いい波に乗るために〜波のコンディションとブレイクについて

前回の記事では、波の要素と種類、波の発生から終わりまでについて記載してみました。

今回はサーフィンにとっての波のコンディションにフォーカスして記載していきます。


波のコンディションとは

サーフィンにとっての波のコンディションはいろいろな要素により影響を受けます。

波の面/フェイス
→ 主に風により影響を受ける。潮の動きも影響が出る時がある。

波のブレイク/崩れ方
→ 海底の地形や形状、うねりの向きにより影響をうける

以下は主にこのブログの 毎日の気圧配置と波情報 にて用いることが多い言葉を中心に、それぞれのケースについて記載していきます。

風の吹き方による波のコンディション

面ツル

サーフィンするには一番好ましい海面状況。面とは海面/波のフェイスのことを言う時が多いですが、風がない無風の状況だったり弱いオフショアが吹いているときに「面ツル」なコンディションが現れる確率が高いです。波の面がガラスのようになっていることから「グラッシー」と言うことも多いです。
ただ、ビーチにて無風やオフショアのときでも面ツルにならない時も多く、沖合で風が強く吹いていたり潮の動きによっては、「面がザワつく」状況になることも多いです。
個人的に一番いい状態は、面ツルの中でも海面に油を垂らしたかのような少し滑らかなフェイスの面ツルが最高です。このコンディションに出会う確率を高くするためにも、天気図から波を予想できるようになりたいです。

チョッピー

波の面が乱れてきたときのことを「面がザワついてきた」とか言います。
少し風が出てきたときや、沖合や潮の影響などで面がザワついてくるときがあります。このザワつきが更に大きくなると「チョッピー」というコンディションになっていきます。これは主にオンショアベースの風が強まることで波の面がかなりザワついて波長の短い風波が至る所で現れる状況です。
波の面はデコボコして走れるフェイスも短くなっていきます。千葉のポイントは主に東ベースの風になるとオンショアになり「チョッピー」なコンディションになることが多くなります。
チョッピーよりも少し海面の凸凹が大きいときには「バンピー」とか言う場合もありますが、私はあまり使わない用語です。

ジャンク

チョッピーが更に進むと「ジャンク」になります。
チョッピーなコンディションでは、面は良くないけどまだサーフィンは可能なコンディションですが、ジャンクになるとサーフィンはほぼ出来ない状況となります。
台風や低気圧が接近しているときなど、風が強くて波の面はグチャグチャな状況となり、乗れる波はほぼない状況です。こんなコンディションではサーフィンどころではありませんし海は危険な状況なので近づかない方がよいです。

クローズアウト

これは風の吹き方だけではないコンディションですが、波が大きすぎたり波数が多くて沖に出られないようなコンディションや、風が強すぎてまともにサーフィンできないようなときに、「クローズアウト」となります。
台風からの強いうねりが入ると、海底が砂のビーチブレイクのポイントでは頭オーバーくらいの大きさになると沖にでるのが不可能となりクローズアウトとなったり、また台風が接近しているときなど風が強すぎて危険な状態でもクローズアウトとなります。
当然ですが、こんなクローズアウトのコンディションのときには海に近づくことも避けたほうがよいです。

波のブレイク/崩れ方による波の種類

厚い波

波の斜面がなだらかな波のこと。
うねりが沖から自分に迫ってきたときに、波が崩れる海面があまり切り立たずに斜面の角度が急斜面にならない波。
サーファーはこの斜面を滑るので、あまりこの斜面が切り立たないと波に乗ろうとしても波に置いていかれてしまいます。
ロングボードなら波の斜面がなだらかな状態でも波に乗ってテイクオフが出来ますが、ショートボードでは波の面が切り立って斜面がちゃんと出来ないとテイクオフできないです。逆に波の斜面が急に切り立つことを「ホレる」といいます。
主に波が出会う海底の深さによって、厚い波になったりホレる波になったりします。
波の面を走り過ぎてしまうと、波の厚い部分になり斜面がなくなってしまうので、「カットバック」して波の切り立つ場所に戻って斜面を降り再度スピードをつけていきます。

