いい波に乗るために~エリア毎の特徴とうねりの向き(日本海エリア)

ポイント毎に異なるうねりの反応

前回と前々回の記事にて、千葉から宮崎までのメジャーなエリアを中心に、どのエリアにはどんな方向のうねりが反応するのかをざっくり書いてみました。

いい波に乗るために~エリア毎の特徴とうねりの向き(千葉~伊良湖)

いい波に乗るために~エリア毎の特徴とうねりの向き(伊勢~宮崎)

今回は日本海エリアについて記載してみようと思います。

福井 高浜エリア

毎回記載しているとおり、個別のポイント毎にうねりの反応する向きやオフショアとなる風は異なりますが、まずはざっくり各エリア毎(県単位くらいのレベル)のうねりの反応や特徴について記載していきます。

※今回もSurfingRepsさんのホームぺージにわかりやすいサーフポイントがありますので、そちらを引用させていただいてます。

日本海のサーフポイント

千葉や湘南に通う関東エリアのサーファーにとってはあまり馴染みがないと思いますが、関西エリアのサーファーにとっては冬のメインエリアは日本海となります。

日本海といえど海岸線は長く、九州から北海道までの海岸線には無数のサーフポイントがありますが、ここでは主に関西サーファー目線での日本海について記載していきます。

大阪に住む週末サーファー目線とすると、日帰りで行ける範囲としては西は鳥取から東は福井までのエリアくらいまでが中心となります。

日本海の波は太平洋側とはまったく異なる波ですので、まずは日本海の波の特徴などから記載していこうと思います。

日本海でいい波をあてるには

強いオンショアによるサイズアップ

日本海の波は、基本的には風波による波です。

太平洋側のポイントは広大な太平洋に面しているため、はるか海上の低気圧や高気圧からのうねりに反応することができますが、日本海は海域自体が狭いため、日本海の海域のみで発生する風波によるサーフィンとなります。

日本海側のビーチは太平洋側とは逆で基本的には北~西向きです。

つまり、北~西のオンショアが吹かないと波がたたないということになります。南風の吹きやすい夏のシーズンは、日本海に波がある日は非常に少なくほぼフラットな日々が続きます。

しかし秋が深まってくる頃から春先までの冬のシーズンは、ご存知の通り西高東低の冬型の気圧配置が頻繁に現れるようになり、シベリアにある高気圧から日本海に向けて北西~西の強風が吹く日が多くなります。

この強い北西~西の季節風が日本海の海上で強く吹くことで、オンショアによるサイズアップをもたらします

冬型の気圧配置:2018年12月29日 3時 ASAS

冬型の気圧配置が緩んだ時がねらい目

冬型の気圧配置により強い北よりの風が続いているとき、海は大荒れとなりジャンクでクローズなコンディションになって、しかも大雪になる日が多くなります。

ですが、冬型の気圧配置は冬の間ずっと続く訳ではなく、冬型が緩むタイミングが必ずきます

これはその時々の状況によるので一概には言えませんが、冬型の気圧配置が2~3日続いたあと、西日本から冬型が緩む(等圧線が縦じま模様ではなくなり間隔も広くなる)パターンが多いです。

冬型が緩んだときは北よりの風はおさまります。弱い南よりの風が吹くときも多いです。

そして、しばらくするとジャンクだった波がきれいに丸みを帯びてまとまってきます。そんなタイミングがねらい目です。

以下は2019年元旦午前3時の地上天気図です。

冬型が強まっていた上記12月29日の天気図では、日本列島にかかる等圧線は8本でしたが、以下の元旦の天気図では4本になっており、等圧線の間隔も広がっているのがわかります。

完全に冬型が緩んだとは言い難い気圧配置ですが、この日は西日本の日本海側から風が弱まってきていました。

西日本から冬型が緩んできた気圧配置:2019年1月1日 3時 ASAS

この日の以下の記事を参照してもらえればと思いますが、島根から京都の丹後エリアは風が弱い状態で北うねりが残り胸肩サイズ、福井の若狭湾も腹胸サイズあり十分初乗り楽しめたコンディションでした。

2019は北東うねりからのスタート,千葉北は初乗り楽しめる波(190101)

