。週末にかけては台風21号からのうねりの反応がいつからあるのかをよくみておきたい。
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell #海 #ocean

前回の記事では、波の要素と種類、波の発生から終わりまでについて記載してみました。 今回はサーフィンにとっての波のコンディションにフォーカスして記載していきます。 目次 1 波のコンディションとは2 風の吹き方による波のコンディション2.1 面ツル2.2 チョッピー2.3 ジャンク2.4 クローズアウ […]

目次 1 都内から週末に通える海2 千葉エリア2.1 広範囲のうねりに反応する千葉エリア2.2 バラエティに富んだサーフポイント2.2.1 飯岡エリア2.2.2 片貝エリア2.2.3 一宮エリア2.2.4 九十九里エリア2.2.5 夷隅~大原2.2.6 勝浦エリア2.2.7 鴨川~和田エリア2.2. […]

【Kindle版:\250】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!