ホレる波

厚い波の反対語として使われます。
海面が急に切り立って急角度の斜面ができる波のことを「ホレる波」といいます。
斜面が急角度なのでホレた波はスピードがつきます。
厚い波はどちらかというとロング向きの波ですが、ホレる波はショートボード向きの波です。うねりが急に海底の浅い部分にきたときなどが海面が急に切り立つ状況となります。テイクオフの動作を早くしないと波に巻き上げられてパーリングすることが多くなり、海底が浅い岩があるところなどでは非常に危険な場合もあるので注意が必要です。

ワイドな波

波が崩れる範囲が広い波のこと。
サーフィンに適した波とは、波の崩れるピークから右と左へ徐々に崩れていく波ですが、「ワイドな波」とは幅広い範囲で一気に崩れてしまう波のことです。
このように一気に崩れてしまうと、サーファーはテイクオフしたとしても走れる波のフェイスがないため横にいけないため、サーフィンには適さない波となります。
これと同義的な言葉としては、「つながってしまう波」とか「ダンパーの波」として言う場合もあります。

速い波

波の崩れるピークから左右どちらかもしくは両方に徐々に崩れていく波の中でも、その左右方向に崩れる速さが速い波のこと。
あまりに速すぎると「ワイドな波」や「つながった波」になってしまいますが、適度に速い波は上級者にとっては楽しめる波となります。テイクオフが遅くなるとすぐに進行方向の波が崩れてしまうので難しい波となります。

切れた波

波の崩れるピークから左右どちらかもしくは両方に徐々に崩れていく波で、ピークがはっきりしている波。サーフィンには適した波で、この切れた波をサーファーは追いかけていることになります。
ピークからテイクオフできれば、進行方向には波の崩れてない面が見えてその波のフェイスをサーファーは走っていきます。

パワーのある波/ない波

うねりや波の力がある波のこと。
波の崩れるパワーが強い波で台風からのうねりのときなどはこのパワーのある波を感じることができます。言葉では何と表現したらいいのか微妙なところですが、とにかく波がブレイクするときのパワーが大きい波のこと。
波が小さくてもパワーのある波もあれば、波が大きくてもパワーのない波もあります。パワーのない波とは「トロい波」とか「タルい波」とかいうときもありますが、波に力がない状態のときに使うことが多いです。
潮が上げているときよりも潮が引いているときのほうが、パワーのない波でペラペラな薄い波になるときが多いと思います。

三角波/Aフレームの波

ピークが三角形の頂点や”A”の先っちょのようになっていて、左右に順々に崩れていく波のこと。崩れ方も一気に崩れるのではなく、適度な速さで崩れていくのが理想的。こんな波が現れたらパーフェクトなブレイクとなります。
海底が砂のビーチブレイクではなかなかお目にかかれるときが少なく、海底が岩のリーフブレイクや河口の波などでは波の崩れる場所が決まってくるため、うねりの向きなどの条件さえ整えばお目にかかれるチャンスもあります。

チューブ/バレル

サーフィンといえばチューブライディングを想像する方が多いくらい、チューブの波のほうが一般的ではないかと思います。
ハワイのパイプラインに代表されるような、波がホレて波が崩れるところに人が入れる空間ができる波のことをチューブといいます。
この波の中の空洞をライディングすることを、多くのサーファーは夢見ておりサーフィンの魅力や醍醐味となっています。
ただしこんなチューブになるようなときは、波が大きくなければなりませんし、波がホレてチューブになるということは海底が浅いということにもなるので、非常に危険なコンディションでもあると言えます。
またかなり「ホレる波」でありかつ「速い波」であることから、「ダンパー」とは紙一重のコンディションとなり、非常に高度なサーフィンの技量が必要となります。


いろいろな要素により波の種類やコンディションが変化します。

ここに記載したような波のコンディションが、どういう条件のときにどんなコンディションになりやすいのか、また波のブレイク/崩れ方の種類にはどんな特徴があるのかを知っておくと、日々変化する気象条件や潮回りなどにより、どのポイントがどんな波になっているのかが次第に想像できるようになってくると思います。

今回は風の吹き方と波の崩れ方による種類について記載しましたが、次回は「海底の地形による波の特徴」について記載してみようと思います。

Twitter/Instagramにてコンディションや気象情報を更新しています

Twitter:https://twitter.com/asasfsas24
Instagram:https://www.instagram.com/asasfsas24/

使用する天気図および衛星画像について

本ブログに掲載する天気図はすべて気象庁ホームページより引用しています。

出典:気象庁ホームページ https://www.jma.go.jp/jp/g3/

詳細はサイト説明に記載しています