10/19 3:00 ASAS

  • 2017年10月19日
  • 2018年10月8日
  • 2017-01

10/19 3:00 ASAS
台風21号はフィリピンの東の海上を北北西に9ktゆっくり北上を続けている。日本の南海上に少し離れていた前線が今朝はまた北上傾向で関東地方はまた朝から雨のスタート。
北偏する高気圧縁辺からの吹き出しによる東ベースのうねりが太平洋側で続いている。
12日後半から前線が停滞する同じような気圧配置が続いており、もう1週間近く北から東ベースの風が吹き続けていることから、太平洋側にはこの東ベースのうねりがしっかり届く状態が続く。明日からは台風21号からのうねりが混ざってくる可能性もあり、更にサイズアップしてくる可能性もあるので、コンディションの急変には気をつけたい。
今朝の千葉エリアは北の風。昨日と同じくらいのサイズ感な状態が続く。九十九里では飯岡に近いポイントもしくは片貝などの風を軽減できるポイントでは胸肩サイズくらい、一宮周辺はサイズアップして頭オーバーのハードなコンディション。御宿から部原は胸肩くらいでこちらは程よくサーフィン可能。
千葉南は胸肩から頭サイズあり、北の風が強く吹いているところはヨレてコンディション落としている。
湘南は腰腹から胸くらいのサイズをキープ。北からのオフショアで大潮まわりの時間帯合わせればよいコンディションにもなりそう。
明日の後半から台風21号からのうねりが反応しはじめたら土曜日は朝から要チェック。南西うねりが入り北からのオフショアが続いて鎌倉エリアを中心に期待できそうな気圧配置に。
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell #海 #ocean