湘南でいえば、南西の強い風によってサイズアップした次の日の朝がねらい目になるのと同じパターンです。

気圧配置のチェックとポイント選びが重要

週末サーファーが日本海でいい波をあてるには、この2つがとても重要になります。

天気図を見て冬型が緩むタイミングを知る

上記のとおり、いい波をあてるには気圧配置を日々チェックして冬型の気圧配置が緩むタイミングを知っておく必要があります。

特に週末サーファーは、このタイミングが週末にあたるかどうかをチェックしておかないといけません。

予想天気図を見て、まず冬型の気圧配置がいつまで続きそうか、等圧線の間隔が西日本で広くなってくるタイミングはいつ頃かをざっくり把握しておくだけでも良いと思います。

ただ、北よりの風が収まった直後はまだジャンクなコンディションでまとまってなく、落ち着くまでに少し時間がかかります。しかしあまり落ち着くのを待ち過ぎると日本海はサイズダウンも早いので海に着いたらもうフラットになっていた、なんてこともあります。

ベストなタイミングにちょうど海にいれるようにしたいですが、時間の制約がある週末サーファーにとってはここが難しいところです。

強いうねりや風をかわすポイントを知っておく

週末に冬型が緩むタイミングがあたる確率は言うてもそんなに多くないので、冬型が強まっているときでも楽しめるポイントをよく知っておくことも重要です。

北西の季節風が吹き、日本海上には筋状の対流雲列がびっしり敷き詰められている日でも、強いうねりと風をかわすポイントを知っていれば、冬の日本海サーフィンの幅が広がります。

ここでは個別のポイント名は記載しませんが、北よりのうねりがダイレクトに入りにくいエリアや北西の強い風を軽減するポイントをおさえておきたいところです。

日本海の波の特徴

太平洋側のポイントとは異なる日本海特有の波の特徴があります。

波数が多い

日本海でのサーフィンは風波がベースとなるため、波数が多いという特徴があります。これは日本海だからという訳ではなく、太平洋側でも風波の時は波数が多いです。

腰くらいの比較的アウトには楽にでれるサイズのときでも、波数が多くてゲッティングアウトに手こずる時があります。

干満の差が小さい

日本海は太平洋に比べて海自体が狭いため、干満の差が小さいという特徴があります。

太平洋側では大潮の期間には150cmくらいの潮位差が発生しますが、日本海では差が大きいときでも35~40cmくらいです。

太平洋側は、特にリーフのポイントや地形が深いポイントなど、入るポイントによって潮の時間を見ておかないと波が割れなかったり岩が顔を出して危険になりますが、日本海側は太平洋程の大きな潮位差は発生しないため、メジャーなポイントでは潮のタイミングをそこまで気にする必要ないときが多いです。

サイズダウンが早い

風波によるサイズアップなので基本的にはサイズダウンも早いです。

これは冬型の強さや継続した時間とポイント毎の状況など、いろいろな要素が絡むので一概には言えないですが、、、

三寒四温として例えるならば、三日間冬型が強まり四日目から冬型が緩んだとすると、四温の最初の2日間は波が残るくらいで考えておいたらいいと思います。

もちろんうねりの向きなどにより、サイズが残るポイントもあればサイズダウンが早いポイントもあるので、これら特徴をよく知っておくことで波のあるポイントを目指すことができます。

水温はそこまで冷たくない⁉

日本海には対馬海峡から暖流が流れ込んできています。

私の感覚で言えば、京都の八丁浜と茨城の鹿嶋あたりが同じくらいの水温のイメージです。雪が降っているときは八丁浜のほうが寒く感じますが、水温データで見てもだいたい同じくらいの水温になっているかと思います。

真冬の時期はブーツとグローブは必須、雪が降っていればキャップもつけて完全装備で入水したほうがよいので、千葉南に比べたら冷たいですけど千葉北以北で入っている方でしたらそんなに感覚は変わらないと思います。

ちなみにこの対馬海峡から暖流が入ってくることが日本海側に大雪をもたらす要因にもなっています。詳しいことは別の記事に記載予定です。


今回は日本海の波の特徴やいい波を狙うタイミングなどについて記載しました。

次回は今回紹介したエリア毎のポイントなどについて記載してみようと思います。

Twitter/Instagramにてコンディションや気象情報を更新しています

Twitter:https://twitter.com/asasfsas24
Instagram:https://www.instagram.com/asasfsas24/

使用する天気図および衛星画像について

本ブログに掲載する天気図はすべて気象庁ホームページより引用しています。

出典:気象庁ホームページ https://www.jma.go.jp/jp/g3/

詳細はサイト説明に記載しています